答えて応えて!FP

第110回 おまとめローンとは?(2012年05月25日)

CMや広告で「おまとめローン」という言葉を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。今話題の「おまとめローン」について、その仕組みと使用上の注意をご説明します。

<おまとめローンとは>

「おまとめローン」とは、その名の通り「ローンの一本化」のこと。複数の金融機関に分けているローンを、一つの業者にまとめて返済していくものです。

<おまとめローンに向く人>

おまとめローンは、誰にでも向くものではありません。以下の項目が当てはまる場合、検討してみると良いでしょう。
・複数のローンを返済している人
・返済しているローンの中で、金利が高いと思うものがある人
・各金利がバラバラで、返済状況がいまいちよくわからない人
・ローンの返済期日がバラバラで忘れてしまう人
・毎月の返済額に負担を感じる人

<おまとめローンのメリット>

審査や手続きを行って、おまとめローンにするメリットは何でしょうか。

1.金利の軽減
おまとめローンの最大のメリットは、金利の軽減です。現在抱えている複数のローンの金利と、おまとめローンの金利を比較してみてください。おまとめローンの金利の方が低い可能性があります。金利が軽減されれば、総支払額や毎月の返済額が低くなります。
また、変動金利で借り入れしていた場合、固定金利にすることで、金利の状況が目に見えて分かりやすくなります。金利の上昇時にも、固定金利にしておけば対応できます。

2.管理がしやすくなる
複数のローンを利用している場合、返済日が異なることがほとんどです。毎月の返済を繰り返していると、うっかり返済日を忘れることもあるでしょう。おまとめローンにすれば、返済日が1つになるので、管理がしやすくなります。
また、毎月や総返済額、返済期間も一本化されるので、ローンの状況がわかりやすくなります。

<おまとめローンを検討する際の注意点>

おまとめローンならすべてお得というわけではありません。以下の点に注意して検討しましょう。

1.金利について詳しく調べる
現在の複数のローンとおまとめローンの金利を比べた結果、おまとめローンの金利が安い場合があると書きました。その場合、おまとめローンに変えることをお勧めしますが、手数料や返済期間の延長によっては、かえって高くつくこともあるので、注意しましょう。 また、金利の仕組みにも注意が必要です。中には金利が当初より増えていくローンもあります。契約する金融機関の金利設定について、詳しく確認しておくことをお勧めします。

2.返済期間に注意する
長期の返済プランを選ぶと、せっかく金利が低くなっても、金利の支払い回数が増え、総支払額が増えてしまうことがあります。無理のない返済額の中で、返済期間をあまり伸ばさないようにしましょう。

3.気の緩み
おまとめローンの審査は厳しめのものが多いです。厳しい審査に通過し、ローンを一本化したところで注意したいのは「気の緩み」。審査通過の達成感と、ローンを一つに絞ったことから、心に余裕ができてさらにローン額を増やしてしまうこともあります。おまとめローンにしても、ローン額が減ったり、消えたわけではありません。借金をしているということを忘れないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事担当のFP

松沢 茉莉子 まつざわ まりこ

日本FP協会会員 ファイナンシャルプランナー(AFP)
証券会社にて、ライフプランの見直し、資産運用のアドバイスを経験。
在職中にAFP、証券外務員一種取得。個人向けにライフプランの見直しのアドバイスを行う。
株式、債券、投資信託、生命保険など、資産運用の提案に強い。


松沢 茉莉子 人気記事

執筆記事 50〜41 40〜31 30〜21 20〜11 10〜01

FP記事紹介

他の方法でローンを探す

ページの先頭へ