答えて応えて!FP

第086回 無利息だから、今すぐ借りてすぐ返す?(2012年02月15日)

Q.無利息キャッシングというのがあると聞きました。
急にお金が必要になった時に便利なように感じますが、注意点を教えてください。

A、無利息とはいえ借金になりまので、まずは借金しないで済む方法から考えていきましょう。

給料日前なのに急にお金が必要になった!冠婚葬祭や飲み会やイベント等でどうしてもお金がいるけど足りない!
あなたならどうしますか?

定期預金等の貯蓄があればもったいないですが、解約することを1番に考えてほしいですね。
できる限り、自分のお金で用足りるようにしましょう。また生命保険で、解約返戻金があるものならば、
そこから借入れするという手段もあります。もちろん利子もつきますが。
これも自分の財産にあたるものですので、困ったときは利用するといいでしょう。
他にもリサイクルショップ等で不要な物、お金になりそうな物を売りましょう。これらの自分のお金でも事足りなければ
「行かない」という選択肢もあるという事を頭にいれておきましょう。借金までして参加する事で相手は喜ぶのでしょうか?

ただ、どうしても借金する必要がある場合
・友人や家族に借りる・・・信用問題になるのでその後の付き合いに影響がでないように、借用書等を書くようにしましょう。
・金融機関から借金をする・・・この場合急なお金という事でカードローンやキャッシングがありますが、
カードローンの場合利息がつきます。キャッシングの場合「無利息サービス」というものがあるので賢く利用したいですね。
しかし、給料前などの返す当てがある場合でないと、借り易い消費者金融の思惑にまんまと引っ掛かってしまうので注意してください。


大手金融各社が競っている「無利息」サービス。どういったサービスになっているのでしょう。
☆プロミス・・・新規契約の場合のみ30日間無利息(キャンペーン期間がある)
☆新生銀行カードローン レイク・・・新規契約の場合のみ、30日間か5万円まで180日間無利息のどちらか選べます。
※新生銀行カードローン レイクは銀行カードローンです。
☆ノーローン・・・一週間までなんどでも無利息(初めての借入または、完済した月の翌月の借入れに適用)
銀行系や信販系には無利息キャッシングのサービスあまりなく、ほとんどが消費者金融のサービスになります。
当然ながら、新規のみや一週間などの制限があり新規のお客様を呼び込む為の商品と言えるでしょう。


それでは、無利息期間のうちに返済すれば問題ないのでしょうか?
もちろん問題ないのでしょうが、すぐにまた借りるでしょう。
無利息期間のうちに返済できるうちはいいですが、毎回借入れを始めたら、
収入の範囲内で生活ができていないことになるのでそのうち、利息を払う羽目になるのは目に見えてますね。
タダほど高いものはないという事です。ご利用は計画的に!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事担当のFP

二宮 清子 にのみや きよこ

日本FP協会会員 ファイナンシャルプランナー(AFP)
家計の見直し・節約・貯蓄の重要さ、更に運用の必要性を伝え、
強い家計にできるようにサポート、また住宅ローンアドバイザーの資格も取得し、
住宅購入をきっかけにお客様のライフプランのアドバイスを行っている。


二宮 清子 人気記事

FP記事紹介

他の方法でローンを探す

ページの先頭へ