300万円の借り換えローンで金利6.5%以下に抑える3つのポイント

借り換えやおまとめの際に気を付けるポイント


「毎月色々な返済が多くて、生活費が少なくなってキツイ…。」

そんなときに借入をひとまとめにして、返済の計画を立て直し、 月々の返済額を今よりも減らしてゆとりが持つ事ができるのが『借換』や『おまとめローン』です。

金利が低いおまとめローン


    即日でおまとめローン利用ができる大手銀行。

    口座開設は必要でも、大きな融資額とATMの多さ、キャッシュカードが カードローン利用のカードにもできるという使い心地が◎。


借り換えやおまとめの際には借入金額が100万円以上と大きくなりやすいので、少額の借り入れの時とはまた違う注意すべきポイントが3つあります。

利息がかさんでしまい何万円も多く返済しなくてはいけない、といったことにならない為にも2つの注意点をしっかりと押さえておきましょう。

100万円以上の複数借金をまとめるときの3つの注意点
  1. 少しでも低金利のカードローンで借りる
  2. 限度額で金利が決まる銀行系にする
  3. 最高限度額が大きいカードローンを選択する

借入やおまとめをするときは、今まであった複数借入が1本となるので、
とにかく『金利』を抑えることが重要です。

そうすることで、利息が減って返済額に差が出てきます。
金利1%の差を見極めるのも大事なポイントです。

おまとめローンと通常のカードローンを比較

  実質年率 限度額 ポイント



みずほ銀行
年3.0%〜7.0%

利用する限度額で決まる
1000万円まで 年収の1/3以上の借入れが可能



三菱東京UFJ銀行
年1.8%〜14.6%

利用する限度額で決まる
500万円まで 年収の1/3以上の借入れが可能

1%の金利差でお得度が全然違う


注意点@ 『たかが数%の金利差』 とは思っていませんか。
 

金利1%と言っても、他社からの借入を1本にまとめるので、 100万円を超えるような大きな借入金額となることがほとんどです。


大きな借入れほど、生じる利息も大きなものとなるので注意が必要です。
300万円の借入をしたときの金利差を確認してみましょう。

300万円借入で月1回返済する場合

年利7%を基準 年利8%(差1%) 年利9%(差2%) 年利10%(差3%)
36回払い 49,600円の利息 99,648円の利息 150,131円の利息
24回払い 32,743円の利息 65,678円の利息 98,811円の利息


年利8%と年利10%では同じ36回払いでも100,531円もの差が出ます。
たった2%でも10万円もの差がついてしまうのです。


返済回数が増えれば、その分金利も増えていきますから、 この辺のことを考えても、やはり借り換えの場合は『金利』の低さは最も重要なのです。


借り換えやおまとめをするときは、金利が低いカードローンに借り換えましょう!


…とは言っても、多くのカードローンは金利3.0%〜14.0%と金利に幅を持たせていて、一体自分はどの金利になるのか分からないところでもあります。


はっきりと言えるのは『借入限度額別』に金利が設けられている銀行系に申込をすること。

100万円の借入れにはこの金利を適応します、といったように決められてるところであれば思ったよりも高くなって悩むことはありません。

審査前から金利が分かる銀行系カードローン


ポイントA 限度額で金利が決まる銀行系にする


『多少金利が高くても審査に不安がない消費者金融を選ぼうかな』はあまりいい選択とは言えません。


実は消費者金融系の多くは 審査の際に借りる当人の信用の度合いによって金利を決めてしまうかたちになっています。


銀行系は信頼度合ではなく【借入限度額別】に金利が決まっているため、あいまいさがなく、安心して申込&利用ができるのです。


限度額・融資までの速さ・金利すべてにおいてバランスが良いため
みずほ銀行はおまとめローン支持率が高いです。
限度額300万円の時は みずほ銀行なら【年7.0%と低金利になっているのでおすすめです。



低金利おまとめローン比較表

  300万円借入の適用金利 おすすめポイント



みずほ銀行
7.0%
  • 限度額1000万円
  • 審査は最短30分!
  • 最短で即日融資も可能!



  • 三菱東京UFJ銀行
    7.1〜9.6%
  • 限度額500万円
  • 審査は最短30分!
  • 最短で即日融資も可能!



  • モビット
    審査による 800万円

    ポイントB 最大限度額が大きい

    さらにみずほ銀行はメガバンクで大きな融資額を利用でき、なおかつ即日融資可能なところがポイントです。


    複数借入で総額が大きくなってしまっている方は、
    みずほ銀行カードローンなら限度額1000万円なので不安なく利用できます。

    3つのポイントから選ぶべきカードローンは?


    カードローンを低金利で利用することに関して、
    3つのポイントをクリアしているのはみずほ銀行カードローンです。

    ●限度額が300万円の時の金利は7%と最低水準の金利
    ●銀行系なので限度額が決まれば金利は固定
    ●最大限度額が大きく、おまとめに最適



    メガバンクであり、顧客のニーズに合わせた商品を展開しているからこその特長を持っているので、長期利用しやすいのも◎。 


    カードローンを低金利で使いたい、返済額を抑えたい、借入れをまとめたい…
    そんなときはみずほ銀行カードローンを選んでみましょう! 

    迷ったらココ!

    みずほ銀行カードローンは、

    ネットのお申し込みなら24時間、土日祝日も対応

    みずほ銀行に口座のない方でも申し込みできます。


    ご利用はみずほ銀行のATM、イーネットATM・ローソンATM・ セブン銀行ATM・ゆうちょATM等の提携ATMなら手数料無料で利用いただけます。

    三井住友銀行カードローン
    お申込み
    実質年率 限度額 審査時間
    3.0~7.0% 最大1000万円 最短30分
    融資スピード 来店 必要書類

    最短即日

    不要 本人確認書類

    人気コラム
    不動の人気 定番ローン 選ぶなら銀行系 総量規制対象外
    低金利で注目度NO.1 銀行系カードローン キャンペーンを狙うなら 一定期間無利息
    複数者の返済をひとまとめ おまとめローン 担保不要で選ぶなら 無担保ローン
    今すぐに答えてくれる 即日融資 大口融資を希望するなら 大口ローン
    簡単手続きが好評 消費者金融 事業の投資やつなぎ融資に ビジネスローン
    ページの先頭へ