キャッシングやカードローンの返済遅延した時にする2つの緊急対処法

一本化して返済期日をまとめられるカードローン

メガバンクみずほ銀行のカードローン。

他社に借入があっても、おまとめローンや借り換え対応なので、心配なし。
即日返答で利用ができ、金利も低いので繰り返し使っていきたい方におすすめです。

みずほ銀行カードローン


キャッシングを利用したら確認しよう『返済期日』


キャッシングは一度利用すると、利便性が良いから繰り返し使うという方も多いのではないでしょうか。 


クレジットカードでのキャッシングは、基本的に口座引き落としとなっていることから、忘れずに支払うことができます。


でもカードローン(特に消費者金融系カードローン)はATM返済が通常となっているので、つい返済日を忘れてしまう…ということが起こりがちです。 



返済日を忘れてしまった後に起きるデメリット
  1. 何度も繰り返してしまうと故意に見られ、契約停止になることもある(返済のみ)
  2. 担当者からマメに連絡が来るようになる
  3. 利息が多くなり、返済しているのに減らない… 返済回数が多くなるなど
  4. 他社のカードローン申込後の審査で不利になる
  5. 利息がかさばることで、利用限度額が目減りする


返済が遅れると連絡が来てしまったり、 契約解除となってしまったり、借入れをしようと思ったら利息がかさんでいたり…と良いことがありません。 


キャッシングを利用したらまずは返済期日を確認することが大切です。 


【返済期日】は利用したキャッシング先で異なります。
例えば「1日から20日までの間にATM返済をしてください」
と書かれている場合


この間に1度でも返済しないと遅延利率/20.0%(実質年率)がかかってしまい利息が多くなってしまいます。
なおかつ遅延という事で信頼がなくなってしまいます。


借りたら期日までに返す。
無駄なお金を払わない為にもこれを徹底していきましょう。

大手カードローンの返済期日・返済額を比較


  返済期日 返済額



みずほ銀行
毎月10日のご利用残高に応じて、翌月の返済額が決定(口座引き落とし) 1万円から



モビット
返済日は指定、返済日当日の14日前から返済可能
(ATM返済)
3,000円から



三菱東京UFJ銀行
35日ごとの返済、
または毎月指定日返済
(口座引き落とし)
4,000円から

もし、
「仕事でATMにはなかなか行けない」
「返済しようと思っているのに、ATMに行くのが面倒」

と言う場合は

みずほ銀行カードローン】 といった銀行系カードローンに切替えて、銀行口座からの引き落としができるところを選んでおくと便利です。

契約解除を回避!返済遅延してしまったときの2つの対処法


何度も返済が遅れてしまうと、信頼度が下がり、
キャッシングは借入ができず返済のみとなってしまう場合があります。


また返済が遅れることにより、取引の履歴も残ってしまうため、

他社のカードローンも利用したい
→申込む(審査まち)
→審査落ち、利用不可


といった流れになる可能性もあります。

返済遅延してしまったときにする2つの対処法

@借入会社からの電話に必ず出るか折り返す。電話連絡がベスト

Aいつまでに支払うといった回答と、期日を守る

@もAも当前のことではありますが、連絡する。次からは約束を守る。
支払いの意思があることを誠意をもって伝えることが大事です。



@はキャッシング会社と自分といった対面の話となるため、信頼関係に響いてしまうことでもあります。
ついうっかりだったとしても、必ず電話には出るようにして、連絡先が繋がるということをアピールしておきましょう。


Aは築いてきた信頼を下げないためにも、いつまでに支払うという期日を伝えて守ることです。

リストラに合った、急に契約終了と言われたなど理由はそれぞれですが、現状と見通しをしっかり話して、誠意を見せることが大切です。

当然、
・連絡をしない
・電話が繋がらない
・契約後から住所や勤務先が異なってしまっている

こういった場合は信頼度が下がってしまいます。

払いたくても返済が大変な時

「毎月の返済が厳しい」
「A社とB社別々の返済で管理が難しい」


など返済が大変になってきたときは、新しくキャッシング枠を作ろうと別のカードローン会社に申込むというのはではなく、総量規制対象外の銀行系カードローンで一本化することをおすすめします。

返済日におこづかいがない… 
繰り返し利用で不安なときに検討しておくべきサービス


返済の金額が大きく、給料日なのにお小遣いがない。

返済遅延も繰り返し、そういった現状の場合は、そもそも別会社のカードローンやキャッシング付クレジットカードに申込んでも良い結果が出ないこともあります。


それは

『 返済がたびたび遅れている 』
=信頼がない、収入が安定していない
→他社の利用もできない。

 借入額が大きい 』
=年収の1/3以上の借入はお断り
→返済できないとみなされ利用できない。

と見られるからです。


そうなったときは、もう銀行系カードローンを検討するほかにありません。

他社借入がある方に選ばれている銀行系カードローン2社

 

みずほ銀行


モビット

融資額
1,000万円
800万円
審査時間
最短即日
10秒簡易審査
メリット
・年3.0〜7.0%の低金利
・利用限度額が最大1,000万円
・おまとめ、借り換えに十分な限度額
・最短即日融資可能
・郵便物なし!会社への電話連絡なし!
・10秒簡易審査で事前に確認してから申込み可能
・借入れまでウェブ完結可能
こんな人に
オススメ

・今日中に利用したい方
・すでに借り入れがある方
・家族や知人に内緒で借りたい方


・とにかくお急ぎの方
・人に知られたくない方
・収入は少なくても、継続した給与がある方


他社借入がある方に選ばれている銀行系カードローン2社

■借入をまとめられる 「おまとめローン」や「借り換え」を用意しているので、他社借入があっても大丈夫

■銀行は総量規制対象外となっているため、年収1/3以上の借入可能
収入が安定していれば申込OK。

金利が低いので、利息がかさばらない。

■返済は口座引き落としかATM返済でかんたん




銀行系カードローンをひとつ利用して、おまとめをすれば返済日は月1回の口座引き落とし、利息も抑えられるメリットに加え、限度額の枠があれば繰り返し利用することもできます。


「現在利用中のカードローンは繰り返し使えて便利だし、乗換は面倒…」


と思うかもしれませんが、別々の返済日、返済回数、返済額を考えれば、たった1回の申込みとその後の相談でひとまとめにできるので、気持ちに余裕が出てきます。


複数社の借り入れがあり、返済額も大きい方は【みずほ銀行カードローン】への申込みを検討するべきです。


返済のストレスを軽減させるたった一つの方法


返済が遅れる度に信頼はなくなっていきます。

最終的には利用不可、契約解除と通告され、返済のみになってしまった場合、 もう借り入れ先はありません。


信頼が失われているため、他のカードローン会社も貸しづらいからです。


そうなるまえに、銀行系カードローンを検討し、申し込んでおくことで 返済日をひとまとめにして無理のない返済額に見直すことができ、結果として遅延もしにくくなります。


「将来のこともあるし、借入れはあまり大きく持ちたくない」
「返済を見直していきたい」
「返済の期日を忘れたくない」



という方は返済額が1万円からで口座引き落としのある 【みずほ銀行カードローン】が良いでしょう。


銀行系のカードローンを利用するということは、先のことを考えてもマイナスなイメージにならないのも大きなメリットです。


車を買う、家を建てるといったライフステージに立ったときもローンを組みやすいので安心できるでしょう。 


迷ったらココ!

みずほ銀行カードローンは、

ネットのお申し込みなら24時間、土日祝日も対応

ご利用はみずほ銀行のATM、イーネットATM・ローソンATM・ セブン銀行ATM・ゆうちょATM等の提携ATMなら月4回まで手数料無料で利用いただけます。

みずほ銀行カードローン
お申込み
実質年率 限度額 審査時間
3.0~7.0% 最大1,000万円 最短即日
融資スピード 来店 必要書類

最短即日

不要 本人確認書類

人気コラム
不動の人気 定番ローン 選ぶなら銀行系 総量規制対象外
低金利で注目度NO.1 銀行系カードローン キャンペーンを狙うなら 一定期間無利息
複数者の返済をひとまとめ おまとめローン 担保不要で選ぶなら 無担保ローン
今すぐに答えてくれる 即日融資 大口融資を希望するなら 大口ローン
簡単手続きが好評 消費者金融 事業の投資やつなぎ融資に ビジネスローン
ページの先頭へ