銀行のフリーローンを申し込む際、実際に一番良い銀行はどこ? そもそもフリーローンで良いの? 最適ローンをご案内 - 人気コラム | ローン研究Lab

銀行のフリーローンを申し込む際、実際に一番良い銀行はどこ? そもそもフリーローンで良いの? 最適ローンをご案内

目次

銀行のフリーローンのメリットとデメリットを解説

ローンからの借り入れを利用したいという場合、多くの方がまず思い浮かべるのが銀行のフリーローンでしょう。銀行フリーローンとは、銀行で借り入れできるローンのことで、借入金額の利用先が指定されていないというものです。

目的別ローンはカーローン、教育ローンと利用目的に限定されますが、フリーローンは例えばリフォームや家計のやりくりなど、好きなことに利用できることから、高い利便性があります。

銀行フリーローンの利用を検討しているのであれば、より利便性が高く、利用者にとってメリットが高い楽天銀行カードローンがおすすめ

楽天銀行カードローンは、消費者金融よりも金利が低く、申し込みがしやすいため人気のカードローンで、契約時に楽天スーパーポイントがもらえたり、利用に応じてポイントが貯まるのも人気の理由です。

他社カードローンとの比較

楽天銀行
楽天銀行

アイフル
アコム
アコム
プロミス
プロミス
レイクALSA
レイクALSA
分類 ネット
銀行
専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
金利 年1.9%~14.5% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8% 年4.5%~18.0%
限度額 800万円 800万円 800万円 500万円 500万円
来店不要
口座開設
不要
郵便物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡
無し

銀行フリーローンのメリットとデメリット

銀行フリーローンのメリット

住宅ローンなどのように、利用目的が制限されていない

銀行フリーローンは利用目的が制限されていないことから、借り入れ金額の利用用途が限定されません

自分で利用目的を決められる

銀行フリーローンは好きなことに金額を使えることから、結婚資金・海外旅行・大きな家具の購入・宝飾品の購入・資格取得費用・留学費用とバリエーション豊かな利用用途を持っています

消費者金融のカードローンよりも金利が低い

さらに、銀行フリーローンは消費者金融カードローンの金利が多くは年18.0%なのに比べると、金利が低く設定されています。そのため、借り入れをしても総返済額が少なく済みます。

返済計画を立てやすい

銀行フリーローンには追加融資という制度はなく、借り入れをした時点で毎月の返済額と返済終了日が確定されます。このことで、毎月の支払い予定を立てやすく、余裕をもった完済が可能となります。

借入額の制限がなく、審査状況によっては大きな金額を借りることができる

消費者金融のカードローンですと総量規制と言って借り入れ額は年収の3分の1に限定されます。これによって、高額の借り入れにストップがかかる仕組みとなっていますが、銀行フリーローンですと、特に問題なく借り入れが可能です。通常は手が出ないような高額の商品を購入したいという方は、銀行フリーローンを利用するのがおすすめでしょう。

銀行フリーローンのデメリット

追加で融資を受けることができない

銀行フリーローンの場合は、追加融資という形で借り入れすることができません。もしも、金銭的に厳しくなったとき、再度の借り入れができません。これによって、返済の負担が大きくなってきても、借り入れできないことから困った事態になる可能性があります。

再度の借り入れをしたいという方は、新たに借り入れ申込を行い、審査を受けるという手順が必要なため、急いでお金が欲しい方には不向きですし、原則的に完済してからでなくては、審査を通過するのが難しいものとなっています。

一方で、カードローンの場合は利用限度額の範囲内という条件を満たせれば何度も借り入れをすることができます。

繰り上げ返済の手続きに手間がかかる

もしも経済的に余裕があるために、繰り上げ返済をして完済を早めたいとなったとしても、銀行フリーローンは繰り上げ返済に手続きが必要です。金融機関に電話をして利息を再計算してもらい、指定された口座に振り込むといった手順を踏まなければいけませんので、非常に手間がかかるという欠点を持っています。

手間がかかることから、融資をする金融機関側も、あまり推奨していないというのが実情です。

繰り上げ返済手数料が高い

そして、銀行フリーローンは、こまめな繰り上げ返済をするという前提で融資をしていません。従って、銀行フリーローンは繰り上げ返済の手数料が非常に高く設定されているところもあり、手数料が5,000円以上かかる場合もあるので、繰り上げ返済をすることで逆に損をする場合もあるというのを覚えておく必要があります。

使い道の申告をする必要がある

銀行フリーローンは利用目的が決まっていないという自由はありますが、それとは別にして「借り入れ額の利用用途」を申告する必要があります。

申告には購入品の見積もりや、売買契約書を使うといったもので、いささか手間がかかってしまいます。それに、何を購入したかを申告したくないという方にも、デメリットに働くことでしょう。

このように、銀行フリーローンは利便性が高いですが、それでも欠点があります。さらに高い利便性が欲しいという方は銀行カードローンである楽天銀行カードローンを活用しましょう。

銀行フリーローンよりも銀行カードローンの方は利便性が高くおすすめ

楽天銀行カードローンは銀行カードローンに分類されており、銀行フリーローンと銀行カードローンのそれぞれにメリットやデメリットがあるが、銀行カードローンはメリットの分が実に大きいという特徴があります。

銀行カードローンのメリット4つ

1.何に利用したかを申告しなくて良い
2.最初に融資を受けたあと、利用限度額内で再び借入ができる
3.繰り上げ返済がしやすい。ATMを利用して千円単位で繰り上げ返済可能。手数料も安い
4.完済する前に、限度額の増額申請をすることができる

銀行カードローンはフリーローンと違って利用先の申告をする必要がなく、利用限度額内においての再度の借り入れにも対応し、繰り上げ返済が簡単で手数料も低く設定されています。さらに、完済する前に利用限度額の増額申請も可能となっているので、フリーローンが持つデメリットをとても上手くカバーしてくれます。

楽天銀行カードローンは利便性が高くおすすめ! 9つのメリットを解説

銀行フリーローンよりも、高い利便性を持つ銀行カードローンの中でも、楽天銀行カードローンは極めて高い利便性とメリットを持っています。

楽天銀行カードローンがおすすめの理由

金利が低い

楽天銀行カードローンの金利は年率1.9%~14.5%で、消費者金融カードローンの年率が約18.0%と考えると、金利が低いという武器が目を行きます。他の都市銀行のカードローンと比べても同等かそれ以上に低く設定されているので、総返済額を抑えたい方にも外せないメリットです。

他社銀行カードローンとの金利比較
カードローン名 100万円まで 200万円まで 300万円まで
楽天銀行 年14.5% 年9.6%~
14.5%
年6.9%~
14.5%
三菱UFJ銀行 年13.6%~
14.6%
年10.6%~
13.6%
年7.6%~
10.6%
三井住友銀行 年12.0%~
14.5%
年10.0%~
12.0%
年8.0%~
10.0%
みずほ銀行 年14.0% 年12.0% 年9.0%

カードローンの限度額が高い

また、楽天銀行カードローンは利用限度額は最大で800万円となっており、借り入れ希望が通るのに審査が必要とは言え、審査を通れば高額の借り入れをまとめて行うことができます。

カードローンの年会費や入会金が永年無料

そして、楽天銀行カードローンを申込する際には入会金も年会費も必要ありません。そのため、とりあえず現状は経済面に余裕があるので申込だけをして、お金に困った時のために備えておくと言った利用プランにも対応できます。

スマホアプリを使って申し込みができる

楽天銀行カードローンはアプリを使っての借り入れ申込ができます。移動中や仕事の合間、夜間などいつでも申込ができるため、急にお金が必要になったという緊急の時でもお金を借り入れできる利便性を誇っています。さらに、アプリを使っての借り入れができるということから、手軽さもあるのも見逃せません。

コンビニでの利用手数料が無料

ATM利用手数料はなるべく少なく抑えたいというところですが、楽天銀行カードローンはほとんどのコンビニATMの利用手数料を無料にできます。「借入れ手数料」・「返済手数料」は無料ですし、繰り上げ返済も簡単にできます。

ATM利用料金
ローソン銀行 無料
コンビニATMイーネット 無料
セブン銀行 無料
イオン銀行 無料
三井住友銀行 無料
みずほ銀行 無料
三菱UFJ銀行 有料(1万円以下108円、1万円以上は216円)
りそな銀行 有料(1万円以下108円、1万円以上は216円)
しんきんバンク 有料(1万円以下108円、1万円以上は216円)

24時間振込融資ができる

インターネット会員サービス「メンバーズデスク」に登録すると、24時間インターネット振込による融資を受けることができます。夜中は借り入れできない金融機関もありますが、楽天銀行カードローンは、インターネット会員サービスの登録手続きを完了することで24時間の借り入れができます

パートやアルバイト、学生でも申し込みができる

楽天銀行カードローンは満20歳以上が利用条件となっています。このことから、パートやアルバイトをしていれば借り入れ申込が可能で、主婦や学生でも利用可能という入り口の広さがわかります。主婦ならば日々の出費、学生でも車やバイクに学生旅行と高額のお金が必要となることは多いので、大変に便利と言えます。

楽天スーパーポイントがもらえる

楽天銀行カードローンは「楽天銀行」と名称にあることから、借り入れをするには楽天銀行の口座が必要と勘違いされがちですが、楽天銀行口座がなくても申込が可能となっています。ただし、申込をした後に楽天銀行の口座を開設し、返済口座に指定すると楽天スーパーポイントが貯まるので、楽天銀行の口座があった方がおトクというのも事実です。

カードローン入会時にもらえる楽天スーパーポイント
入会月の翌月末時点のご利用残高 もらえるポイント
20万円以上30万円未満 500ポイント
30万円以上50万円未満 1,000ポイント
50万円以上80万円未満 2,000ポイント
80万円以上100万円未満 3,000ポイント
100万円以上200万円未満 10,000ポイント
200万円以上300万円未満 12,000ポイント
300万円以上400万円未満 15,000ポイント
400万円以上500万円以下 30,000ポイント

楽天のユーザーは、会員ランクに応じて審査の優遇がある

他社からの借り入れがあったり、年収が低いといった状況の方は、借り入れを申込上でマイナスに働きます。しかし、楽天銀行カードローンは楽天関連のサービスであることから、一番に重視されるのは楽天ユーザーとして優良顧客なのかということです。

               画像引用元url:https://point.rakuten.co.jp/guidance/rankkeep/

半年間における獲得楽天スーパーポイントによって決定される楽天会員ランクが高ければ、優良顧客として優遇してもらえる可能性が高まります。これによって、他の金融機関では審査を通るのは難しいという方でも、無事に審査を通過できるチャンスを獲得可能です。

楽天銀行カードローンのデメリットはある?

楽天銀行カードローンはメリットが多く、楽天スーパーポイントがもらえるなどの特典もありますが、デメリットもあるのでよく理解しておくと良いでしょう。

楽天銀行カードローンのデメリット3つ

即日融資ができない

アコムやSMBCモビットといった消費者金融のカードローンならば即日融資に対応していますが、楽天銀行カードローンは他の銀行カードローンと同じく即時融資ができません。最短で審査が進んだと仮定しても、審査が終わるのに1営業日はかかりますので、すぐにでも借り入れしたいという方には不向きと言えます。

カードが必ず郵送で届く

カードローンを利用する方は高額の商品を購入したり、秘密の出費をするという方もいますが、楽天銀行カードローンはカードを受け取るには郵送しかありません。「家族にバレたくないから郵送物なしが良い」という希望がある方も多いですが、楽天銀行カードローンは郵送物を無くすことができませんので、気をつけましょう。

ただし、楽天銀行をはじめとした銀行は消費者金融と違って、社会的な印象はかなり良くなります。全国的に高い知名度を持つ楽天銀行でのカードローンならば、他のローンと違ってカジュアルな印象を受ける可能性が十分にあります。

インターネットからの申込のみ

借り入れをするという場合でも店舗や書類送付による申込はできず、インターネットを経由した申込しか受付をしていませんインターネット経由での借り入れ申込の方が利便性は高いですが、店舗での借り入れならば専門知識を持ったスタッフの方達と相談して借り入れ額を決めると言ったことも可能です。

ひとりで借り入れ額を決められるか不安な方は、楽天銀行カードローンの申込をする時に、よく考えて借り入れをしましょう。

楽天銀行カードローンは繰り上げ返済や追加融資に対応している利便性の高さ!

銀行フリーローンは教育ローンや住宅ローンと違い、利用先に限らずに借り入れができて金利が消費者金融カードローンより低いローンとなっています。そのため、利便性が高いですが追加融資は対応しておらず、繰り上げ返済に手数料と手間がかかるという欠点もあります。

しかし、楽天銀行カードローンは同じ銀行ローンですので金利が低いですし、繰り上げ返済がしやすく、追加の融資にも対応できます。さらに楽天会員ランクに応じた優待サービスを受けることもできますので、楽天ユーザーは借り入れがしやすくなります

銀行フリーローンは利用用途に限らず借り入れできますが、追加融資や繰り上げ返済も利用したいという方は楽天銀行カードローンがおすすめです。

楽天銀行
  • 郵便物なし!
  • WEB完結OK!スマホだけで申し込み完了
  • 金利は年1.9%~14.5%
コンビニでのATM利用手数料0円。
楽天IDをお持ちの方はお申込みがさらにスムーズ
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
年1.9%〜14.5% 1万円~800万円 -
-
ページの先頭へ