アコムの返済日はいつ?返済日程と遅れた場合の対応とは? - 人気コラム | ローン研究Lab

アコムの返済日はいつ?返済日程と遅れた場合の対応とは?

アコムの返済日は3種類の返済方法によって変わる!

アコムの返済日はいつなのかというと、返済する方法によって変わるようになっています。返済方法には、

  • 35日払い
  • 毎月払い
  • 口座振替

以上の3種類があります。これらの返済方法を詳しく見て、返済日がいつなのかを確認してみましょう。

35日払いの場合

35日払いは、カードローンにおいては、以下の図のように、前の返済日の次の日から35日目が返済の期日である返済方法です。
35日払いを説明する図
例えば、前もって期日の10日前に返済をすると、次の返済日が期日に返済した時と比べて10日間早くなります。なお、最初の返済日は借り入れの翌日から35日後となっていますが、初回以降の借り入れは返済日には関係せず、たとえ追加で借り入れをしたとしても返済期日は変わりません

35日払いのメリットとデメリット

35日払いのメリットとしては、返済期日までの35日間であればいつ返済をしてもいいということです。これによって、返済日に少し自由ができるため、突然返済するためのお金が足りなくなった時や臨時収入が入った時に柔軟な対応をして返済をすることができます。

デメリットとしては、前に返済をした日付によって、次の返済日が決まることです。これによって、自分で返済を一定にしなければ返済日が一定でなくなってしまい、返済日を覚えづらくなってしまいます。

毎月払いの場合

毎月払いは、以下の図のように、自分で返済の期日を指定して、毎月その指定した返済期日までの返済をする返済方法です。
毎月払いを説明する図
なお、返済期日よりも前に返済をすることも可能ですが、上の図にあるように、15日以上前に返済をしてしまうと、毎月払いとしての返済ではなく、追加返済としてみなされてしまうため注意が必要です。

毎月払いのメリットとデメリット

毎月払いのメリットとしては、返済日が毎月固定なことです。これによって、返済を忘れることが少なくなる上に、返済日を考慮した返済計画を立てやすくなります。

デメリットとしては、返済日を柔軟に変更することができないということです。これによって、突然返済するお金が足りなくなったときに対応しづらくなる場合があります。

口座振替の場合

口座振替は、以下の図のように、毎月6日に指定された口座から自動で返済がされる返済方法です。
口座振替を説明する図
なお、休日などで返済日であるはずの6日に金融機関が休業している場合は、次の営業日に返済が行われます。

口座振替のメリットとデメリット

口座振替のメリットとしては、口座から自動で返済が行われることです。これによって、たとえ返済日を忘れてしまったとしても返済し忘れることはなく、返済遅延になることがないことです。

デメリットとしては、口座にお金が入っていなければ返済することができないことです。これによって、口座の残高を返済日の前に確認する必要が出てくる場合があります。

返済日の確認方法

返済日を忘れてしまった場合には返済日を確認する方法がアコムにはあります。方法としては、

  • ホームページにログインして「ご利用状況」から確認
  • アプリから確認
  • 電話(0120-134-567、24時間年中無休)で確認

以上の3種類があります。

返済日を自動で教えてくれるサービスも!

上の3種類の方法で、返済日を自分から確認するだけでなく、自動で返済日を教えてくれるeメールサービスもあります。
eメールサービスで3日前と当日と返済期日が過ぎた後に連絡が来ることを説明する図
上記の図のように、まず、返済日の3日前と当日に連絡が行われます。そのため、返済を忘れていても、その時点で思い出すことができます。また、もし返済を忘れていた場合は、返済期日が過ぎた後にも連絡が行われるため、返済忘れにすぐに対応することができます。このように返済日に関して何度も連絡をくれるため、返済日を確認する手間を省くことができます。

返済が間に合わない場合に変更はできる?

返済日が分かっていたとしても、お金が足りないなどの理由で返済に間に合わなそうな場合があります。その際も、アコムでは様々な対応が用意されています。

返済日の変更

返済が間に合わないなどの場合に、返済日を変更することができます。ただ返済の期日を伸ばすということも可能ですが、それだけでなく、返済方法を「35日ごと」から「毎月払い」、「毎月払い」から「35日ごと」に変更することができます。このように、返済日だけでなく返済方法の変更もできるため、状況に応じた返済がとても行いやすくなっています。

返済日や返済方法の変更方法

返済日や返済方法の変更方法としては、

  • 店舗窓口(平日9:30~18:00)
  • アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)(平日9:00~18:00)
  • 自動契約機(むじんくん)(8:00~22:00、年中無休)

以上の3種類があります。なお、返済日や返済方法を変更する手続きには、返済当日までの利息の清算が必要になるため、手数料はかかってしまうということに注意してください。

変更でも間に合わない場合は?

返済だけでなく、手数料である当日までの利息の清算も難しく、返済日や返済方法の変更でも返済が間に合わない場合は、アコム総合カードローンデスク(0120-629-215)(平日9:00~18:00)に相談をしてみましょう。返済期日を大幅に変えることなど、様々な対応をしてくれます。このように何らかの対応してもらえるため、返済日に返済できないからといって、連絡もせずに返済をしないことだけはしないようにしましょう

アコムは返済日が柔軟で、返済が間に合わない場合の対応も豊富!

アコムは様々な返済方法を選ぶことができるため、自分に合う返済日を選ぶことができるカードローンと言えます。また、返済期日や返済日を変更する方法も豊富なため、返済が間に合いそうにない場合も柔軟に対応することができます。

このように、アコムは返済日をいつと決めるものでなく、状況に合わせた方法や対応を選ぶことができるという点で、便利なカードローンだといえます。

ページの先頭へ