アコムの借換専用ローンの最有効活用の肝。借換特化のローンの威力を比較で体感 - 人気コラム | ローン研究Lab

アコムの借換専用ローンの最有効活用の肝。借換特化のローンの威力を比較で体感

目次

アコムの借換専用ローンの特徴を解説

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループに属する消費者金融で、初めてカードローンを利用する人でも安心して利用できるところが魅力

カードローンはどこを利用したらよいのか分からない。
金利がかなり低いけど、聞かない会社名で怪しい気がする。
など、カードローンを利用するときは不安がつきものです。

アコムは、三菱UFJフィナンシャルグループに属する消費者金融なので、初めてカードローンを利用する方でも安心して利用できるとことが魅力の一つです。アコムの利用する大きなメリットして、はじめてアコムを利用する方であれば、最大30日間金利が0円となっている点です。

これは、はじめての契約の方が契約日の翌日から30日金利がかからないサービスで、30日以内に借入した全額を返済するのがポイントと言えます。


アコムと他の消費者金融の比較

金融機関名が入ります。
アコム
金融機関名が入ります。
レイクALSA
金融機関名が入ります。
SMBCモビット
金融機関名が入ります。
アイフル
プロミス height=
プロミス
分類 専業(消費者金融) 専業(消費者金融) 銀行系消費者金融 専業(消費者金融) 専業(消費者金融)
金利 年3.0%~18.0% 年4.5%~18.0% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8%
限度額 800万円 500万円 800万円 800万円 500万円
来店不要
口座開設不要
郵送物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡無し ◯WEB完結申込のみ

アコムには、複数の借入をまとめることができる「借換専用ローン」がある

現在、返済額が大きくなり給与のほとんどを返済に回して困ってはいませんか。
返済をして、生活費が足りずにまた借入を行うのは悪循環です。
そんなときは借換えを考えるべきでしょう。

アコムの複数の借入をまとめるのに便利な「借換専用ローン」は、毎月の金利や返済金額の負担を軽減することができます。アコムの借入専用ローンは、複数のローンを借入の方や総量規制の3分の1の年収を超えてしまった借入がある方などにとっては、便利なローンと言えます。

アコムの借換専用ローンの特徴

アコムの借換専用ローンは特徴として、返済期間と返済回数があります。アコムでは、借換専用ローンの返済期間を最長13年7ヶ月としています。返済期間が長めの場合は、ある程度余裕をもって計画的に返済することもできるのでアコムのメリットと言えるでしょう。

場合によっては、長期返済したいといった要望はあるので借換専用ローンは利便性が高いです。また、返済回数は2から162回となっているので利用者の視点に立ってつくられたサービスでしょう。限度額が300万円であることも、幅広い利用者の要求に応える内容となっています。

あまり限度額の多いケースでは、後で利用者の負担になる場合もあるので300万円の限度額は安心して利用できる金額といえます。


各社のおまとめローン比較

金融機関名が入ります。
アコム
プロミス height=
プロミス
金融機関名が入ります。
アイフル
商品名 借換専用ローン おまとめローン おまとめMAX
金利 年7.7%~18.0% 年6.3%~17.8% 年3.0%~17.5%
限度額 300万円 300万円 800万円

① 総量規制対象外

アコムの借換専用ローンの別の特徴としては、借換専用ローンは総量規制対象外であることです。利用者のメリットとしては、複数の借入を一本化できることで、確実に返済することができます。

利用の仕方によっては、年収の3分の1以上を借りることができるので便利ですが、資金使途として賃金業者債務の借換となっているので知っておいた方が良いでしょう。

また、アコムでは、年収の3分の1以上の額を借りることができますが、最終的には審査によって決まるので、利用を検討している方で悩んでいる場合は、審査を受けてからアコムを利用するか決めても良いでしょう。


② 保証人不要

アコムの借換専用ローンは、保証人が不要であることも特徴の一つです。借入をまとめることで年収の3分の1以上を借りることも可能ですが、その時に保証人がいらないということは、借換専用ローンを利用する際の壁が一つなくなったことを意味し、利用しやすくなります。消費者金融であるアコムの借入専用ローンで、保証人が必要な場合は保証人になる方に断られることもあり得るので、アコムの借入専用ローンで保証人が不要であることは、利用者にとってプラスでしょう。

③ 長期の返済期間を選ぶことができ、少ない負担で計画的な返済計画を組める

アコムの借換専用ローンの特徴としては、長期の返済を選択できて、少ない負担で計画的な返済の計画を組める点があります。具体的には、アコムの普通のカードローンでは最長9年7ヶ月で1回から100回払いの返済計画が可能ですが、借換専用ローンでは最長13年7ヶ月で2回から162回払いまでの返済ができます。

返済期間が延びると気になることとして総支払利息が増えますが、メリットとして毎月の負担を抑えながら完済を目指すことが可能です。

④ 借入をまとめることで返済日が月1回になり、お金の管理がしやすくなる

アコムの借換専用ローンの利点としては、借入をまとめることで返済日が月1回になるので、お金の管理がしやすくなる点です。もしも複数から借入をしている場合は、返済日を複数覚えておく必要があり、返済の日を忘れてしまうこともあります。

あまり延納していると信用情報にも影響が出てくるので、まとめて返済した方が安心して返済することができます。

⑤ 借入をまとめて借入総額が上がることで、利息制限法により適用金利が自動的に低くなる

アコムの借換専用ローンのもう一つの特徴は、借入をまとめることで借入総額が上がることで、利息制限法が適用されて適用金利が自動的に低くなります。利息制限法は、貸主などから消費者を保護するために、金銭消費賃借の利息、延滞損害金の利率を一定限度に制限するための法律の一つです。

例えば、借入の元本が10万円未満の場合は、利息は年率20パーセントまでとなっていて、100万円未満の借金では、年率18パーセントまでとなっています。また、元金が100万円以上の借入の場合では、年率15パーセントまでと制限されているので、アコムで借入をまとめることで金利が低くなることはメリットが大きいでしょう。

利息制限法の上限金利

借入金 上限金利
10万円未満 年20%
10万円から100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

アコムの借換専用ローンの申込から借入までの手順は簡単!

アコムの借換専用ローンは、通常のカードローンとは申し込み方法や手順が異なります。借換専用ローンは、はじめにフリーコールに電話します。その後に、必要な書類を持って店頭窓口や自動契約機に行く流れとなっています。

アコムでは通常のカードローン借入の場合は、インターネットからも申込ができるので、借換専用ローンとの手続きの流れが違うことを事前に把握しておいた方が良いでしょう。

  • ① 申込はWEBではできないので、コールセンター(0120-07-1000)へ電話する必要がありますが、そこで担当者が必要書類や事前の手続き等を説明してくれる。
  • ② 書類を準備する
  • ・本人確認書類(免許証、パスポート、写真入り個人番号カードなど)
    ・収入証明書(直近2カ月分の給与明細書、確定申告書、源泉徴収票など)
    ・通帳やカードなど、銀行の口座番号がわかるもの
    ・銀行印

  • ③ 店頭か自動契約機(むじんくん)へ行く
  • ④ 書類の記入や書類の提出を行う
  • ⑤ 審査
  • ⑥ 契約し、借入をする


アコムの借換専用ローンのシミュレーション!返済額はどれくらい抑えられる?

3社からの借入をまとめた場合、支払利息が抑えられる

3社別々の借入金に対する金利は、上限金利が適用されることが多いが、アコムの借換専用ローンで借入をまとめることで100万以上になり、利息制限法により適用金利は自動的に「最大15%」となります。(審査によっては15%以下が適応される場合もある)

おまとめローンシミュレーション(利息制限法により適用金利が下がる)

借入金 適用金利
A社 50万 18.00%
B社 40万 18.00%
C社 30万 18.00%
A社+B社+C社 120万 15.00%

3社別々に返済する場合は、毎月の返済額は43,381円(36回払いの場合)

3社から借入している金額を別々に返済する場合は、50万円、40万円、30万円とすると、適用金利は全て18.0%となります。そのため、毎月の返済総額は、36回払いのケースでは
43,381円となり利息制限法を上手に利用した場合と比べると多く返済する必要があります。

借換専用ローンでまとめて適用金利を下げると、毎月の返済額を抑えることができる

アコムの借換専用ローンを利用すると、借入をまとめることで適用金利が下がるので、毎月の返済額を抑えることが可能です。まとめる前と後で比較すると、借入をまとめると120万円に対する適用金利は15.0%となり、毎月の返済額は、36回払いのケースでは41,598円となり、まとめる前の43,381円と比べると1,783円安くなります。

毎月これだけの差額になるので、返済が負担になっている方は特に借換専用ローンの利用価値は高いでしょう。

まとめる前と後の返済額の違い

借入額 適用金利 毎月の返済額
(36回払いの場合)
50万 18.00% 18,076円
40万 18.00% 14,460円
30万 18.00% 10,845円
返済合計額 43,381円
借入額
(まとめた120万)
適用金利 毎月の返済額
(36回払いの場合)
まとめたことで
お得になる金額※
120万 15.00% 41,598円 64,188円
120万 7.70% 37,437円 21,3984円
120万 4.70% 35,803円 27,2808円

(備考:アコムHPのシミュレーションにより作成)
(※備考:(43381-41598)×36で算出。以下同じ)

「お金のやり繰りが厳しく、毎月の返済額を減らすことを第一目標としたい」という場合でも、借換専用ローンは対応できる

アコムの借換専用ローンは、総支払利息の額は増えますお金のやり繰りが厳しく毎月の返済額を減らしたい方にも対応しています。アコムの借換専用ローンでは、長期のローンを組むことが可能で、最長で借入日から13年7ヶ月の返済期間となっているので、毎月の返済額を減らしたい方には便利なシステムです。

アコムの借換専用ローンのデメリットはある?

① 5社以上の借入は審査落ちする可能性が高いので、まず返済を続け、3社か4社に減らしてから申し込むほうが良い

アコムの借入専用ローンでは、5社以上の借入では審査に落ちる可能性が高いので、はじめに返済を続けて、3社か4社に減らしてから申込した方が良いでしょう。注意点としては、借入をしている件数には、銀行などのローンやクレジットカードのショッピングは含まれません。

② 深く考えずに返済期間を長くしてしまうと、総支払利息が借換前より多くなってしまう場合がある

アコムの借入専用ローンのデメリットは、返済回数などを考えないで返済期間を単純に長くしてしまうと、総支払利息が借換前よりも多くなるケースがあるということです。複数の借入を借入専用ローンで一つにまとめることで、毎月の返済額は軽減されますが、総支払利息に注意して借入期間を決めることが大切です。

③ 金融事故を起こしていると審査落ちする可能性が高い

アコムの利用を検討している方は、借入専用ローンの場合も金融事故を起こしていると審査に落ちる可能性が高いです。これは、アコムが個人信用情報機関であるシー・アイ・シーと(CIC)と日本信用情報機構(JICC)に加盟していて、金融事故情報が保存されているためです。

4種類の金融事故

長期延滞 2、3カ月以上の延滞があった場合
代位弁済 債務を保証会社がかわりに支払った場合
債務整理 任意整理や自己破産をした場合
強制解約 支払いが延滞し、強制的に契約を解除された場合

④ 過去にアコムを利用し、問題を起こしていた場合

金融事故のケースでは、内容のよっては5から10年経てば記録が消えることになっていますが、アコムで返済を延滞したままになっていた場合や任意整理に含まれていた場合、それらの記録は消えることがないため、何年経ってもアコムの審査に落ちる可能性が高いでしょう。


⑤ 追加借入ができない

アコムの借換専用ローンは、一度借換専用ローンを利用すると完済するまで追加借入ができないデメリットがあります。通常のカードローンと比較してみると、カードローンでは限度額内で何度も借りることができますが、借換専用ローンでは同じような追加借入ができないので注意しましょう。

アコムの借換専用ローンは借入をまとめることで適用金利が下がり、毎月の返済額を軽減できるのでおすすめ!

アコムは借換専用ローンを利用することで適用金利を下げることができ、毎月の返済額を減らすことができるメリットがあります。実際にアコムの借換専用ローンを申込する際には、保証人が不要なので利用しやすいことも利点の一つです。

アコムの魅力は多くの実績があり、信頼性が高いカードローン会社で、借換専用ローンも利用して長くつきあっていく場合でも、安心して利用できるカードローン会社です。安心して利用できる借換専用ローンを検討している方は、信頼性が高く利便性が高いアコムがおすすめです。

アコム
  • 最短30分の審査時間!お急ぎの方にオススメ
  • 土日祝日でも即日キャッシングが可能
  • 初めての方には嬉しい実質年率0円サービス
30日間 金利 0 円サービス!
土日祝日でも、即日キャッシングが可能です。 パート、アルバイト、派遣社員の方も一定の収入があればお申込みができます。 大手消費者金融なので安心してキャッシング!
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 1~800万円 30分 最短1時間
※20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
ページの先頭へ