アイフルを銀行カードローンと徹底比較。すぐに借入れしたい場合、どちらを選ぶのが得策? - 人気コラム | ローン研究Lab

アイフルを銀行カードローンと徹底比較。すぐに借入れしたい場合、どちらを選ぶのが得策?

アイフルと銀行カードローン結局どちらがオススメなの?

審査が最短30分で即日融資にも対応しているアイフルは、今すぐ借入したい場合におすすめです。

銀行カードローンは暴力団関係者への融資や総量規制の問題から、2018年以降、即日融資不可となりました。これを機に、カードローンによる即日融資が可能な無人契約機も廃止されています。銀行カードローンで即日融資ができないことから、すぐに借入したい場合、最短30分で審査が完了して即日融資も可能なアイフルがおすすめです。

アイフルと銀行カードローンを項目別に徹底比較!

審査 即日融資 金利
アイフル height=
アイフル
最短30分 最短1時間 3.0%~18.0%

みずほ銀行カードローン
2~3営業日 不可 ※年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン height=
三井住友銀行カードローン
最短翌営業日以降 不可 4.0~14.5%

審査時間

アイフルはインターネット・電話・来店で申し込みできますが、全て同じ審査をしていて最短30分で審査が完了します。銀行カードローンもWEBや電話、郵送などいくつかの方法で申し込みできますが、最短で翌営業日に審査結果の回答となります。

即日融資も可能なアイフルでは、急ぎの融資にも対応しています。急ぎの融資を希望の方は、申し込み完了後に届く「アイフルカード申込・受付完了メール」を受信後、フリーダイヤル0120-337-137(受付時間9:00~21:00)に連絡し、急ぎの融資を希望していることを伝えると審査を優先してもらえます。

電話かメールで審査結果の回答があるので、審査に通ったらそのままインターネットから申し込むか来店して契約手続きを進めると、すぐに融資を受けられます。即日融資や急ぎの融資に対応しているので、すぐに借入したい方には審査が最短30分で完了して申し込み当日の融資も可能なアイフルが利用しやすいでしょう。

即日融資

最短30分で審査が完了するのが特長のアイフルは、融資までの時間も短く、申し込みから最短1時間で融資が可能です。

一方、銀行カードローンは、審査の回答が最短で翌営業日で即日融資は不可なので、申し込み日当日に融資を受けることができません。申し込んだ時間帯によってはできない場合もありますが、即日融資を希望する方は、アイフルに申し込みましょう。

申し込みの流れや提出の必要な書類を事前に把握しておくと、スムーズに契約できるので、アイフルの申し込みから借入までの流れと必要な書類を確認しておきましょう。返済日や返済方法も併せてご紹介します。

アイフルのキャッシングローン申し込みから借入までの流れ

    • ①インターネット・電話・店舗や契約ルームから申し込み。
      ※インターネットからは24時間申し込み可能です。また、急ぎの融資を希望の方は、インターネットから申し込み後、フリーダイヤル0120-337-137に連絡してください。
      ※電話で申し込みする方は、以下のフリーダイヤルに連絡してください。受付時間は9:00~21:00です。

【アイフルのフリーダイヤル】
・はじめての方専用0120-201-810
・女性オペレーター対応の女性専用ダイヤル0120-201-884
・会員専用ダイヤル0120-109-437

※来店して申し込みする方は、本人確認書類を必ず持参してご来店ください。契約内容によっては収入証明書類も必要となる場合があります。

  • ②最短30分で審査。インターネットから申し込んだ場合、メールか電話で審査結果の回答。
  • ③契約手続き。本人確認書類の提出が必要です。
    限度額が50万円を超える方、アイフルの限度額と他社の借入総額が100万円を超える方、アイフルが審査過程で確認したいとされた方は、収入証明書類も必要です。必要書類は書類提出サービスやメールから提出可能です。
  • ④借入。アイフルのATMや提携ATMでの借入の他、インターネットや電話で振り込み予約をするとお客様の銀行口座に振り込み融資してもらうことも可能です。

必要書類について

    • [本人確認書類]
      アイフルのキャッシングローンに申し込む際は、本人確認書類の提出が必要です。本人確認書類として運転免許証が推奨されていますが、持っていない方はパスポート、住民基本台帳カード、特別永住者証明書、在留カード、氏名・住所・生年月日の記載された公的証明書類、個人番号カードといった顔写真付きの本人確認書類も認められています。本人確認書類に記載の住所が現住所と異なる場合、現住所が記載された健康保険証やパスポート、年金手帳や母子健康手帳といった本人確認書類、直近2回分までの領収印のある公共料金領収書、発行日より6ヶ月以内の住民票、納税証明書、印鑑登録証明書といった氏名、住居、生年月日の記載のある官公庁発行書類いずれかの原本1点の提出も必要です。顔写真付きの本人確認書類をお持ちでない場合、健康保険証、年金手帳、母子健康手帳のいずれか2点の提出も認められています。2点用意できない方は、健康保険証、年金手帳、母子健康手帳のいずれか1点と併せて、戸籍謄本(抄本)、住民票、住民票記載事項証明書などからいずれか1点、もしくは、公共料金領収書や官公庁発行書類などからいずれか1点の提出も可能です。
    • [収入証明書類]
      収入証明書類の提出が必要な場合、源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書、確定申告書、所得証明書のいずれか1点を提出してください。給与明細書は直近2ヶ月分の提出が必要です。住民税の記載があれば1ヶ月分のみで可能となる場合があります。賞与支給のある方は、1年以内の賞与明細書も提出してください。個人番号(マイナンバー)や基礎年金番号が記載された書類を提出する場合、番号が見えない状態での提出をアイフルが依頼しています。

アイフルの返済日・返済方法について

アイフルでは「毎月約定日払い」か「35日サイクル制」のご都合の良い返済日を選ぶことができます。約定日制では毎月一定の返済日を指定することができ、返済日までの10日間が返済期間です。口座振替の方は、返済日に指定した金融機関から自動引き落としされます。

35日サイクル制では、返済日の翌日から35日後(初回借入時は借入した翌日から35日後)が次回返済日となります。サイクル制は返済日の前であれば、いつでも返済可能です。

借入残高がある時に追加で借入しても返済日は変わりません。返済日が土・日、祝日やアイフルの休業日にあたる場合は、翌営業日となります。

アイフルでは希望すれば返済日の3日前に支払日を知らせる「aiメール」のサービスがあります。aiメールは新サービスや限度額の増額などを知らせるメールも送信されます。登録や利用は無料なので、返済日が心配な方は登録すると良いでしょう。

返済には振り込み、店舗窓口、アイフルATM、提携ATM、コンビニ、口座振替が利用できます。ただし、提携ATMやコンビニから返済した場合、1万円以下で108円、1万円超で216円の手数料がかかります。(※2019年9月現在)借入時も2019年9月現在、1万円以下で108円、1万円超で216円の手数料が発生し、次回返済時に精算されます。

金利

審査時間が短くて融資までがスピーディーなのが魅力のアイフルですが、アイフルの金利は3.0~18.0%なのに対し、みずほ銀行カードローンは※年2.0~14.0%、三井住友銀行カードローンは4.0~14.5%と、銀行カードローンと比較すると金利はかなり高くなります。

<例>
10万円を10回返済でキャッシングしたとき、

みずほ銀行カードローン(実質年率14%)の返済総額は106,530円
三井住友銀行カードローン(実質年率14.5%)の返済総額は106,770円
アイフル(実質年率18%)の返済総額は108,430円

となりみずほ銀行カードローンとアイフルの差額は1,900円にもなります。

融資を急いでいない方で、利息の負担を抑えたい方や長期的な借入を希望する方には、銀行カードローンがおすすめです。

消費者金融アイフルの3つのメリット

30日間の無利息サービス

アイフルの利用が初めてで、無担保キャッシングローンを利用する方限定で、契約日の翌日から30日間無利息で利用できるサービスが用意されています。

アイフルでは利用した日数分のみ利息が発生し、契約で定められた金額以上の返済や一括返済も可能なので、無利息期間が終了しても早めに完済できれば、利息を最小限に抑えることができます。無利息期間中に完済すれば、利息はありません。短期的な借入希望の方は、利息を抑えやすいので特におすすめです。

ただし、無利息期間中に返済日が来る場合、残高に応じて返済が必要となり、返済に遅れた場合は無利息期間が終了となる場合があります。

WEB完結

アイフルには申し込みから契約までWEBで完了するWEB完結があります。WEB完結では来店せずに契約できるので、外出したくない方やお忙しい方でも、スマートフォン・パソコンから24時間申し込み可能なWEB完結は大変便利です。

契約時に「カードレス」を選択し、口座振替登録をすれば、郵送物が一切なく契約できる点も魅力です。

アイフルの公式スマホアプリを利用すると、セブン銀行ATMから24時間365日借入・返済できますが、カードレス契約後にアイフルカードを発行することも可能です。スマホアプリでは利用残高や返済金額などの利用状況の確認や、利用限度額の増額の申し込みもできます。スマホアプリを使った借入・返済は以下の操作手順で行うことができます。

〈スマホアプリを使った借入・返済方法〉
①スマホアプリにログイン
②スマホATMで「融資」もしくは「返済」を選択
③セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を選択
④QRコードが取引画面に表示されるので、アイフルのスマホアプリでQRコードを読み取り「次へ」を押す
⑤QRコードを読み取ると企業番号が表示されるので、セブン銀行ATM取引画面に企業番号を入力
⑥セブン銀行ATM取引画面に暗証番号を入力
⑦取引金額を入力

各種電子交付書面がWEBページに掲載されるとお客様にメールが届き、会員メニューログイン後に内容を確認できる電磁的交付サービスを利用することで、契約後も郵送物が一切届きません。

ただし、メールの送信ができなくなったり、会員メニューにログインできなくなった場合、法令で交付義務の定められた書面が自宅に届けられる場合があります。郵送物はアイフルの名前が記載されていない封筒やハガキが使用されます。

1秒診断

アイフルでは申し込み前に年齢(満20歳以上69歳未満の方が利用可能)、雇用形態、年収、他社借入金額(自動車ローンと住宅ローンを除いた消費者金融、信販会社、銀行などでの借入金額の合計)の4項目を入力するだけで融資可能かチェックできる「1秒診断」を受けることが可能です。

審査が心配な方も、安心してアイフルのキャッシングローンに申し込むことができます。

アイフルは専業主婦が利用できない

総量規制が適用される消費者金融のアイフルでは、年収の3分の1までの借入しかできないので、本人に収入のない専業主婦は残念ながら借入できません。しかし、満20歳以上69歳未満で定期的な収入と返済能力を有し、アイフルの審査基準を満たす方であればアイフルと契約可能です。

パートやアルバイトや派遣社員も定期収入があると見なされるので、主婦の方でアイフルを利用したい方は、パートやアルバイトを始めましょう。専業主婦でも利用可能な銀行カードローンがあるので、パートやアルバイトをするのが難しい主婦の方で融資を急いでいなければ、専業主婦も利用可能な銀行カードローンがおすすめです。

みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンについて

アイフル、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンは融資限度額が800万円という点は共通していますが、金利や特長は異なります。

みずほ銀行カードローンの基本情報と特長

みずほ銀行カードローンの借入額は10万~800万円、金利は※年2.0~14.0%です。みずほ銀行の住宅ローンの利用で金利が年0.5%引き下げられるので、年1.5~13.5%となります。

みずほ銀行カードローンでもインターネットから24時間申し込み可能なWEB完結があります。みずほ銀行のキャッシュカードをお持ちの方は、カードローン申し込み後にお持ちのキャッシュカードでカードローンを利用できます。

みずほマイレージクラブに加入し、月末時点でカードローンの借入残高がある場合、翌々月のコンビニATMの時間外手数料が月4回まで無料になります。

三井住友銀行カードローンの基本情報と特長

三井住友銀行カードローンの借入額は10万~800万円、金利は契約限度額に応じて4.0~14.5%が適用されます。

毎月の返済は返済時点での借入残高に応じて約定金額が設定され、2,000円からの返済なので、初めてカードローンを利用する方も無理のない返済が可能です。

三井住友銀行の口座とキャッシュカードをお持ちであれば、申し込みから契約まで来店不要のWEB完結を利用できます。口座をお持ちでない方でも、必要書類をWEBから提出できるので、来店不要ですぐにカードローンに申し込み可能です。

三井住友銀行ATMはもちろん、イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATM、ゆうちょATMならATM利用手数料と時間外手数料を無料で利用できます。返済方法はATM、インターネットバンキング、口座振替から、返済日は毎月5日、15日、15日、月末から選択できます。

銀行カードローンに引けを取らないアイフルがおすすめ

アイフルには「最短30分審査」「即日融資」「30日間無利息期間」といった銀行カードローンにはない魅力的なキャッシングローンを利用できる消費者金融です。銀行カードローンと比較すると金利は高いですが、急ぎの融資にも対応しているので、申し込んでからすぐに融資を受けたい方はアイフルを検討してみてください。

  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!
  • 最短30分審査、最短1時間で融資可能!
  • ご融資可能か1秒診断で確認
  • 来店不要で、ネット契約!
最短30分審査,最短1時間で融資完了。
申込み→審査→契約→借入れのわずか4ステップで完了。
ご融資可能か1秒診断で確認でき、来店不要のネット契約!
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0〜18.0% 800万円 最短30分 最短1時間
※ お申し込みの時間帯により、翌日以降になる可能性有り。
※ ご連絡した時間帯によっては、お急ぎの融資のご希望にそえない可能性有り。
ページの先頭へ