プロミスのキャッシングを最短ルートで実現する方法。無駄な経由を挟まない審査が心配な方にもおすすめ申込手順 - 人気コラム | ローン研究Lab

プロミスのキャッシングを最短ルートで実現する方法。無駄な経由を挟まない審査が心配な方にもおすすめ申込手順

目次

プロミスの即日融資を最短ルートで実現させるには?

プロミスの審査営業時間を考えて、最低でも20時までには申し込みを完了させる必要がある

プロミスを利用する方は、審査営業時間が9時から21時までとなっているので、最低でも20時までには、申込を完了させる必要があります。忙しいサラリーマンの方でも20時までに申込みを完了させることはできるので、プロミスの審査営業時間は利用者の視点に立ったものとなっています。

もしも申込が20時以降になった場合は、プロミスの審査は翌営業日の9時以降になるので本当に急ぎで即日融資を受けたい方は、20時に間に合うように申込をするのがおすすめです。

プロミスでは、インターネット、自動契約機、ローン契約機、電話、店頭窓口などで申込ができますが、店頭窓口以外は審査実施時間が9時から21時となっているので気をつけましょう。店頭窓口の審査実施時間は平日10時から18時となっているのでインターネットなどの審査実施時間と違うことを把握して利用してください。

最短ルートで即日融資を実現するには、インターネット申込がおすすめ

プロミスの即日融資を最短ルートで実現する方法として、インターネット申込があります。インターネット申込は、「パソコン」、「スマートフォン」、「携帯電話」から行うことができるので、時間のある時にいつでも申込ができる利点は大きいでしょう。

忙しい方にとっては、空いている時間を有効に利用してスマートフォンでインターネット申込ができることは、少しでも早く融資を受ける為の第一歩と言えます。インターネット申込は、24時間365日受付可能となっていますが、審査営業時間は、9時から21時までとなっているので注意が必要です。

インターネット申込も他の申込手続きと同じで、20時までに申込を完了しないと、審査の結果が出るのは翌営業日の9時以降となるので、知っておいた方がより確実に手続きを進めることができます。

プロミスの即日融資はスピード審査とweb申込を平日13時までに申込めば「最短1時間で融資」が可能

プロミスの最短ルートで融資を受けるには、インターネット申込を利用した場合、24時間受付が可能となっているので、審査営業時間前に申込を済ませておけば最短で審査を開始してもらうことが可能です。

プロミスの利用を検討している方の中には、他のカードローンと比較して最終的に申込むかどうか判断したい方もいますが、もしも申込をすることに決定したのが夜中でも、プロミスの申込は24時間受付ているので、すぐに申込ことができて便利でしょう。

また、プロミスの即日融資は借入シミュ―レーションと言われるスピード審査を受けてWeb申込を平日の13時までに行えば、来店不要で「最短1時間」で融資を受けることができるメリットがあります。

「プロミス」と「SMBCモビット」と「アコム」の即日融資の時間を比較

即日融資の時間について、プロミスとSMBCモビット、アコムで比較してみると審査時間については、SMBCモビット、プロミス、アコムともに最短30分となっています。審査時間については、申込から審査結果が出るまでの時間となり、プロミスでは、メールか電話で審査結果の通知があります。

プロミスは最短30分で審査結果が出るので忙しい方にも安心して利用できるでしょう。融資時間については、プロミスとアコムともに最短1時間と短いです。

SMBCモビットの融資時間は、最短即日となっていますが「Web完結」で手続きをしている場合は、審査結果が出てから入会手続きをして、入会完了メールが届いたらすぐに融資を受けることができます。

他社との融資時間の比較

審査時間 融資時間
プロミス
プロミス
最短30分 最短1時間

SMBCモビット
最短30分 最短即日
アコム
アコム
最短30分 最短1時間

プロミスで無駄を省いた申込手順

① インターネットからお申込み

プロミスで無駄を省いて申込をする場合は、インターネットを利用して申込するのがおすすめです。インターネットでの申込は、最短ルートで融資を受けることができるだけでなく、店舗などにわざわざ行かないで手続きができるので便利でしょう。インターネットでの申込をする際は、契約方法を「Web」か「来店」選択することから手続きが始まります。

店頭に行く時間がない場合や面倒な場合は、「Web」の契約方法を選択すると良いでしょう。「Web」の契約を選択した場合、Webで契約した後の実際の借入の手続きで「カード不要」を選択した方はWeb完結となり、手続きが終わり借入することができます。

インターネットを利用して申込んだ方で「来店」を選択した場合は、審査結果が出た後に店頭に行きローンカードを発行してもらうことですぐに借入ができるシステムになっています。

② 審査結果の連絡

プロミスの審査結果は、最短30分で完了して電話かメールで契約可能額の知らせが届くシステムになっています。メールで審査結果が届く場合は、インターネットで契約可能額が表示されるので確認しやすくて便利でしょう。

審査結果が出るのが遅い場合は、プロミスのフリーコール(0120-24-0365)に電話して、審査の状況を確認してみるのも一つの方法です。審査結果が遅い原因として、申込者が多く審査に時間が掛かっているケースもあるので、フリーコールで審査の状況を把握することで焦らないで済むこともあります。

③ 融資開始

審査に通過すればプロミスの手続きでは、実際に融資を受けることになります。もしも早く融資を受けたい場合は、その場で借入が可能な自動契約機がおすすめです。自動契約機の受付時間は、9時から22時(年末年始は除く)となっているので仕事帰りに利用することもできて便利でしょう。

自動契約機は、土日、祝日も申込が可能なので平日はどうしても時間がない方でも利用できるメリットがあります。プロミスの自動契約機の良い点は、誰にも会わずに申込ができる点でしょう。また、ローンカードが欲しいと審査通過した後に思った方でも自動契約機で、審査通過後にローンカードを発行してもらえるので便利です。

審査落ちには注意!審査落ちする人の特徴3選

総量規制

プロミスは消費者金融に該当する為、総量規制が適用され他社で借入していて総借入額が年収の3分の1を超えていると審査に落とされてしまいます。総量規制とは、貸金業法で決められている規制になり、多重債務などから消費者を守る為のものであり、年収の3分の1を超えての貸付が原則禁止されている規制です。

プロミスに申込をする前に、借入が可能かどうか簡易的に判断したい場合は、プロミスの借入シミュレーションを利用すると良いでしょう。借入シミュレーションでは、生年月日、年収、現在の借入金額を入力するだけで簡易審査を受けることができるので便利でしょう。

プロミスで即日融資を受けたいと考えている方は、事前に自分の年収と他社借入額を照らし合わせて確認することは最低限必要なことです。

信用情報に傷がある

カードローンの利用する場合に気になるのが信用情報に傷があるかどうかですが、プロミスでも審査に落ちるケースとして信用情報の内容が影響することがあります。例えば、過去にローンやクレジットカードで滞納、任意整理、自己破産などの金融事故を起こしている場合は、審査に落とされることがあります。

一度、信用情報機関に登録されてしまうと、場合によっては5年程度は情報が残ってしまうので注意が必要です。日本にある指定信用情報機関は、株式会社日本信用情報機構(JICC)、株式会社シーアイシー(CIC)などがあります。

※日本貸金業協会の信用情報機関の解説
参考サイト:https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/law/designated_credit.php

スーパーホワイト

プロミスで審査に落ちるケースとして信用情報に何も情報がない「スーパーホワイト」でも審査に落ちてしまう可能性があります。スーパーホワイトの方は、カードローンなどをまだ利用したことがないこともあり、プロミスにはじめて申込んで審査に落ちた場合は、理由がわからない方がかなりいます。

ここでの注意点としては、スーパーホワイトの定義ですが、スーパーホワイトは、「およそ30歳以上で、信用情報の登録が一切ない方」となっているので自分が該当すると思ったら、カードローンなどの審査にも影響すると判断した方が無難でしょう。

20代前半などで年齢が比較的若い方では信用情報に情報がなくて当たり前なので、それほど気にしなくても大丈夫です。

審査が不安な方におすすめ!審査に通るポイント3選

① 借入希望額を低めに設定する

プロミスの審査に通る為の方法として、借入希望額を低めに設定することが挙げられます。多くのカードローンも同じですが、借入希望額を低めにすればするほど審査に通る可能性が高くなります。

プロミスでは、借入限度額を1万円から500万円までとなっていますが、カードローンを利用した実績などがない場合は、多額を借りることができない場合があります。その為、一度低い借入希望額を指定して、確実に審査に通ってから後で増額申請をする方法がおすすめです。

プロミスの増額申請は、利用限度額変更申込の手続きをする必要がありますが、インターネットからでも申込ができて、限度額変更申込当日から利用限度額の変更が可能で、来店手続きが不要であるので利用し易いでしょう。

② 信用情報を確認する

プロミスの審査が不安な方は、自分の信用情報を申込事前に確認することができます。信用情報の確認の方法としては、信用情報機関に情報開示を請求する手続きとなります。

例えば、株式会社シーアイシー(CIC)で自分の信用情報を確認する為には、窓口請求の場合は500円、郵送請求の場合は1,000円の手数料を払うことで簡単に確認できるシステムになっています。株式会社シーアイシー(CIC)がおすすめしている信用情報の確認の手続きとしては、インターネット開示がありこちらの手続きは早くで便利です。

インターネット開示の特徴としては、自宅のパソコンやスマートフォンで自分の信用情報をすぐに確認することが可能な点です。

③ 申し込みは正確に入力する

カードローンであるプロミスの審査の注意点として、申込時における虚偽申告や入力ミスなどで審査に落ちるケースが多いので、正確な情報を入力して申込むように気をつけましょう。特に勤務先情報や他社借入金額については注意が必要です。

勤務先情報は、プロミスが申込んだ方の会社における在籍確認の為に必要なことなので、勤務先の連絡先などはしっかりと入力するようにしましょう。プロミスは、申込んだ方が入力された勤務先で働いているかどうかを会社に電話して確認しますが、プロミスの担当者個人名で連絡がくるのでそれほど気にする必要はないでしょう。

インターネットを利用したプロミスの最短ルートでのキャッシングがおすすめ!

上手に即日融資に申込むと、最短ルートでキャッシングを実現できるサービスがプロミス

プロミスでは、上手に即日融資に申込むと、最短ルートでキャッシングができますが、スマートフォンやパソコンでプロミスインターネット会員ログインサービスを利用すれば、「瞬フリ」と言われる振込キャッシングが可能です。プロミスの瞬フリは、24時間、365日会員サービスから申込が可能です。

瞬フリを利用するには、条件がありプロミスの審査に通過していることと三井住友銀行かジャパネット銀行の銀行口座を持っていることなので事前に把握しておくと良いでしょう。

最短ルートでの申込はインターネットがおすすめ! 審査が不安な方は審査に通るポイントをおさえると安心

最短ルートでプロミスの申込をする場合は、インターネットがおすすめで、24時間、365日いつでも申込ができるので便利です。もしも審査に不安な方は、審査に通るポイントである借入希望額を低めに設定したり、自分で事前に信用情報を確認、申込時に正確に情報を入力するなど対策を取ることで落ちついて申込ができます。

土日審査も可能で、24時間振込融資を受けられるプロミスが利用価値が高い!

プロミスでは、土日審査も9時から21時まで可能で、24時間振込融資を受けられるので利用価値が高くおすすめです。平日は、仕事などで時間のない方でも土日審査がプロミスにはあるので、ゆっくりと申込ができます。土日審査の時間をしっかりと事前に把握しておけば、より早くプロミスに申込むことができてスムーズに24時間振込融資を受けることができるのでプロミスは利便性が高いと言えるでしょう。

プロミス
  • 初回時30日間無利息サービス
  • 50万円まで来店・収入証明不要
  • 最短1時間でご融資
SMBCコンシューマーファイナンスの銀行系カードローン。
審査に不安の方は申し込み前にお試し審査で確認。
提携ATMが全国各地に数多くあるので、借り入れ、返済にとても便利です。

今日中に借りたい方
今日中に借りたい方は「フル入力」からお申し込みをしてください。
入力の手間を省きたい方
かんたん入力」からお申し込みをしてください。入力項目が少なく簡単で、残りの項目は電話で相談しながら申し込みできます。
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分 最短1時間
※詳しくはプロミス公式サイトでご確認ください。
ページの先頭へ