SMBCモビットを低金利で利用する。金利も早さも重視したい方向け【二兎を追う者二兎得えてしまう両獲り借入れ術】 - 人気コラム | ローン研究Lab

SMBCモビットを低金利で利用する。金利も早さも重視したい方向け【二兎を追う者二兎得えてしまう両獲り借入れ術】

目次

SMBCモビットは低金利?他社消費者金融との比較

SMBCモビットは、SMBCグループで銀行系列のカードローン会社のため、安心して利用できるのが魅力

SMBCモビットは、SMBCグループの銀行系列カードローン会社なので、安心して利用できる点が魅力の一つです。他のメリットとしてSMBCモビットは、審査が早くWEB完結などの利便性が高いシステムもあるので人気のカードローンです。

WEB完結では、電話連絡と郵便物が不要で利用できるので、知合いや家族にSMBCモビットの利用を知られたくない場合には、丁度良いでしょう。また、SMBCモビットの金利は実質年率3.0%から18.0%なので金利が気になる方も利用できるのも利点です。

プロミスと金利を比較してみると、プロミスでは、下限金利が4.5%であるのに対して、SMBCモビットは、3.0%なので良心的な金利の設定になっています。

SMBCモビットと他社との比較

SMBCモビット height=
SMBCモビット
アイフル height=
アイフル
アコム height=
アコム
プロミス height=
プロミス
レイクALSA
レイクALSA
分類 銀行系消費者金融 専業(消費者金融) 専業(消費者金融) 専業(消費者金融) 専業(消費者金融)
金利 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8% 年4.5%~18.0%
限度額 800万円 800万円 800万円 500万円 500万円
来店不要
口座開設不要
郵送物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡無し ◯WEB完結申込のみ

カードローンを決めるときには借入金利と融資のスピードが気になるところ

SMBCモビットの金利は、他社カードローンと比べて下記のようになっています。

  • ①上限金利は、ほとんどのカードローンも同じ。
  • ②下限金利はプロミスやレイクalsaと比べて低くなっているのと、融資限度額は800万と一番高い。

SMBCモビットは、銀行系消費者金融のため安心感もあるので、このようなことを考慮に入れると、融資の条件は他のカードローンよりも良いと言えます。上限金利は、SMBCモビットも含め多くのカードローンが18.0%なのでほとんど変わりません。

下限金利を見てみると、プロミス、レイクの4.5%と比べるとSMBCモビットは3.0%となっていているのもSMBCモビットのメリットです。

SMBCモビットと他社カードローンの金利の比較

SMBCモビット height=
SMBCモビット
アイフル height=
アイフル
アコム height=
アコム
プロミス height=
プロミス
レイクALSA
レイクALSA
金利 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8% 年4.5%~18.0%
限度額 800万円 800万円 800万円 500万円 500万円

SMBCモビットは10秒簡易審査と最短即日融資が魅力!

①SMBCにあって他社にないサービスが「10秒簡易審査」

SMBCモビットの特徴として、他のカードローン会社にはない「10秒簡易審査」があります。こちらの審査は、少ない項目の入力で借入可能かどうかわかるので便利です。

②簡易審査ではあるが、モビットの10秒簡易審査は正式なもので、かなり正確性が高い

10秒簡易審査を利用できるSMBCモビットですが、10秒と時間の短い簡易審査であっても、かなり正確性が高いので、少しでも早く借入可能か知りたい方にとっては、利便性が高いです。

③他社の簡易審査と違い、SMBCモビットの10秒審査は本審査並みの正確性があり、SMBCモビットでお金を借りられるかを早く判断することが可能

SMBCモビットの簡易審査のメリットは、10秒の審査であるだけでなく本審査並みの正確性があるので、他のカードローンと比較しても早く借入できるか判断することができます。

④入力する情報は、本人情報、自宅に関する情報、勤務先に関する情報、借入に関する情報

SMBCモビットの10秒簡易審査では、入力する情報が名前や性別などの本人情報と、メールアドレス、携帯番号などの連絡先情報と、借入希望額などの情報になっています。
情報を入力している時に、簡易審査申込フォーム入力完了度がその時点で何パーセントなのか表示されるので、どれくらいの目安で入力が終わるか想定しながら情報入力できるので便利です。

⑤10秒簡易審査は正式なもののため、それに通過すれば、次の本審査もスムーズに早く進むことが多い

10秒簡易審査と聞くと、参考程度のものだと考えがちですがSMBCモビットの10秒簡易審査は正式なものとなっていて、10秒簡易審査に通過した方は、本審査も問題なくスムーズに進むケースが多いのもSMBCモビットのメリットです。

⑥SMBCモビットは最短即日融資が可能で、10秒審査と組み合わせるため、より早い審査が可能

最短即日融資が可能なSMBCモビットですが、申込みの手続きが10秒審査と組み合わせるので、より早い審査を可能としています。少しでも早く融資を希望する場合は、ホームぺージから申込を行い、フリーコール(0120-03-5000)に電話することですぐに審査を開始してもらう方法もあります。

⑦本審査の結果待ちの状態で、本人確認書類などを送信しておくと、よりスムーズにお金を借りることが可能

SMBCモビットでは、本人確認書類の提出が必要ですが、本審査結果待ちの時に、運転免許証などの本人確認書類を送信しておくと、借入の手続きが早く進むので結果的に、よりスムーズに借入することができます。運転免許証がない方は、健康保険証やパスポートでも問題ないです。



SMBCモビットの金利を下げる方法はある?

 

SMBCモビットの金利を下げる方法はある?

 
 

SMBCモビットの金利を下げる方法は、限度額を100万円以上にして「増額」をすることで自動的に上限金利が下がる

 

借入に対する金利を下げる方法として、SMBCモビットの場合は、借入を「増額」することが挙げられます。借入限度額を多くする「増額」を行い、限度額が100万円以上になると、自動的に上限金利が下がるので知っておくと良いでしょう。

このような上限金利が下がる法律を利息制限法といって、おまとめローンなどを利用する際に適用されるケースもありカードローンの利用者にとっては有り難い法律です。利息制限法があるので、簡単に増額するのではなくて、計画的に考えて増額することで適用金利やその他のメリットがあると判断した時に、増額を検討するのが安全な利用の方法です。

 

借入限度額が100万円をこえると、金利の上限が18%から15%に下がるため、金利を下げることが可能

 

利息制限法の例として、借入限度額が100万円以上になると、金利の上限が18%から15%に下がるため、金利を下げることができます。18%の金利は、利息制限法によって10万円から100万円未満の場合となっていて、多くの方が上限金利18%でカードローンなどを利用しているでしょう。

また、借入額が10万円未満のケースでは、上限金利は20%となっていますが、法律で決まっている上限金利である20%の上限に設定されています。SMBCモビットやアイフル、アコムの上限金利を見てみると、18%となっていて消費者金融の上限金利の基準となっています。

利息制限法の上限金利

借入額 上限金利
10万円未満 20.00%
10万円~100万円未満 18.00%
100万円以上 15.00%

 

毎月千円でも多く返済したり、繰上返済を行うと、総支払金額は減ることになり実質金利を下げることと同じ効果がある

 

SMBCモビットの利用する際に工夫できる点として、毎月千円でも多く返済したり、繰上返済を行うことで、金利は低くなりませんが「総支払期間」は短くなるので、総支払金額が減ることになります。こうすることで、実質金利を下げることと同じ効果があるので、最小限の総支払額で済ませたい方には良い方法です。

繰上返済とは、毎月の返済以上の金額を返済することで、返済期間を短くするものです。SMBCモビットで繰上返済をする方法は、毎月の返済額よりも多い金額を支払いすることで自動的に繰上返済として処理されるシステムになっているので簡単です。また、SMBCモビットの繰上返済は、提携ATMを利用しての返済か、銀行振込による手続きになります。



SMBCモビットのWEB完結は審査なしでより素早い融資が可能!

SMBCモビットのWEB完結は、「電話連絡なし」で社会保険証を見て在籍確認をするため、より早く審査をすすめることができる

WEB完結の申込は、SMBCモビットにもありますが、手続きのメリットとして「電話連絡なし」で社会保険証を見て在籍確認をするので電話での在籍確認よりも早く審査を進めることができます。

電話連絡不要であるのは、家族にSMBCモビットの利用をバレたくない方などにとっては、電話連絡がないので見つかることを未然に防ぐことができて安心して利用できます。

WEB完結は、カードの発行もなく自動契約機にカードを取りに行ったり、郵送で送られてくるのを待つ必要がない

SMBCモビットのWEB完結の手続きは、カード発行がなく公式のスマホアプリを利用して借入や返済ができるため、自動契約機にカードを取りに行ったり、郵送で送られてくるのを待つ必要がない利点があります。公式アプリは、24時間利用が可能で増額審査申込み、支払予定日登録、約定支払日変更などが行える便利なアプリです。

スマホアプリの機能の一つにスマホATM取引があり、モビットカード不要でセブン銀行ATMを利用して出金、入金ができるので利便性が高いです。

素早く審査を終えできるだけ早くお金を借りたい方には、WEB完結という方法がおすすめ

素早くカードローンの審査を終えて、早く借入をしたい方は、SMBCモビットのWEB完結の利用がおすすめですが、WEB完結には利用条件があるので気をつけましょう。

利用条件としては、本人確認書類の提出、給料明細書の提出、社会保険証または組合保険証の提示、さらに三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座振替の手続きができることとなっています。これらの銀行の口座名義は、申込をする本人の名義であることも条件となっています。

 

WEB完結を申込める条件

 

    <WEB完結を申込める条件>

  • ・本人確認書類の提出
  • ・給与明細書の提出
  • ・社会保険証または組合保険証の提示
  • ・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座振替の手続きができること

 

申込条件を満たすと「WEB完結」の審査が早く済み早く融資を受けられる

 

SMBCモビットのWEB完結の申込をする際に、本人確認書類などが必要ですが、申込みの内容に確認すべき事項がある場合は、例外的にSMBCモビットから確認の連絡がくるケースがあります。このような事態も想定して、お金が必要だと感じたら早めにWEB完結の申込をしておく方が良いです。

また、早く融資を受けたい時は、審査の結果がメールで届くのでメールのチェックを確実に行い、少しでも早く入会手続きをすることもポイントです。入会手続きの案内は、メールで送信されるので審査結果のメールはしっかりと確認することが大切でしょう。



安心感があり低金利で、最短即日融資のSMBCモビットはおすすめ!

SMBCモビットは三井住友フィナンシャルグループで安心して利用することができ、金利も低く、最短即日融資が可能なカードローン

SMBCモビットの大きな特徴は、三井フィナンシャルグループで安心して利用できる点です。三井フィナンシャルグループは、都市銀行である三井住友銀行や三井住友カードなどを傘下に持つ金融持株会社です。

SMBCモビットは安心して利用できる以外に、金利が低く、最短即日融資が可能なカードローンなので多くの方の要望に応えています。安心感があって低金利のカードローンを検討するなら、数多くあるカードローンと比較するとはっきりとした低金利、安心感のメリットがあるSMBCモビットが良いでしょう。

WEB完結を利用すれば、誰にもバレずに素早くお金を借入することができる

WEB完結の手続きでSMBCモビットのカードローンを利用すれば、家族や職場の方の誰にもバレずに素早く借入することができます。金利についても、利息制限法で借入を増額することで低い金利になる可能性が高いので、SMBCモビットを利用していく中で信頼を積み重ねていって借入の増額を可能になれば、将来的に金利が下げられる可能性があります。

安心感と低金利、スピード融資を兼ね備えているSMBCモビットはおすすめ!

SMBCモビットのメリットは、安心感と低金利、手続きのスピードなどがあり即日融資を希望する方で、金利と安心して利用できることを重視する方にはぴったりのカードローンでおすすめです。

アイフルやアコムとSMBCモビットとの大きな違いは、SMBCモビットが銀行系消費者金融であることですが、できれば銀行系のカードローンを利用したい方で即日融資ができるSMBCモビットは利用者の需要を満たせるカードローンだと言えます。

金利と安心感、スピード融資を兼ね備えたバランスの良いサービスを展開するSMBCモビットは、他の消費者金融で満足できない方にもおすすめです。

SMBCモビット
  • 郵便物なし!
  • WEB完結なら会社への電話連絡なし!
  • 契約からキャッシングまでウェブで完結
お急ぎの方も当日融資が可能なモビット。原則24時間最短3分でお振込可能。
※申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります。
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0〜18.0% 1万円~800万円 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります。
当日融資
※原則24時間最短3分でお振込可能
※申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります。

ページの先頭へ