アコムのACマスターカードのデメリットとは? 普通のクレジットカードとの違いもわかりやすく説明 | 人気コラム | ローン研究Lab

アコムのACマスターカードのデメリットとは? 普通のクレジットカードとの違いもわかりやすく説明

ACマスターカードの基本情報を解説

消費者金融カードローンのアコムはACマスターカードというクレジットカードを発行しています。ACマスターカードは消費者金融会社が発行する唯一のクレジットカード(2019年1月時点)で、通常のクレジットカードと比べるとポイントプログラムや旅行保険が付いていないといったデメリットが目立ちます。

 

しかし、ACマスターカードはデメリットだけでなく、メリットもきちんとあるクレジットカードです。仕組みをきちんと把握すると、ACマスターカードは利用する方によってはとても魅力的なカードにもなります。

 

クレジットカードとは通常、銀行や信販会社が発行するクレジットカードですが、アコムが発行するACマスターカードは、消費者金融会社アコムが発行するクレジットカードです。大手消費者金融カードローンであるアコムは、審査が速く終わり、即日融資に対応している上に金利も低いという利用者人気の高いカードローンです。

 

 

https://gyazo.com/211b7c75881af3b2b1611a66191639d3

 

 

 

アコム SMBCモビット アイフル プロミス
分類 専業(消費者金融) 銀行系消費者金融 専業(消費者金融) 専業(消費者金融)
金利 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0%
限度額 500万円 800万円 800万円 800万円
来店不要
口座開設不要
郵送物不要
WEBで申込完結
クレジットカード発行 あり あり なし なし
電話連絡無し 〇WEB申込のみ
審査時間

 

 

ACマスターカードに関する基本情報

 

ACマスターカードは、大手消費者金融カードローンのアコムが発行しているクレジットカードで、デメリットが多いことで知られています。しかし、その一方で発行申込からの審査が早く、即日発行できることが高く評価されてもいるクレジットカードです。

 

 

ACマスターカードの基本情報
申込資格 20歳~59歳で安定した収入がある人
年会費 無料
手数料(利息) ショッピング  年10%~14.6%
キャッシング 年3%~18%
限度額 ショッピング 最高300万円
ショッピングとキャッシングの限度額 最高800万円
各回の支払い期日 35日ごとの支払い 毎月支払い
審査 最短30分
発行スピード 最短で1時間ほど

 

ACマスターカードの基本情報を見ると、まず年会費無料というメリットがあるとわかります。クレジットカードを維持するコストが無いというのは無視できないメリットです。

 

また、審査が最短30分で終わり、1時間ほどで発行できるのも、クレジットカードがすぐに必要な方には適しています。

 

そして、ショッピングとキャッシングの利用限度額が合計で800万円というのも、高額ショッピングをしたい方や、信用情報に良質なカード利用歴を作りたい方には見逃せません。

 

ACマスターカードを作る際には、付随するメリットとデメリットをしっかりと理解しておくことが大切です。

 

ACマスターカードのデメリットを解説 クレジットカードとの7つの違いとは?

 

ACマスターカードは、通常のクレジットカードと違う特徴が7つあるという、癖の強いクレジットカードです。まずはデメリットを把握することで、ACマスターカードについて詳しくなりましょう。

 

ACマスターカードのデメリット

  • リボ払い専用である

多くのクレジットカードはショッピングなどでカード利用をすると「利用して、翌月もしくは翌々月に1回払い」といった支払い方法がありますが、ACマスターカードにはそのようなシステムが存在しません。店頭で一括払いを行っても、自動的にリボ払いとなってしまうのがACマスターカードのデメリットです。

通常のクレジットカードは「一括払い」・「自動リボ」・「一回リボ」などの支払い方法を選択できますが、ACマスターカードはリボ払い一択となってしまいます。

  • 毎月の支払額が指定されている

ACマスターカードはリボ払いのみとなっており、毎月のリボ払いにおける支払額が指定され変更できません。リボ払いは毎月の支払額を多くすることで、リボ残高が早く減り、その結果として総支払利息を押さえられます。

 

しかし、ACマスターカードは利用額がすべてリボ払いになるのに加えて、毎月の支払額が低く抑えられる場合があります。これによって、すべて返済し終わるまでにかなり時間がかかることがあり、総支払利息も多くなりがちです。

 

毎月20日までのカード利用額を翌月6日までにすべて支払うと、利息がかからず1回払いと同様の扱いにもできますが、それをするには、インターネット上にて毎月の支払い手続きをする必要があります。常に1回払いをしたい方には、手間がかかるという点から適さないクレジットカードと言えるでしょう。

 

  • ポイントや特典が一切ない

通常のクレジットカードは、他社発行のクレジットカードの差別化を図るためにも、カード利用によってポイントを貯められるシステムがあったり、ユーザー特典を設けていてあったりします。

 

例えば髙島屋のクレジットカードではカード利用額に応じて8%や10%のポイントを貯めることができます。これは、高島屋でのショッピングが非常に効率的になります。

一方、ACマスターカードはポイントや特典が一切ありません。そのため、おトクなクレジットカードが欲しいという方には、ACマスターカードはおすすめできないものとなっています。

  • 審査では在籍確認や聞き取りが必ずある

 

カードの審査時には、職場へ在籍確認の電話がかかってきますし、申込者本人に電話がかかってきて、聞き取り(どうしてカードを作ろうと思ったのか、仕事内容は何かなど)が行われます。ACマスターカードでは職場へも申込者へも電話がかかってくるので注意しましょう。

 

申込後は、スマホへ電話がかかってきて聞き取りのために、一定の時間がかかります。この聞き取りが、家族などに聞かれてカードローン利用がバレないためには、回りへの配慮が必要です。なお、電話を無視すると審査に落ちますので、電話は必ず出ましょう。

 

  • クレジットカード部分だけ審査落ちする場合も

ACマスターカードはクレジットカードですが、通常のクレジットカードのようにクレジットカードにキャッシング枠が付帯されているというよりも、キャッシングのためのカードにクレジット利用枠がついていると考えた方が良いカードです。

 

ACマスターカードは、発行申込において受ける審査において、アコムカードローンよりも審査難易度がクレジット利用分だけ、若干高く設定されています。そのため、発行申込をして受ける審査にて、クレジットカードの審査に落ちたが、アコムカードローンのみに受かったということも起こります。

以上のことから、ACマスターカードのキャッシング枠は「アコムカードローン」であるということをしっかりと理解しておく必要があります。

 

  • ETCカードは発行できない

通常のクレジットカードはETCカードを発行できるものが多くありますが、ACマスターカードはETCカードを発行できません。

 

 

・海外旅行保険など保険がついていない

信販会社のクレジットカードの場合は、海外旅行傷害保険、旅行時の盗難保険、ショッピング保険などの付帯サービスがついていることが多くあります。クレジットカードを新規で発行する場合、こういった付帯サービスを重視する方も多いですが、ACマスターカードはそのような付帯サービスが一切付帯されません。

 

つまり、クレジットカードによっては不正利用された場合、損害を補償してくれるサービスが付帯されることもありますが、ACマスターカードにはそのような補償がないということです。不正利用には注意する必要があります。

 

アコムACマスターカードのメリットは?

デメリットばかりを紹介したACマスターカードですが、それに負けないくらいに有力なメリットもあります。

 

ACマスターカードのメリット

  • 即日発行が可能

ACマスターカードは「インターネット」・「むじんくん」・「店頭」と3つの場所にて発行申込でき、審査は最短30分ほどで完了する仕組みとなっています。ネット申込後に店舗や自動契約機むじんくんならば、審査が終わってすぐにカードを発行してもらえますので、申込をして即日にてカードを受け取れます。(ネット申込後に行う方法が一番早く進みます)

 

また、クレジットカードにはアコム関係の表記が一切ないため、一見すると信販系のクレジットカードと変わりません。

 

・キャッシング枠が大きい

 

クレジットカードを選ぶ基準に利用限度額の高さを挙げる方も多くいることでしょう。ACマスターカードは、クレジットとキャッシングを合計した利用限度額が最大800万円までとなっています。この利用限度額ならば、高額な買い物も、高額なキャッシングもACマスターカード1枚で事足ります。

 

ただし、ACマスターカードは消費者金融会社が発行したクレジットカードであり、カード利用には総量規制が適用されます。これによって、ACマスターカードはキャッシングの限度額が年収の3分の1までとなることには注意しましょう。

 

 

  • 3秒診断がある

 

アコムのACカードローン申込のページでは、キャッシング面での審査に通るかどうかを検査可能な3秒診断があります。3秒診断は「年齢」・「年収」・「他社借入状況」を入力するだけで審査に通る可能性が高いかどうかを事前判断できるので、審査に通るか不安な方もチェックできます。

 

 

  • クレジットヒストリーがない方でも審査通過できる

 

通常のクレジットカードは新規発行申込をして受けることになる審査において「クレジットヒストリー」が重要視されます。クレジットヒストリーとは、クレジットカードの利用履歴のことを指し、クレジットカードを利用し、利用した分はしっかりと返済を行っているという記録のことを言います。

 

このクレジットカードヒストリーがない方は、初めてクレジットカードを作る方もいるとはいえ、たいていは自己破産経験者などの「ブラック」と呼ばれる方が多く該当します。そのため、支払い能力が疑問視されて審査に落ちる可能性が高くなります。

 

しかし、ACマスターカードは審査において、クレジットカードヒストリーを重視しない傾向があり、年収が安定していれば審査に通過できる可能性が高いものとなっています。従って、ブラック明けと呼ばれるクレジットカードヒストリーがない方にとっては、ACマスターカードは最適なカードと言えます。

 

ACマスターカードは、クレジットカードヒストリーを0から作り直すという点で強力なカードです。そのため、ACマスターカードにてクレジットカードヒストリーを良質なものにしておけば、他社の信販系クレジットカードに発行申込をしても、審査に通過できる可能性が高まります。

 

 

ACマスターカードは審査基準を満たしやすいのが長所

 

信販系クレジットカードを発行できないという方でも、ACマスターカードは、発行申込をしても、審査に通る可能性があります。自己破産などをして、信用情報に事故情報が記録されて、数年が経過した方にとっては、ACマスターカードは新たにクレジットカードヒストリーを作る点において、非常に高いメリットを持っています。

 

ACマスターカードは、クレジットカードを発行するのが難しい方にとっては、貴重なクレジットカードと言えるでしょう。

 

 

アコムACマスターカードの審査基準は厳しい?

 

 

アコムACマスターカードは、クレジットヒストリーがない方でも発行しやすいクレジットカードですが、審査基準がとりわけ低いというわけではありません。審査の際には年収や収入の安定具合はきっちり審査されます。

 

審査通過するのに必要な年収は150万円を目安としましょう。クレジットカードによっては、本人の年収が低くとも、世帯年収でカバーできるクレジットカードもありますが、ACマスターカードは申込者の年収が重視されます。

 

ACマスターカードは、毎月きちんと収入があるという点が重視されますので、アルバイトやパートの方なら審査に通る可能性が高いですが、収入が安定しない自営業の方や水商売の方は、審査に通りにくくなります。

 

安定した収入がない方は、場合によって他社のクレジットカードを選んだ方が審査に通る可能性が高い場合もあります。中でも、楽天カードは世帯年収が高ければ、専業主婦の方でも審査に通過した実績もあります。本人の年収が低く、世帯年収は高いという方は、ACマスターカード以外のカードを選択しましょう。

 

クレジットヒストリーを0から作りたい方や、すぐにクレジットカードが欲しい方はACマスターカード

 

アコムACマスターカードは、通常のクレジットカードと比べるとデメリットが多くありますが、クレジットヒストリーがない方でも審査に通過する可能性が高く、クレジットカードヒストリーを作るのに適しています。

 

また、通常のクレジットカードですと、申込をしてから発行するにあたり、郵送によってカードを受け取るのに1週間ほどかかりますが、ACマスターカードならば即日発行できます。

 

ACマスターカードはクレジットとキャッシングを合わせた利用限度額が最大800万円と非常に高いので、高額のショッピングをしたい方にも適している長所を持っています。

 

他のクレジットカードの審査には通らないという方も、アルバイトやパートなどで安定した収入があると、審査に通るのがACマスターカードです。メリットとデメリットをしっかりと理解した上で、アコムACマスターカードに申込をするのがおすすめです。

関連コラム

ページの先頭へ