アコムで毎月の返済金額を少しずつ減額して負担を軽くする方法! 返済方法の種類や返済期日の変更方法も紹介 | 人気コラム | ローン研究Lab

アコムで毎月の返済金額を少しずつ減額して負担を軽くする方法! 返済方法の種類や返済期日の変更方法も紹介

消費者金融会社アコムの返済をしやすくするためにシステムの把握をしっかりしよう

消費者金融会社アコムはカードローンでも有名ですが、クレジットカードのACマスターカードをハッコしており、年会費無料で発行基準も満たしやすく、即日発行対応していることから高い人気を誇っています。

そんなアコムでの借り入れの仕組みと返済の種類や支払日についてのシステムを確認しておきましょう。

アコムについて

アコムは借り入れ限度額が最高800万円となっており、年率は3.0%から18.0%です。アコムで初めて借り入れをし、返済期日を「35日ごと」で設定した方は30日間金利0円サービスを受けることができます。

アコムは借り入れ申請による審査期間が短いのも特徴です。

24時間受付しているインターネット経由での申請ならば本人確認書類を出すと契約が終わり、最短即日融資にて利用できますし、振込手数料もかかりません。加えて、アコムには自動契約機むじんくんにて8:00から22:00まで借り入れ申請を受け付けていますし、フリーコールでの電話による借り入れ申請も対応していますので急な借り入れもカバーできます。

アコムの借り入れ方法について

アコムでの借り入れには多くの方法がありますが、共通しているのはいずれも手早くどこでも借り入れ利用ができるという点です。コンビニATMならセブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMにて借り入れ可能ですし、アコム店頭やアコム窓口でも借り入れができ、提携銀行でも同じく借り入れが可能となります。

そしてアコムはスマホやパソコンを経由したインターネットによる借り入れ申請も可能です。インターネットや電話による振込での借り入れ申請ならば24時間365日受付しており、振込手数料は0円な上に、楽天銀行口座を持っていれば最短1分での振込ができます。

アコムのような消費者金融を利用する場合、起業の資金や子供の学費などの利用目的も多いですが、同じくらいに今すぐにどうしても欲しい商品があってお金が必要というケースも一般的です。

そんな時はインターネット経由で楽天銀行口座への振込申請をすると昼夜問わず最短1分で借り入れができるので高い利便性を持てます。

アコムの返済方法について

支払日は「35日ごと」と「毎月指定期日」から選べる

アコムの返済システムは少し複雑なものとなっており、まず最初に支払日を選択できるというものがあります。

アコムの支払日は「35日ごと」、「毎月指定期日」の2種類があり、「35日ごと」は借り入れや前回返済の支払いから35日後が支払日となり、「毎月指定期日」なら希望する支払日にすることができます。

また、アコムならば支払いを忘れることがないように支払日の3日前、支払日当日、支払日経過後の3段階でメールを受け取ることができ、支払日を忘れるという失敗を防ぎやすくなっています。

支払い方法

アコムの支払い方法はインターネット経由の返済、ATMへの振込、店頭窓口での返済、振込や口座振替での自動引き落としと大きく分けて4種類があります。

インターネット経由の返済

インターネット経由の返済はまずアコムの会員ページにログインして「インターネットでのご返済」をクリックし、支払い金額を入力するという手順を踏みます。インターネット経由の返済は24時間365日いつでも対応しており、土日祝日だろうと関係なく返済できます。そして振込手数料は0円ですので支払額の面でもとても便利です。

ATMへの振込

ATMへの振込はアコムATMならば24時間いつでも手数料無料で支払いができ、コンビニATMもセブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMや三菱UFJ銀行ATMやイオン銀行ATMでの振込も対応しています。

店頭窓口での返済

アコム店頭での返済には他の支払い方法にはない、支払額を相談できるという大きなメリットがあります。平日の9:30から18:00まで受付という時間的な制限はありますが、少額返済に関してや金利についてなどの気になることを店頭で質問ができるので、落ち着いた気持ちで支払いスケジュールを決めることができます。

振込&口座振替自動引き落とし

アコムは提携金融機関の窓口やATMに口座への振込をすることで支払いをすることができます。アコム会員メニューにある「返済時の振込入金口座照会」をクリックして振込先の口座をチェックして振込をすると支払いができます。自動引き落としは指定した口座から毎月6日に支払額が引き落とされる仕組みとなっています。

支払い方法を変更するにはフリーコールへ連絡するのがベストな方法です。

アコムの年率は利用日数で決まる!

4つの支払い方法から、自分に合ったものを見つけておく前に、覚えておくべきなのはアコムの年率は利用日数で決まるということです。

アコムの年率がどのように算出されるかというと借入残高×借入利率÷365日×利用日数→年率となっています。

ここで重要なのはアコムは支払日に返済するのが無理だとしても、ATMやインターネット経由での振込を前もってすると想定した利用日数より少ない日数で支払うことで支払い額が抑えられるという点です。

仮に支払い残高があとわずかだが手持ちのお金では届かないという場合はキャッシングでお金を借りて支払い残高を早いうちに完済するというのが有効な手段となります。

アコムの年率は利用日数と借入残高で決まるのでこまめな追加返済が重要になる

アコムは借り入れ限度額が高く、契約もしやすくてインターネット経由で申し込んで自動契約機むじんくんにてアコムカードかACマスターカードを受け取ることができます。これによって当日からの借り入れを始められます。

アコムの年率算出は借入残高×借入利率÷365日×利用日数→年率という式によって成り立っています。つまり、返済額を少しでも減らしたいならば可能な限り手早く返済をするのがおすすめです。

アコムの支払日は「35日ごと」と「毎月指定期日」の2種類ですがどちらもATM振込やインターネット経由での振込にて追加返済を受付しています。中でもインターネット経由での振込は手数料も0円で、土日祝日も振込返済できます。

つまり、アコムからの借り入れは利息が利用日数によって加算されることから余裕があればどんどん返済をしていくというのが総返済額を減らすことに働きます。自動引落以外でも手持ちに余裕があったらこまめに返済しましょう。

関連コラム

ページの先頭へ