アコムはだいたい何円くらい借りられるの?お試し審査って本当?月収別借入可能額を比較 | 人気コラム | ローン研究Lab

アコムはだいたい何円くらい借りられるの? お試し審査って本当? 月収別借入れ可能額を比較

アコムはだいたい何円くらい借りられるの? お試し審査って本当? 月収別借入れ可能額を比較

アコムでは何円借りられる? 月収と利用可能金額の関係を解説

大手消費者金融会社のアコムのカードローンは金利が年3.0%からで、申込から審査、契約までのスピードが速いという特徴を持っています。即日審査にも対応しており、即日融資も受け付けています。加えて、安定して継続した収入があれば学生やパートでも申込ができるというのが大きなメリットです。

そんな人気カードローンのアコムでは、どれくらいの金額を借り入れできるのか気になる方も多いことでしょう。借り入れ可能額は原則として、総量規制によって決まるようになっています。

そのため、利用限度額は申込者の年収と深い関わりがあります。仮にアコムでの利用限度額関連だけでなく、申込できるかどうかも不安という方には3秒審査がありますので、これを利用して申込前に借り入れ可能かどうかを判断してから本格的に申込むのも良い方法です。

金融機関名が入ります。
SMBCモビット
金融機関名が入ります。
アイフル
金融機関名が入ります。
アコム
分類 銀行系消費者金融 専業(消費者金融) 専業(消費者金融)
金利 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0%
限度額 800万円 800万円 800万円
郵送物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡無し ◯WEB申込のみ

総量規制について

アコムを含めた消費者金融カードローンからの借り入れにおいて、重要なのは総量規制という借り過ぎ防止規制があるという点です。総量規制とは、年収の3分の1以上の借り入れができないというもので、消費者金融カードローンからの借り入れは、アコム・プロミス・アイフル・SMBCモビットなどを含めた総合借り入れ額で判断されます。

従って、仮に年収が300万円という方は借り入れ限度額が300万円×1/3→100万円が借り入れ限度額となります。そして、アコムにて借り入れをする時に、すでに他社消費者金融会社から60万円借り入れをしているのであれば、借入限度額100万円-他社60万円借り入れ→アコム借り入れ限度額40万円となります。

ただし、アコムから借り入れをする前に、他社からの借り入れを返済しておくと、利用限度額は増えます。また、銀行カードローンなどの借り入れも総量規制の対象にはならないので覚えておきましょう。

月収と利用限度額の関係

月収、年収と借入れ可能額一覧
月収(万円) 年収(万円) 借入れ可能額:万円(借入れ可能額は年収の3分の1)
5 60 20
10 120 40
15 180 60
20 240 80
25 300 10
30 360 120
35 420 140
40 480 160

アコムからの借り入れをする場合には、自分の月収・年収から算出される借り入れ限度額をしっかり把握し、その借り入れ限度額から他社からの借り入れ額を引いた金額を「借入希望額」としてアコムへの申込時に記入する必要があります。

もしも総量規制の対象になる金額以上の借り入れ額を希望してしまうと審査に落ちてしまう、または少額の融資額になる可能性があるので気を付けましょう。

アコムでの3秒お試し審査とは? 借入できるか事前にスピード審査が可能。

消費者金融カードローンのアコムは、利用者の評価が高く、利便性の高さから人気となっています。その人気の理由の1つに、アコムの公式ホームページにて借り入れ可能かどうかの「3秒診断」ができるというものがあります。

アコムへの申込に落ちてしまうと、信用情報にそのことが記載されてしまいます。そのため、事前に借り入れ審査に通るかどうかを大まかに判断できる「3秒診断」は強い安心感を与えてくれることでしょう。

• 「3秒診断」に入力する項目

• 年齢
• 性別
• 既婚か未婚か
• 他社借入件数
• 他社借入合計金額

以上の項目を入力することで「3秒診断」は、その通り約3秒にてスピード診断してくれます。この場合、借り入れ合計金額には、消費者金融カードローンからの借り入れやクレジットカードでのキャッシング利用額の合計を記入する必要があります。

ただし、「他社借入合計金額」は、クレジットカードのリボ払い・自動車ローン・銀行ローン・住宅ローンが含まれないことには要注意です。どれが総量規制に該当し、どれが該当しないのか正確に区別して記入しましょう。

借り入れ金額を多く入力してしまうと、入力ミスだとしても、簡易審査に落ちてしまう可能性が高くなりますので要注意です。

「3秒診断」はどんな判断基準?

「3秒診断」は入力項目に個人名の項目がないことから、診断に信用情報は参考とされません。信用情報は個人情報となりますので除外され、他社借り入れ額の合計と借り入れ希望額、年齢といったバランスを判断材料として、審査する仕組みだと考えられます。

アコムでの仮審査と本審査で結果が違う場合がある。その理由は?

「3秒診断」に通過したとしても、本審査にて審査落ちする場合があることには注意が必要です。「3秒診断」の欠点として、借り入れ可能と判断するハードルを厳しくしすぎてしまうと、借り入れ希望者を除外してしまう危険性を持っています。

そのため、「3秒診断」は、アコムのカードローン利用者が減らないような判断基準が設けられているため、審査基準が大変にゆるく設定されている可能性が高いです。

「3秒診断」で借り入れ不可判定を受ける方は、他社借り入れ件数が基準より多い方か、年齢の割に借り入れ金額が多い方のみとなっていると考えられます。

アコムへの申込にて受けることとなる本審査は、審査基準に年収・勤続年数・信用情報など、「3秒診断」と比べても非常に多くの情報を取り入れた上で精査して行われます。そのため、「3秒診断」では審査に通過した方でも、本審査において審査に落ちてしまう方は多く存在しています。

従って、「3秒診断」に通っても本審査に落ちてしまう可能性は充分にありますので、審査に落ちやすい特徴をしっかり覚えておきましょう。

審査落ちしやすい人の特徴

• 総量規制に抵触している

消費者金融カードローンには年収の3分の1以上の額を借り入れできないという総量規制があります。他社からの借り入れ額も合計した上で、申込時には年収3分の1以内に収まる借り入れ希望額を記入する必要があります。一方で、銀行カードローンは総量規制の対象外ですので、借り入れ合計額をチェックする際には除外して考えましょう。

つまり年収が300万円で、他社カードローンにすでに90万円ほど借り入れがある方は、専業での借り入れは難しいでしょう。

• 年収が少ない

仮に借り入れ希望額が総量規制の対象にならなかったとしても、年収が少ない方は、借り入れ限度額が年収の3分の1より少なくない、少額融資となる可能性があります。

• 正社員ではない

借り入れ申込をした際に、重視されるのは申込者に安定して継続的な収入があるという点です。もしも正社員ではなく、契約社員・派遣社員・アルバイト・パートの方ならば、少額融資になる可能性があるのを覚えておきましょう。

• 勤続年数が短い

アコムでは勤務先よりも、勤続年数を重視する傾向があります。たとえ大企業に勤めていても、転職したばかりで勤続年数が短いと融資が受けられないということもありえます。

• 高齢である

年齢が高くなればなるほど、審査落ちしやすくなり、融資を受けられても少額になることが多いものとなります。

• 信用情報に事故情報が載っている
• 他社の借り入れやクレジットカードの利用料金など、何らかの返済に遅延があった場合
• 過去に自己破産や過払い金請求などの債務整理があった場合
• 家賃や携帯料金などを長期に渡って延滞している場合
• 無収入(無職、専業主婦、年金生活者)である

3秒診断はあくまで目安ですが、個人情報を入力する際は、不適切な審査結果によって本審査が不利にならないよう、正確な情報をしっかりと入力することが重要です。

アコムでは何円単位で借りられるの? 千円単位で借り入れ可能?

カードローンへ借り入れ申込をする時に重要なのは、借り入れ額を少しでも減らし、総支払利息を可能な限り少なく抑えるということです。総支払利息を少なく抑えるために、借り入れ額を必要最低限にするという意味では、1,000円単位での借り入れができるのか……というのはとても重要な要素となります。

例えば、1万2千円が必要となった場合、1,000円単位で借り入れできないならば、2万円を借り入れしなければなりません。しかし、このように不必要なお金を借り入れしてしまうと、ついつい財布の紐が緩んで無駄なものを購入してしまうものです。

1回限りの余分な借り入れならばともかく。カードローンを利用している間、何度も余分な借り入れをしてしまうということになると、気づかない間に、借り入れ残高が膨らんでしまい、完済までの時間がかなりかかってしまいます。

アコムは1,000円単位の借り入れが可能!

消費者金融カードローンには1万円単位でしか借り入れできないカードローン会社もありますが、アコムはアコムATMやセブン銀行ATMから、1,000円単位の借り入れが可能となります。

特に、アコムATMは、24時間手数料無料のキャッシングに対応しているので大変に便利です。また、セブン銀行ATMならば、月曜日の1:00〜5:00までのメンテナンス時間以外はいつでも借り入れ可能ですので、利便性も高いです。

このことから、アコムとは借り入れをし過ぎないように利用者の立場に立って、配慮してくれるカードローン会社と言えるでしょう。

ただし、アコムは提携ATMからの借り入れには手数料がかかるというのを注意しましょう。

• 提携ATMでの借り入れにかかる手数料

• 1万円以下の利用:108円
• 1万円以上の利用:216円

アコムでは、最初に契約した時のみ「1万円単位」での借り入れとなりますが、1度借り入れをした後は、利用限度額内ならば何度でも振込キャッシングの利用、ATMを用いた1,000円単位でのキャッシングをすることが可能となっています。

アコムは、アコムATMやセブンATMを利用することで、1,000円単位の必要最低限の借り入れのみが可能という特徴があることを覚えておきましょう。

アコムは利用しやすいカードローン。不安な方は「3秒診断」を利用しよう

アコムは消費者金融カードローンですので、総量規制の対象となり、年収の3分の1以上の借り入れは不可能です
この総量規制対象は、銀行カードローンなどやクレジットカードのリボ払いは対象外ですが、他社消費者金融カードローンやクレジットカードのキャッシングは対象となります。

アコムで借り入れ申込をする際には、
他社消費者金融カードローンとクレジットカードのキャッシングも含めた、年収3分の1以内に収まる借り入れ希望額を記入する必要があります

仮に、借り入れ合計額が年収3分の1を超えてしまうと、総量規制対象となってしまい、自動で審査に落ちてしまいます。アコムへの借り入れ申込をする場合には、自分自身で他社からの借り入れ額を考慮し、借り入れ希望額を調整しないといけません。

もしも、総量規制の対象か不安な方は、アコムのホームページにある「3秒診断」にて、他社借り入れ額・借り入れ希望額・年収などを記入すると、借り入れ可能かを約3秒で判断してくれます。

また、借り入れをする際には必要最低限な金額を借り入れする方が、総量規制に引っかかる可能性が下がりますし、総支払利息を下げられるので有効です。アコムATMやセブン銀行ATMならば、1,000円単位の借り入れができるので借り入れ額の調整がしやすく、利用者にも高いメリットとなります。

消費者金融カードローンを初めて利用する時には、「利用しやすさ」を優先しているアコムのカードローンがおすすめです。

アコム

  • 最短30分の審査時間!お急ぎの方にオススメ
  • 土日祝日でも即日キャッシングが可能
  • 初めての方には嬉しい実質年率0円サービス

30日間 金利 0 円サービス!
土日祝日でも、即日キャッシングが可能です。 パート、アルバイト、派遣社員の方も一定の収入があればお申込みができます。 大手消費者金融なので安心してキャッシング!

※20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能

利用可能なコンビニ

ファミマ
ローソン
セブン
サンクス

実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 1万円~800万円 30分 最短1時間
ページの先頭へ