アコムカードとは? 申込み方法から借り入れ・返済をコンビニで行う方法を紹介。カードローン・キャッシング機能ついたACマスターカードとの違いも検証 | 人気コラム | ローン研究Lab

アコムカードとは? 申込み方法から借り入れ・返済をコンビニで行う方法を紹介。カードローン・キャッシング機能ついたACマスターカードとの違いも検証

消費者金融系カードローンのアコムにはアコムカードとACマスターカードがある

三菱UFJ銀行のグループ会社である消費者金融会社のアコムでは、カードローンを行うためのカードがアコムカードとACマスターカードの2種類があります。

簡単に分けるとアコムカードがカードローン・キャッシングの機能があり、ACマスターカードはカードローン・キャッシング・クレジットの3機能が合体したクレジットカードと言えます。
アコムカードとACマスターカードには見逃せない違いがあるので、しっかり把握しておきましょう。

アコムカードについて

アコムカードとはアコムにてカードローンを利用のみを考えている場合に発行するカードとなります。アコムは借り入れ限度額が最高800万円で年率が3.0%から18.0%です。

借り入れと返済はアコム店頭・アコムATM・セブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMで行えます。コンビニにて返済ができるというのは大変便利です。

支払日は「35日ごと」と「毎月指定期日」の2種類があり、支払から35日後に新たな支払日が来るのが「35日ごと」で、支払日を自由に選べるのが「毎月指定期日」です。

アコムならば返済遅延や返済滞納を防げるように、支払日の3日前・支払日当日・支払日が過ぎた後の3回に渡って支払い日を知らせるメールが来ます。支払日を事前に把握するだけでなく、うっかり支払いを遅延してしまってもすぐに対応できます。

アコムカードをすぐに発行したいならインターネット経由で発行申請をして自動契約機むじんくんで受け取る

アコムカードを発行するにはインターネット・電話・アコム店頭にて手続きをして郵送のやりとりをするというのもありますが、ネット申込をした後に自動契約機むじんくんにて発行するのがもっともスムーズです。自動契約機むじんくんならアコムの店員などと直接会う必要はありません。

インターネットにて事前に申込をして必要事項を入力して、自動契約機むじんくんに行けば最短30分でカードを受け取ることができます。

14時までに審査と必要事項提出が完了すれば当日にカードを受け取れて借り入れ利用開始になります。

ACマスターカードとは

アコムカードとは違ったもう1つのカードローン向けカードがACマスターカードになります。こちらはアコムカードと違ってクレジット機能もあり、つまりはショッピングの際にカードでの支払いもできるようになるということです。

おまけに国際ブランドがMasterCardで年会費も無料ですので、海外旅行をするとなった場合に現地で利用できるクレジットカードという使い方もあります。アコムカードと同じくインターネット経由の自動契約機むじんくんでの受け取りでACマスターカードを発行できます。

ACマスターカードの支払いと利息について

また、ACマスターカードとアコムカードの大きな違いは、ACマスターカードはカードローンだけでなくショッピングによるカード払いができます。ACマスターカードのクレジット利用限度額がショッピング300万円カードローン500万円の計800万円であり、

クレジット利用に関しては年率が10.0%~14.6%となっており、カードローンの年率に比べると最大年率がかなり低いという特徴もあります。支払い方法はリボ払いのみとなりますが、利息を嫌う場合はすぐに追加返済するか、口座自動引落の際の引落額を高く設定しておきましょう。

そしてACマスターカードは利用限度額がショッピング利用額+カードローン利用額→800万円となるように設定されています。ショッピングにて限度額の300万円を利用したのならカードローンは残りの500万円を借り入れできます。

ACマスターカードのクレジットカードとしての機能

ACマスターカードは分類的にはカードローンよりもクレジットカードに近いものとなっています。しかし、ACマスターカードはクレジットカードによくあるカード利用によって貯まるポイントプログラムはありません。その代りにショッピング利用の0.25%は自動キャッシュバックされるサービスがあります。

アコムカードとACマスターカードの違いとは?

アコムカードとACマスターカードはどちらも発行の手段はインターネット経由で個人情報を入力して自動契約機むじんくんでカードを受け取るというのが一番速い手段となります。

カードローンメインのアコムカードは機能がキャッシングとカードローンのみとなっており、ACマスターカードはクレジット機能も追加されています。どちらも年会費無料の即日発行が可能です。

しかし、ACマスターカードはショッピングをカード払いできて、カード利用額の0.25%はキャッシュバックでリターンとなります。加えて、ACマスターカードのショッピングによるクレジット限度額は300万円で、年率は10.0%~14.6%となっています。このクレジット限度額はあくまでカードローン利用限度額の800万円から差し引かれることになるので、
クレジット+カードローンの合計利用限度額は最大800万円のままです。

そしてACマスターカードはカード利用の支払いが毎月20日締めの翌月6日までに完済できなければリボ払いになり、自制できなければ使いすぎるという危険があります。

そのため、クレジット利用も考えるのならばACマスターカードは有効ですが、あくまでカードローンを利用するだけならばアコムカードを発行しましょう。

ページの先頭へ