アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」「かりかえMAX」で複数借入れを一本化して返済するメリットとデメリットを徹底解説 | 人気コラム | ローン研究Lab

アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」「かりかえMAX」で複数借入れを一本化して返済するメリットとデメリットを徹底解説

アイフルのおまとめローンを利用するメリットと利用時の注意点は?

アイフルは利用者への配慮が行き届いていることで評価されてきたカードローン会社です。そんなアイフルのおまとめローンは利用すると複数の借り入れ先の借金をひとつにまとめることができます。これによって膨らんでしまった金利を抑えることができ、信用情報に傷がつくことない、返済額を抑えることが可能となります。}

アコム アイフル プロミス
分類 専業(消費者金融) 専業(消費者金融) 専業(消費者金融)
金利 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0%
限度額 500万円 800万円 800万円
郵送物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡無し
融資速度

アイフルのおまとめローンは金利の下限が低くプロミスやアコムと比べてもなんら遜色のない良い条件での借り入れができます。これによって複数から借り入れをして金利が膨らんで返済できるかわからない…… そんな方はアイフルのおまとめローンを利用して借り入れをしましょう。

アイフルのおまとめローン「おまとめMAX」と「かりかえMAX」の違い

アイフルのおまとめローンには「おまとめMAX」と「かりかえMAX」があります。

どちらもおおよそ同じ意味と効果を持っており、アイフルを利用したことがある方は「おまとめMAX」を利用し、アイフルを初めて利用する方は「かりかえMAX」を利用します。どちらも金利は3.0%~17.5%と同じ金利設定です。

ローンをまとめるメリットとは?

アイフルのおまとめローンで複数からの借り入れをひとつにまとめることで低くなる信用情報を上げることができます。信用情報とは借り入れ状況などを記録したもので、新たな借り入れをしたりクレジットカードを発行する上で受ける審査に役立ちます。

信用情報は複数からの借り入れがあるほどに低くなってしまうものです。ローンを新たに組む時や追加の融資を利用する際に、すでに他会社から借り入れをしていると返済能力がないと見なされかねません。

そしておまとめローンによって借り入れ先を1つにすることで金利が下がる可能性が高くなります。加えて、返済日が1ヶ月に1回となるのでスケジュールが把握しやすくなり、返済忘れを防ぐ効果もあります。

デメリットとして実質的な支払利息総額があがる

おまとめローンによって借り入れ先をひとつにまとめると、金利が下がる可能性はありますが、借入期間が長くなることで実際の支払い利息総額が上がります。そのため、支払い利息総額を下げるには、臨時返済をこまめするといった工夫が必要になります。

おまとめローンはとても便利ですが、万能ではないのも覚えておきましょう。

アイフルのおまとめローンがプロミスやアコムより優れている点は?

アイフルのプロミスやモビットよりも優れている点

アイフルのおまとめローンは銀行カードローンやクレジットカードのショッピングの債務もまとめることができます。クレジットカードの使い過ぎはカード初心者が陥りやすい罠ですが様々なクレジットカードの利用額支払いに追われたらアイフルのおまとめローンでひとつにまとめることで可能です。

アコムやプロミスと言った消費者金融系のおまとめローンは貸金業者(みなし貸金業者含む)からの借り換えしかできないので、アイフルのおまとめローンはまとめる借り入れ対象が他より広いことがわかります。

アイフルがおまとめできる債務

  • 銀行ローン
  • 銀行カードローン
  • リボ払い
  • クレジットカードのショッピング枠
  • クレジットカードのキャッシング枠
  • 消費者金融
  • アイフルと銀行カードローンとの比較
  • アイフルと銀行カードローンとの比較
  • アイフルと銀行カードローンとの比較
  • 街金

アイフルは上限金利が低い

アコムやプロミスと金利を比べると、アイフルは金利が3.0%~15.0%でアコムは7.7%~18.0%、プロミスは4.5%~17.5%となっています。アコムやプロミスの方が下限金利が低いですが、アイフルの方は上限金利が低いですし、利用限度額が高いという利点があります。

その反面、多額の借り入れをする場合はアイフルではなくアコムやプロミスの方が下限金利は低いものとなっています。少額の借り入れはアイフル、多額の借り入れはアコムやプロミスということです。

アイフルのおまとめローンと銀行ローンとの違い

アイフルと銀行カードローンとの比較

即日融資が目的というケースにおいてアイフルと銀行ローンの比較をすると銀行ローンは一般的に借り入れをするのに数日かかりますが、アイフルは即日融資対応です。アイフルで即日融資をするには10時~18時まで営業している店舗にて契約する必要があります。

ただし、即日融資をする上で、アイフルの店舗数が少ないことには注意いたしましょう。

金利

また、金利面では他の銀行ローンは金利が15.0%より低いところがあります。そして、アイフルのおまとめローンは「おまとめMAX」は上限15.0%ですが、「かりかえMAX」は上限17.5%です。つまり、上限金利が低い銀行ローンを求めるならアイフルは適さないということです。

年齢制限

アイフルは他の銀行ローンと違って契約するにあたっての年齢制限が緩いという利点があります。アコムの借り換えローンは69歳以下が年齢制限ですし、SBI住信ネット銀行Mr.カードローンは65歳以下が年齢制限です。しかし、アイフルは契約において年齢制限に上限がなく、70歳以上でも申込が可能となっています。

返済をまとめるデメリットはある? アイフルのおまとめローンの申し込み方法も解説

とても便利なのがアイフルのおまとめローンです。返済をまとめると返済日もひとつになりますし、月々の支払も少なくなり、返済もしやすくなります。しかし、ローンをひとつにまとめたことで返済期間が長くなりますので支払い利息の合計はまとめ前よりも多くなることが多くあります。

アイフルのおまとめローンの申込方法は来店か郵送のみ

アイフルのおまとめローンは来店か郵送の2つしかないというのには注意しましょう。ネット申込には対応していません

来店して契約する場合

    1. 電話かホームページより申込
    2. 審査
    3. 電話で審査結果を通知される
    4. 店舗に来店
    5. 必要書類を提出
    6. 契約手続きが終わり、カード発行

 

 郵送で契約する場合

  1. 電話かホームページで申込
  2. 審査
  3. 電話で審査結果を通知される
  4. 契約関連書類とカードが郵送される
  5. 書類に必要事項を記入して書類のみ返送(カードは手元においておく)
  6. 書類に不備がなかったら契約完了
  7. カードが使用可能となる

アイフルのおまとめローンはクレジットカード利用額もまとめられる

アイフルのおまとめローンは複数からの借り入れをひとつにまとめるというものです。これによって信用情報が良くなりますので、追加融資やローンの組立をしやすくなります。

これまでのおまとめローンは「おまとめMAX」と「かりかえMAX」ではスペックに違いがありましたが、金利が同じになりました。従って、はじめてアイフルを利用する方も利用歴のある方と同じ設定で利用可能です。

銀行カードローンと比べるとアイフルの金利は低いと言えませんが、年齢制限が厳しくないですし、即日融資に対応しているというメリットもあります。おまとめローンは通常の融資よりも厳しい金利にはなってしまいますし、来店か郵送でしか申込ができないのは注意しましょう。

アイフルのおまとめローンの特典は年齢制限がなくて色々な借り入れ・支払いをひとつにまとめられるという点です。クレジットリボ払いなどのカード利用額もまとめられるので、他のカードローンのおまとめローンよりも高い利便性も持っています。

クレジットカードのショッピング利用も含めた多種多様な借り入れ先があるという方におすすめなのがアイフルのおまとめローンです。

関連コラム

ページの先頭へ