アイフルの返済遅延で取り立てはくるの? 催促電話がかかってきたときに取るべき信用情報を傷つけないための最善策とは - 人気コラム | ローン研究Lab

アイフルの返済遅延で取り立てはくるの? 催促電話がかかってきたときに取るべき信用情報を傷つけないための最善策とは

アイフルでの返済遅延の仕組みを知っておこう

アイフルは借り入れ限度額が最高800万円で年率は3.0%から18.0%となっており、安定した収入があれば申込可能なため、事業主や法人の方が借り入れ申請をすることもありますが、基本的には小口借り入れがメインの利用スタイルとなります。

そんなアイフルですが、いくら借りやすいと言っても返済を滞納し続けるとどうなってしまうのか気になるという方もいることでしょう。

もちろん返済を滞納しないのが一番ですが、災害や突然の解雇、大きな支払いなど人生いろんなことがあります。そんな万が一に備えてアイフルでの返済遅延に関して知っておきましょう。

アイフルについて

まず、アイフルは借入限度額が最高800万円で年率が3.0%から18.0%ですが、初回借り入れ時には30日間年率0%というのがあり、無利息完済を目指しやすくなっています。

アイフルの借り入れはアイフルATM・アイフル店頭では手数料が無料になります。コンビニATMはセブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMでも利用は可能ですが手数料がかかるのに注意しましょう。1万円以下の借り入れは手数料108円ですが、1万円より上の借り入れ額のときは手数料が216円かかります。

借り入れの返済はアイフル店頭・アイフルATM・コンビニATM・提携銀行ATMなどで行うことができます。支払日は「約定日制」と「35日ごと」があり、

約定日制」では毎月指定した日にちの10日前から始まる返済期間内に支払う仕組みで、
35日ごと」は支払った日から35日後が新たな支払日となる仕組みです。

アイフルATMなら手数料0円で振込できますし、口座振替の自動引落で支払日は毎月指定した日にちの10日前から始まる返済期間内に払う「約定日制」と、支払ってから35日後にまた支払う「35日ごと」から選べます。返済を忘れてしまいがちな方は、良好な利用歴を作るためにも口座振替を選んでおきましょう

また、アイフルフリーコールで電話をすることで一括返済をすることができます。これはその時点での支払残高と利息分を全て支払うというもので、一時的にアイフルとの取引の全てが停止し、一括返済するまではアイフルの利用が不可能になります。返済方法はアイフル店頭やアイフルATMで支払うか、口座振替のみとなります。

アイフルで支払いが滞納したら

アイフルは借り入れがしやすいことで人気の消費者金融系カードローンですが、ついつい支払いを忘れてしまう可能性は誰にも否定できません。もしもアイフルでの支払いを遅延してしまったらば、まず行われるのが支払いの督促や催促です。アイフルの担当者が職場や自宅に来ることはありませんが、職場や自宅に電話やハガキは来ますので気をつける必要があります。

アイフルの返済遅延で間違いなく発生するデメリットは遅延損害年率20.0%という高い利子で、年率算出方法は借入残高×遅延損害金年率÷ 365日×延滞日数=遅延損害金という式です。支払いが遅れれば遅れるほど利息がついて返済額が膨らんでしまいますので、可能な限り素早く支払いを終わらせましょう

そして、支払いを滞納してしまうとアイフルからの信用も著しく落ちてしまいます。アイフルからの信用が落ちてしまうと借り入れ限度額増額申請が不可能になりますし、次の借り入れ申請も通りにくくなります。

アイフルは返済遅延でもテレビドラマのような取り立てはありませんが、返済遅延があまりに続いてしまうと事故扱いとしてブラックリストに入ってしまい、別の回収専門の機関に回される結果となります。こうなってしまうとアイフルでの借り入れはできず、ひたすら借入残高を返済するのみになってしまいます。

アイフルの支払い遅延を防ぐには

アイフル支払い遅延を防ぐにはどうするかということですが、まずは支払い方法を口座振替にしましょう。そうすれば毎月の支払日に口座から自動で引き落としてもらえるので、口座残高を見誤らない限りは返済遅延をしてしまうことはありません。口座振替の自動引落は手数料が無料というメリットもあります。

他に有力なのは会員サービスにて利用できる「aiメール(アイメール)」を利用するということです。aiメールは支払日の3日前に返済日が近いことをメールで知らせてくれるので、うっかり支払日を忘れてしまう可能性を減らしてくれます。それ以外にもアナログですが自前のカレンダーやスマホにあるスケジュール帳アプリに支払日を忘れず記入しておくというのも初歩的ですが、おすすめです。

そして、もう1つ忘れてはいけない返済遅延防止策にアイフルに直接支払いが遅れてしまうことを伝えて、どうすべきか相談するということです。アイフルも最大の目的は融資したお金を返してもらうことですので、返済を確実にしてもらえるように支払日に融通を効かせてくれるというのは一般的にあります。忘れがちですが、消費者金融会社に直接、支払いが遅れることを相談するというのはかなり有効な手段です。

返済遅延を防ぐには口座自動引落にしてスケジュール管理をしっかりして一括返済も視野に入れるのがおすすめ

アイフルは人気の高い消費者金融系カードローンで、借り入れのしやすさから高い評価を得ています。しかし、借り入れの返済を遅延していると、最初は電話連絡や手紙による支払いの催促のみですが、じきに職場にも電話がかかるようになります。そして、ついには事故情報がついてブラックリストに入ってしまいます。ブラックリストに入ってしまうともはや借り入れはできなくなり、返済のみとなってしまいますし、信用情報機関に登録される借り入れ歴にも大きな傷がついてしまいます。

そのため、返済遅延を防ぐためにはスケジュール管理をしっかりし、支払いを口座振替の自動引落にするのが有効です。また、アイフルならばフリーコールに電話して一括返済をする旨を伝えると、取引を停止して一度に利息分含めた返済ができます。

アイフルでの返済遅延は電話連絡が来たらすぐに支払いをするようにし、返済遅延をしないように口座振替の自動引落にして口座残高には気をつけましょう。アイフルならば一括返済も受付しているのでおすすめです。

  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!
  • 最短30分審査、最短1時間で融資可能!
  • ご融資可能か1秒診断で確認
  • 来店不要で、ネット契約!
最短30分審査,最短1時間で融資完了。
申込み→審査→契約→借入れのわずか4ステップで完了。
ご融資可能か1秒診断で確認でき、来店不要のネット契約!
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0〜18.0% 800万円 最短30分 最短1時間
※ お申し込みの時間帯により、翌日以降になる可能性有り。
※ ご連絡した時間帯によっては、お急ぎの融資のご希望にそえない可能性有り。

ページの先頭へ