アイフルで全額返済後にすぐにもう一度借りることはできるのか? すぐに借り入れし直す方法と解約するメリットとデメリットを徹底調査 | 人気コラム | ローン研究Lab

アイフルで全額返済後にすぐにもう一度借りることはできるのか? すぐに借り入れし直す方法と解約するメリットとデメリットを徹底調査


アイフルで全額完済するともう借り入れができない?

消費者金融会社アイフルはプロミスやアコムと並んで利用者が多いカードローンです。アイフルにての借り入れは初回借り入れならば30日間利息0円サービスがあり、はじめての借り入れを利息0円で完済したという方もいることでしょう

そんなアイフルにてはじめての借り入れを問題なく完済してからも、もう1度返済することができるのか気になったことはありませんか
ここではアイフルでの再度借り入れについてと、順調な借り入れを繰り返すとどんなメリットがあるのかをまとめてみました。

再入用前にまずはアイフルについて知っておこう


消費者金融会社アイフルはSMBCグループ(三井住友銀行等)の大手消費者金融SMBCモビット・そして、同じくSMBCグループの大手消費者金融のプロミス、三菱UFJ銀行グループ傘下となるアコムと等とは違って銀行のグループ会社ではない、消費者金融会社として独立しているカード会社です。

アイフル借り入れ限度額が最高800万円で年率は3.0%から18.0%となっており、SMBCモビットやプロミスと概ね共通したスペックとなっています。アイフル初回借り入れ時には30日間年率0%のメリットがあるのではじめての借り入れはすぐに借りてすぐに返したという方も多いでしょう。一方でアイフルの利息は利用日数で決まっているので、借入残高×遅延損害金年率÷ 365日×延滞日数→遅延損害金という計算式にて成り立っています。

アイフルの借り入れ申請や返済はアイフルATM・アイフル店頭・提携コンビニATM・提携銀行ATMとあります。アイフル店頭やアイフルATMでは利用手数料が無料です。提携コンビニATMはセブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMとあり、どれも全国区にあるコンビニATMです。コンビニATM1万円以下の借り入れにて手数料108円がかかり、1万円を超える借り入れをすると手数料が216円かかります。繰り返すと中々に負担がかかる手数料ですので気をつけましょう。口座振替の自動引落は手数料がありません。

返済日の支払日については「約定日制」と「35日ごと」の2種類があります。「約定日制」では支払日を指定して、毎月の支払日10日前から始まる返済期間内に支払うというものです。「35日ごと」は支払った日から35日後が新たな支払日となります。アイフルの借り入れは利用日数によって利息が決まりますので、もう残高返済の目処がたったという方はフリーコールに電話して一括返済をするという手段もあります。一括返済を選択すると、その時点で残っている支払残高を利息込みで支払うことになり、アイフル店頭やアイフルATMで直接支払うか口座振替にて全額引落できます。

アイフルでの再度借り入れについて


カードローンは1度全額返済をするともう利用しないという意識が一般的です。しかし、継続的に利用が必要な状況であり、次も慣れたところで利用したいという方には再度の借り入れはどうすれば良いか気になるでしょう。

カードローンは一般的に借り入れ限度額内だったらば何度でも借り入れと返済が可となっています。カードローンはこの借り入れ限度額内でのやりとりをしている限りは契約が続いているという扱いになるのが一般的です。
一度、契約したカードローンを完済するとどうなるのかというのは借入先によって対応が異なります。

アイフルで完済したら

もしも借り入れの返済が完了するとどうなるのかというと、アイフルの場合は解約を申し出るか、借り入れをしていない状態が5年間続くと契約が解除されます。つまり、借り入れ完済後5年間経過しない限りは一度完済しても同じカードローンを借り入れできます。全額返済してもう借りたくないという方は電話にて解約を申し出ればすぐに解約できます。

もしも解約となったけれども借り入れをしたい方は、インターネット経由かアイフルの会員専用電話番号にかけるかアイフル店頭に行くかのいずれかの方法にて再度借り入れの手続きをすることができます。申込から借り入れまでの手順はだいたい同じですが、アイフルに伝えるべき事項は少なくなっていますので簡単に終わらせられます。

同じカードローンでの借り入れと返済を続ける大きなメリットとして、借り入れ先の評価を高めることで将来的に借り入れ限度額増枠を見込めるということです。返済遅延や返済滞納なしで全額返済をし続けていたのなら、借り入れ限度額増枠について問い合わせてみましょう。

 5年間借り入れしてないか直接解約申請しない限りは何度でも完済後の借り入れができる

アイフル5年間借り入れ利用をしなかったり、電話で解約を申請しない場合は契約が継続しています。
そのため、もしも同じアイフルで借り入れをしたくなった場合は、そのまま借り入れをすれば大丈夫となっています。そして、解約を伝えたあとに申込みで再度の借り入れをすることも可能です。

再度の借り入れ申請は手順としては最初の借り入れ手続きとあまり変わらず、記入事項が少なくなっているのみとなっています。
再度の借り入れや完済した後の借り入れの長所アイフルからの評価を高められるという点です。色々なところから借りるよりは1つから借りるという方が評価が高まり、滞納や遅延なしに返済をし続けると借り入れ限度額増枠申請も通りやすくなります

高額の借り入れをしたい場合は、アイフルで完済したら別の消費者金融系カードローンからの借り入れをするよりも、アイフルでの借り入れを続行し、支払日にきちんと支払うことがおすすめです。

 

  • 申込から借入までWEB完結!郵送物一切なし!
  • 最短30分審査、最短1時間で融資可能!
  • ご融資可能か1秒診断で確認
  • 来店不要で、ネット契約!
最短30分審査,最短1時間で融資完了。
申込み→審査→契約→借入れのわずか4ステップで完了。
ご融資可能か1秒診断で確認でき、来店不要のネット契約!
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0〜18.0% 800万円 最短30分 最短1時間
※ お申し込みの時間帯により、翌日以降になる可能性有り。
※ ご連絡した時間帯によっては、お急ぎの融資のご希望にそえない可能性有り。
ページの先頭へ