SMBCモビット提携のコンビニATMで手数料無料でキャッシング・一括返済する方法! 利用可能な時間や手数料も解説 | 人気コラム | ローン研究Lab

SMBCモビット提携のコンビニATMで手数料無料でキャッシング・一括返済する方法! 利用可能な時間や手数料も解説

SMBCモビットで提携コンビニATMをおトクに利用しよう

SMBCモビットは利用者からも高評価を得ているカードローンで、利用限度額が高く、年率も抑え目となっています。そのSMBCモビットは全国にある提携コンビニATMにて借り入れが可能となっており、お金が必要な時はいつでも引き出すことができます。

契約さえすればいつでも引き出せるカードローンですが、キャッシングをATMで利用したときに手数料が取られて気なったことはありませんか?

実はそんなコンビニATMのキャッシングを手数料無料で行うのと、年率がかからない一括返済をする方法があります。
キャッシングに手数料がかかるクレジットカードは意外と多いため、SMBCモビットの借り入れ手数料についてもしっかり把握しておきましょう。

SMBCモビットのATM利用手数料

SMBCモビットは専用のATMというものがありません。従って、SMBCモビットを使って借り入れする場合は提携ATMを利用するというのが一般的です。SMBCモビットにてATM利用手数料が無料なのは三井住友銀行のATMのみとなっているのが現状(2018年8月)です。

それ以外ではSMBCモビットはコンビニATMのセブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMに加えて三菱UFJ銀行・イオン銀行・プロミス・セゾンカードインターナショナル・第三銀行・福岡銀行・親和銀行・熊本銀行など全国的に提携銀行があります。

SMBCモビットでの利用手数料無料ATMは三井住友銀行ATMのみとなっており、コンビニATMは1万円以下の借り入れでは手数料が108円で、1万円より上の借り入れは手数料が216円になります。

つまり、SMBCモビット単体ではコンビニATMの利用手数料を無料にするのは不可能ということです。

コンビニATM利用手数料を無料にしたいならSMBC JCB CARD クラシックカード

しかし、SMBCモビットのクレジットカードであるSMBC JCB CARD クラシックカードを発行すると1ヶ月に最大3回はセブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMの利用手数料を無料にできます。

コンビニATM利用手数料を無料にするにはSMBC JCB CARD クラシックカードのカード利用額引き落とし先口座を三井住友銀行口座にするか、給与や年金の振込先口座を三井住友銀行口座に指定するか、Web通帳の契約というのがメイン条件です。

どれも実現が非常に簡単ですし、これによって1ヶ月に3回はコンビニATMで手数料無料の借り入れが可能となります。そしてSMBC JCB CARD クラシックカードの年会費は1,080円ですがカード発行初年度は年会費無料ですし、1年に1回以上カード利用をして年会費請求口座を三井住友銀行に指定しておけば年会費無料サービスを受けられます。

このことから実質年会費無料のモビットカードがSMBC JCB CARD クラシックカードと言えるでしょう。

キャッシングとは?

キャッシングとはカードローンと違って少額の借り入れがメインの借り入れシステムです。クレジットカードに付帯されている機能でATMやCDから借り入れすることができます。カードローンの場合は借り入れ申請をすると審査を通る必要があったりしますが、キャッシングは審査が必要なく、即座の融資を受けられます。

SMBCモビットはスマホで借り入れ申請をして、指定口座に入金するというのが手間が少なくおすすめです。これならばSMBCモビットもキャッシングとなんら変わらない使い勝手で近くのコンビニATMから入金額を引き落とす形で借り入れができます。

キャッシングはすぐに借り入れできるというメリットと引き換えに、年率が高めというデメリットがあります。SMBCモビットでは年率が3.0%から18.0%となりますが、楽天カードのキャッシング利息は18.0%となっているため、クレジットカードのキャッシングと利息は変わりません。

※利息は利用するクレジットカードにより異なりますので、利用前に確認しておきましょう。

キャッシングの一括返済をするには

キャッシングの返済は一般的には一括払いかリボ払いとなっています。大抵は1回で支払いきれない利用額は、以降ずっとリボ払いで完済されるのを待つという方が多いでしょう。

しかし、実はキャッシングはボーナスの時を狙った追加返済によるボーナス一括払いも対応しています。

SMBCモビットの返済方法

SMBCモビットの返済方法は「ATM返済型」と「口座振替型」の2つがあり、支払日は5日・15日・25日・末日から選べます。「ATM返済型」は支払日前にATMにて振り込んだ場合、支払日は翌月に繰り越される仕組みとなっており、「口座振替型」は自動で引き落とされるのを覚えておきましょう。

そして、SMBCモビットの年率を増やさずに支払額を抑えて完済するには一括返済が重要となります。SMBCモビットならば追加返済に対応しており、余裕がある月なら毎月何度でも返済が可能です。つまり、もしも支払日に一括返済ができなくとも、初回支払日までに追加返済をすることで実質的に一括返済をすることが可能となるのです。

SMBCモビットは専用ATMがないので三井住友銀行ATMとSMBC JCB CARD クラシックカードによるコンビニATM利用手数料無料サービスを使おう

キャッシングするにあたり、SMBCモビットは借入限度額は高いですが、専用ATMがないことから、利用手数料が無料なATMは三井住友銀行口座のみとなっています。

しかし、SMBC JCB CARD クラシックカードを発行してWeb通帳契約・カード利用額の引き落とし先を三井住友銀行口座指定・給与か年金の振込先を三井住友銀行口座指定などの条件を1つでも達成するとセブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMの利用手数料が毎月3回まで無料にできます。

また、キャッシングの支払いは概ね一括返済かリボ払いのみとなっており、リボ払いですと支払いの完済まで長引いて年率が大きく膨らみかねません。そこでSMBCモビットならば追加返済に対応しているので、初回支払日までに支払いを終えることもできますし、ボーナスが入る月に追加返済をしてボーナス一括払いも可能です。

SMBCモビットの借り入れをするならばコンビニATM利用手数料を無料にできるSMBC JCB CARD クラシックカードを発行し、余裕があったらどんどん追加返済をして返済額を低く抑えるのが賢い利用方法です。

関連コラム

ページの先頭へ