SMBCモビット以外に借入がある場合は利用できる? 審査に通過できる他社借入額かどうか判断する方法 | 人気コラム | ローン研究Lab

SMBCモビット以外に借入がある場合は利用できる? 審査に通過できる他社借入額かどうか判断する方法

SMBCモビット以外に借入がある場合は利用できる? 審査に通過できる他社借入額かどうか判断する方法

SMBCモビットは総量規制対象 キャッシングは年収の3分の1まで

三井住友銀行グループであるSMBCモビットは、大手消費者金融カードローンとして高い安心性を持っています。Web完結申込という一切電話がかかってこない申込方法があるなどで、借り入れ利用者に高い評価を受けています。

 

金融機関名が入ります。
SMBCモビット
金融機関名が入ります。
アイフル
金融機関名が入ります。
アコム
分類 銀行系消費者金融 専業(消費者金融) 専業(消費者金融)
金利 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0%
限度額 800万円 800万円 800万円
郵送物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡無し ◯WEB申込のみ

総量規制について

SMBCモビットは銀行グループですが、消費者金融カードローンなので、総量規制の対象となっています。総量規制とは、個人の借り入れ総額が他社消費者金融からの借り入れも含めて年収の3分の1を超えてはいけないというものです。もしも借り入れ希望額が年収の3分の1を超えるようでしたら、自動で審査に落ちる仕組みになります。

例を挙げれば、年収が120万円の方は、40万円が借り入れ限度額となり、それ以上の借り入れができません。

総量規制は個人への融資のみが対象となりますので、事業用資金は対象になりません。また、「銀行系カードローン」や「クレジットカードのショッピング枠」、「おまとめローン・借り換えローン」は総量規制の対象外となっていますので、それらの借り入れ額が制限されることはありません。

あくまで消費者金融からの借り過ぎを制限するのが総量規制となります。

SMBCモビット以外に、他社からも借り入れがある場合はどうなる?

総量規制を避けるには1社からの借り入れが「年収の3分の1」ではなく、すべての貸金業者からの借り入れ総額が「年収の3分の1」以内に収まっている必要があります。そのことから、他社消費者金融からの借り入れがある場合は、それらすべてを足して、総量規制に届かないかを確認しなければなりません。

例えば、年収が240万円の方は、貸金業者からの借り入れ可能金額は240万円×3分の1→80万円となります。SMBCモビットに申込をする前にA社で30万円、B社で20万をすでに借り入れしていた場合は、80万円-30万円-20万円→30万円となり、モビット申込時の「希望借入金額」は、30万円以下の金額を記入する必要があるとわかります。

そして、審査に通る可能性をできるだけ上げたい場合は、できるだけ借り入れ希望額を少な目に記入するのがおすすめです。

借り入れをする側にとっては、借り入れ額を制限する総量規制が非常にやっかいな制度に思われるかもしれません。しかし、総量規制の目的はあくまで多重債務問題を解決することにあります。

多くの貸金業者からお金を借り入れした結果、返済できなくなる多重債務者が続出したという過去があります。そういった方々を少しでも減らすためにできた制度が総量規制です。もしも総量規制の対象になる方は、「これ以上借り入れしてはいけないんだ」と自覚し、まずは借り入れしたお金を返済していくことが大切です。

銀行カードローンは総量規制の対象?

銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農協などを含めた銀行系カードローンは総量規制の対象外です。しかし、銀行カードローンが総量規制対象外ということを利用し、銀行がどんどんお金を融資した結果、返済ができない自己破産者が急増してしまいました。

そういった経緯から、正式には総量規制対象外ですが、銀行も過剰融資を自主的に制限する方向へ舵を切っています。このことから、銀行カードローンといえども、年収3分の1以上の借り入れをするのは難しいというのが現状です。SMBCモビットなどの貸金業者と比較しても、銀行カードローンの方が借り入れしやすいという状況ではなくなってきています。

銀行は、自己破産防止目的の自主規制として、収入のない専業主婦や年金受給者に対しての融資は原則的に自粛をしています。また、銀行カードローンは即日融資を正式決定しているため、今すぐにでもお金がほしいという方は、SMBCモビットなどの消費者金融から借り入れしましょう。

銀行カードローンは審査が終わるまで最短でも1日、最長で約2週間かかりますが、消費者金融カードローンならば1日で審査が終わることも珍しくありません。

SMBCモビット以外にも借入がある場合、審査に通過するためのポイントは?

借り入れ申込をして受けることになる審査の際は、他社消費者金融からの借り入れ金額を正確に計算し、すべてを合計して「年収の3分の1」に収まるようにする必要があります。モビットの希望借り入れ額を記入することが大切というのを覚えておきましょう。

消費者金融などからの借り入れ残高のデータなどは、信用情報機関に集められており、審査の材料に使われます。SMBCモビットは信用機関にて多様な情報を照会しますので、総借り入れ額を少な目に申告しても必ずバレてしまいます。虚偽申告は自動で審査に落ちるので、正直に記入するのを心がけましょう。

また、借り入れ希望額が50万円を超えた場合は、収入証明書を提出しなければならないので、年収自体をごまかすこともできない点はよく覚えておきましょう。

銀行カードローンよりも便利で即日融資もできるのがSMBCモビットの強み

SMBCモビットは総量規制対象なので、申込をする際には、他社消費者金融からの借り入れと、モビットへの希望借り入れ額を合計して年収の3分の1以内に抑える必要があります。

また、銀行カードローンは総量規制の対象外ではあるので、年収の3分の1以上の借り入れができる……ということになっています。しかし、実際は利用者の自己破産などを防ぐために、自主的に年収の3分の1以上の融資をしないことにしています。

銀行カードローンは即日融資を中止していますし、審査も最長で2週間かかる場合があります。加えて、返済日の変更や返済額の変更などの対応をしてくれないことが多いので、利便性に関してはSMBCモビットに劣るイメージを持ってしまうことでしょう。

すぐにキャッシングをしたい方や、利便性の高い借り入れをしたい方はSMBCモビットがおすすめです。

関連コラム

ページの先頭へ