SMBCモビットに初めて申込む場合、金利は18.0%?適用される金利を借入額やケース別にご紹介!SMBCモビット以外の消費者金融の金利と比較 | 人気コラム | ローン研究Lab

SMBCモビットに初めて申し込む場合金利は18.0%? 適用される金利を借入額やケース別にご紹介! SMBCモビット以外の消費者金融の金利と比較

SMBCモビットの金利の決まり方は? 初回契約時は18.0%が大半

SMBCモビットは、SMBCグループのカードローン会社で、大手銀行がバックにいることから信頼性が高く、安心感があるのが特徴です。SMBCモビットは、借り入れ申込をして受ける審査も早く、利用限度額が最高800万円と他社よりも多いというメリットもあります。

Web完結申込にて申込をすると自宅や職場への電話確認もなくてプライバシー配慮もしてくれる、利用者の利便性をしっかりと考えてくれているカードローンがSMBCモビットです。

 

消費者金融カードローンの金利は、申込をして借り入れをした時点でわかるという点があります。SMBCモビットの金利は3.0%から18.0%までと表示されています。その上で借り入れを初めてするといった方は、モビットとの信頼関係が構築されていないのもあって、借り入れ利用者にとって一番不利な最高金利18.0%が適用されることが多いです。

消費者金融カードローンの金利はどのように設定されているか

消費者金融の金利は、利息制限法によって定められています。元本10万円未満の場合は年率20%となり、元本10万円以上100万円未満は年率18%になります。元本100万円以上では年率が15%にまで抑えられます。

年率は借り入れ額ではなく、借り入れ限度額で決定します。SMBCモビットに借り入れを申込した際に、借り入れ限度額が最初から100万円以上になれば、年率は最高でも15%以下となります。

ただし、初回の借り入れ契約から大きな金額を融資すると、モビット側にちゃんとお金を回収できるかどうかというリスクが生じます。初回借り入れ契約時は、借り入れ限度額は10万円から50万円になることが多く、契約時の金利も18%となるのがメインです。

SMBCモビットの最低金利は3%と記載されていますが、この金利3%が適用されるのは、借り入れ上限の800万円を借り入れした際のみとされています。モビットは総量規制があるため、800万円を借り入れするには最低でも800万×3→2400万円の年収が必要ということです。

このように、最低金利は表示されていても、実際に適用されることがほとんどありません。消費者金融の金利は、最高金利を参考にするようにしましょう。

SMBCモビットで金利を下げる方法は?

• コールセンターに電話して、金利を下げてくれるように頼む

モビットを利用して最低6ヶ月か1年が経過し、返済を遅延したこともないならば、コールセンターに電話をして、金利を下げてもらえないか相談してみましょう。

毎月返済しているという実績があって、年収が上がるなどの個人的なステップアップがあったらば、借り入れ限度額の増額か、金利を下げるという措置をしてくれる可能性があります。

借り入れ限度額が100万円を超えているならば、最高金利は自動的に15%へ引き下げられるため、増額申込について問い合わせるのも有効です。

• 利用限度額を上げる つまり増額申請を行う

借り入れ限度額が100万円以上になると、自動的に最高金利が15%まで低下しますので、コールセンターに増額を頼んでみるというのもおすすめです。

毎月、遅延なく返済をしていたり、他社消費者金融から借り入れがなかったり、年収が上がっていたりという条件を満たしていれば借り入れ限度額を増額してもらえる可能性があります。

借り入れ限度額が上がれば上がるほど、適用金利は下がる傾向にありますので、おすすめです。

SMBCモビットの金利を他の消費者金融と比較

SMBCモビット
アイフル
アコム
プロミス
レイクalsa
分類
専業(消費者金融)
専業(消費者金融)
専業(消費者金融)
専業(消費者金融)
専業(消費者金融)
金利
年3.0%~18.0%
年3.0%~18.0%
年3.0%~18.0%
年3.0%~18.0%
年3.0%~18.0%
限度額
800万円
800万円
500万円
800万円
800万円

金利はどこの消費者金融も変わりません。また、初回借り入れ契約時は最高金利を適用されてしまうという仕組みもほぼ共通しています。

SMBCモビットと銀行カードローンの金利を比較

SMBCモビット
3.0%~18.0%
三菱UFJ銀行
1.8%~14.6%
みずほ銀行カードローン
2.0%~14.0%
三井住友銀行
4.0%~14.5%

銀行カードローンは上限金利が、モビットをはじめとする消費者金融カードローンよりも低いのが長所です。

一方で、即日融資ができず、コンビニATMでの借り入れや返済に対応していない上に、スマホアプリを使った振込キャッシングも不可能です。そして、土日借り入れができず、審査にかかる時間が長く、最長で2週間かかる場合もあります。

従って、銀行カードローンは、利便性において消費者金融カードローンに大きく劣ると言えます。

借り入れ利用者にとって利便性がとても高いのがSMBCモビットの長所

モビットの場合は、今月の返済が無理といった場合には、臨機応変に返済日を変更してもらうことができ、信用情報に傷がつかないように対策できます。しかし、銀行カードローンにはそういった柔軟性がなく、信用情報に傷が付きやすいというデメリットがあります。

以上の点から、銀行カードローンは金利面では有利ですが、モビットの方が返済日の変更などで融通が効くなどがあり、ユーザー視点では利便性が高いと言えます。

返済時は借り入れ金利だけではなく借り入れ期間も重視

SMBCモビットをはじめとした消費者金融で借り入れをする時は、適用される金利にばかり目がいきがちです。

しかし、本当におトクかどうかを判断するには適用金利だけでなく支払い期間も一緒に検討し、返済完了までの総支払利息ができるだけ少ないところを選ぶのがおすすめです。

仮に金利が低くても、支払い期間が長く設定されていれば、トータルで支払う利息の量が多くなってしまうので、結果的に割高で終わるということもあり得る点は注意しましょう。

最終借入後残高
最少返済額
10万以下
4000円
10万超20万以下
8000円
20万超30万以下
1万1000円
30万超40万以下
1万1000円
40万超50万以下
1万3000円

SMBCモビットは借り入れ残高によって毎月の最低返済額が変わるシステムとなっています。つまり、最初に決まるのは、返済期間ではなく、最低返済額ということです。

従って、モビットの返済は、借り入れ残高がゼロになるまで、この最小返済額を返済し続けるということです。

最少返済額(10万円)
最少返済額(50万円)
SMBCモビット
4,000円
13,000円
アコム
3,000円
15,000円
プロミス
4,000円
13,000円
アイフル
4,000円(約定日制)もしくは5000円(サイクル制)
15,000円(サイクル制)13000円(約定日制)

他社のカードローンと比較すると、借り入れ残高が50万円時はモビットの最少返済額がアコムやアイフルに比べて少ないとわかります。毎月返済しやすくて、利用者に負担が少ないということになりますが、逆に考えると返済終了までの期間が長いということです。

つまり、総支払利息がアコムやアイフルに比べて多くなる可能性が高いのが、モビットということです。総支払利息を少なくするには、余裕がある月は、1,000円でも2,000円でもいいので、余分に返済をすると、借り入れ残高を減らして返済期間を短くできます。

これによって総支払利息を抑えられるので、結果としてリーズナブルに完済できます。

銀行カードローンと比較しても金利以外は勝っている面が多いのがSMBCモビットの長所

SMBCモビットは、初回借り入れ申込の際は、最高金利の18.0%が適用されることが多いでしょう。しかし、滞納や遅延せずにきちんと支払日を守って返済を続けていると、モビットからの信頼が上がって金利を下げてもらえることがあります。

金利だけを考えると銀行カードローンが有利ですが、即日融資を受けられず、返済日や返済額の融通が効かないなど、利用する上での快適さで大きく劣る面もあります。

SMBCモビットは消費者金融カードローンなので安心感があり、即日融資が可能ですし、利用者への配慮が行き届いたカードローンです。

返済が厳しいのであればコールセンターに相談して返済日の変更や利息・返済額の引き下げなども対応してくれることがあります。Web完結申込ならば郵送物がなく、電話連絡もなしに借り入れ契約できますのでおすすめです。

ページの先頭へ