SMBCモビットの保証会社ってどこ? 大手カードローン5社の保証会社一覧を紹介! 保証会社の仕組みと申し込み前に知っておくべき4つのポイント | 人気コラム | ローン研究Lab

SMBCモビットの保証会社ってどこ? 大手カードローン5社の保証会社一覧を紹介! 保証会社の仕組みと申し込み前に知っておくべき4つのポイント

SMBCモビットでの借り入れに保証会社はどう関わる?

SMBCモビットは借り入れ利用者の評価が高く、審査の精度とスピードが優れている消費者金融系カードローンです。困った時の借り入れに適したカードローンですが、借り入れ申請をする際にスムーズに事を進めたいなら「保証会社の存在」を覚えておきましょう。

 

たいていの大手カードローンには保証会社がついているため、いざ借り入れをしようという時に、保証会社のことを度外視したことで、借り入れができないということもありえます。しっかり把握して大手カードローンのシステムを理解しましょう。

カードローンと保証会社の関わりとは?

保証会社とは?

カードローンは借り入れ申請をする上で、申込資格(条件)が決まっており、保証会社の保証を受けられる方という条件があります。カードローンの借り入れ契約申請をした場合に受けることになる審査ですが、実のところは審査というのはカードローンで融資を行う側が直接行うわけではありません。

 

銀行系カードローンに借り入れ契約申請をした際に、銀行の代わりに審査を代行するのが保証会社です。保証会社は審査代行以外にも借り入れの返済ができなくなった利用者の代わりに返済を代行もします。

 

保証人の必要がない借り入れは保証会社が保証人の代行をしているため、カードローンを利用するには申込先の保証会社との円滑な取引と安定した評価を得ていることが一番のポイントとなるのです。

消費者金融系カードローンは保証会社が必要ない?

消費者金融系カードローンの保証会社は消費者金融系列の信販会社、または独自で行っていることがほとんどです。そのため、消費者金融系カードローンでの借り入れで返済の滞納や遅延などで問題が起きてしまうと、信販会社(保証会社)より信用情報が登録され、他のカードローンでの借り入れにも問題が起きるということです。

 

カードローンの借り入れ歴は信用情報機関に記録されています。仮にSMBCモビットでの借り入れにて問題が発生してしまうと、信用情報機関にてSMBCモビットの借り入れにキズができたことが記録されてしまいます。

 

消費者金融会社SMBCモビットの親会社は三井住友銀行です。このことから、SMBCモビットでの借り入れにキズができると、同じく三井住友銀行が親会社のプロミスや三井住友銀行による銀行系カードローンの借り入れにも支障が出てしまいます。

三井住友銀行系列のカードローンの保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスになります。SMBCモビットでの借り入れに問題があればSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社を行うカードローンの借り入れにマイナスとなります。

SMBCモビットと契約する上で保証会社関連で把握しておくべき4つのポイント

① SMBCモビットの借り入れ契約審査はSMBCモビット

銀行系カードローンの借り入れ契約申請をする際に、審査と利用者に返済能力がなくなると支払い代行をするのが保証会社ですが、消費者金融系カードローンのSMBCモビットの審査は保証会社が存在しておらず、自社での審査になっています。

もし保証会社のクレジットカードや支払いで迷惑をかけてしまった方はSMBCモビットのような、独自審査を行っているところを選んでおきましょう。

 

② 借り入れの返済歴は信用情報機関に登録される

カードローンの借り入れは信用情報機関にてどのように返済したかと返済はもちろん、滞納や遅延に強制退会などの経歴が記録されます。一度、利用歴に問題が起きると、信用情報機関からキズがなくなるのに数年かかるので気をつけましょう。

 

③ SMBCモビットの借り入れにキズがついたらプロミスなどのカードローンにも影響がある

SMBCモビットは三井住友銀行が親会社の消費者金融系カードローンです。そのため、SMBCモビットでの借り入れ返済に問題が起きたら他のカードローンに問題が起こります。例えば、同じく三井住友銀行が親会社のプロミスでの借り入れが困難になりますし、三井住友銀行による銀行系カードローンの借り入れも難しくなります。

 

④ 銀行系カードローンの高額借り入れにSMBCモビットでの借り入れ歴が役立つ

SMBCモビットでの借り入れに問題が起きると三井住友銀行系列のカードローンの借り入れが困難になりますが、それは裏を返せばSMBCモビットでの利用歴が良質ならば、同じ三井住友銀行系列のカードローンでの覚えも良くなります。銀行系カードローンは審査が厳しいですが、三井住友銀行のカードローンの高額借り入れをするのにSMBCモビットでの利用歴がプラスに働くこともあるため、返済はしっかり守っておきましょう。

5つのカードローンの保証会社

テキスト テキスト テキスト テキスト
テーブル(仮) テーブル(仮) テーブル(仮) テーブル(仮)

以上が5つのカードローンの保証会社と、借り入れ歴によって影響が出来る会社やカードローンとなります。注目すべきはアイフルはカードローン業界でもかなり珍しい親会社などを持たない単独消費者金融系カードローンということです。

 

もしも、多くのカードローンの返済に問題を起こしてしまったらばアイフルを検討するようにしましょう。

SMBCモビットの支払いに問題があれば三井住友銀行系列カードローンなどの借り入れに問題が起きるが優良利用者ならプラスに働く

銀行系カードローンの借り入れ契約をする際に、銀行の代わりに審査と万が一の時は利用者の代わりに支払いをするのが保証会社です。

SMBCモビットは消費者金融系カードローンであり、契約申請の際にも審査は自社が行います。しかし、だからといってSMBCモビットでの利用歴が他のカードローンに影響を与えないということもありません。

SMBCモビットは親会社が三井住友銀行ですので、借り入れに問題が起きれば三井住友銀行系カードローンやSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社であるカードローンの借り入れができなくなります。

 

裏を返せば三井住友銀行系カードローンやSMBCコンシューマーファイナンスが保証会社となるカードローンの契約審査を通るにはSMBCモビットでの借り入れ歴が良好と判断されていることがポイントとなります。

 

審査基準を満たしやすい三井住友銀行系カードローンを借りたいならSMBCモビットでの利用と返済を上手に行い、借り入れができるカードローンがなさそうになったらば単独消費者金融系カードローンのアイフルで借り入れをするのが良いでしょう。

関連コラム

ページの先頭へ