smbcモビットで口座振替で自動的に返済する手順!自動引き落としされる日時や指定できる口座についてなど大事な3つのポイントまとめ | 人気コラム | ローン研究Lab

smbcモビットで口座振替で自動的に返済する手順!自動引き落としされる日時や指定できる口座についてなど大事な3つのポイントまとめ

SMBCモビットの返済方法の種類

SMBCモビットの返済方法には、銀行振込み、提携ATMによる返済、口座振替の3種類があります。銀行振込みは各銀行が定める振込手数料がかかり、提携ATMで返済するときは、10,000円未満なら108円、10,000円を超えるなら216円が、借入・返済時のそれぞれにかかります。その点、口座振替なら返済時の手数料が無料で利用できるため、3種類の返済方法の中では最もお得な返済方法です。

口座振替による返済を行うには、WEB完結での申し込みが必要です。その場合はSMBCモビットが指定する銀行口座が必要になるなど、いくつかの条件をクリアしなければなりません。

SMBCモビットでお得な口座振替返済にする手順と大事なポイント3つ

口座振替で自動的に返済する手順

SMBCモビットは、カード申込とWEB完結申込の2種類の申し込み方法があり、WEB完結申込ならインターネットとメールでのやりとりですぐに申込が完了することが話題となっています。またカードレス契約のためカードを発行する時間がかからず、銀行営業時間内なら振込キャッシングによるスピーディーな借入ができることも魅力の1つです。

このWEB完結での契約では、返済方法を口座振替に設定することが条件となっており、指定する銀行に口座があるか新規開設することが必要です。SMBCモビットの借入金額を口座振替で自動的に返済するには、あらかじめWEB完結で申し込むか、SMBCモビットが指定する銀行口座を作って返済方法を指定することが重要となります。WEB完結の申し込み手順を紹介します。

1,三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの銀行口座を持っているか、なければ新規開設をする。
2,社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証のこと)、組合保険証を持っていることを確認する。
3,SMBCモビット公式ホームページの「WEB完結申込」ボタンをクリック。
4,必要書類をそろえて写真を撮る。

5,申込ページより個人情報・連絡先情報・契約希望額・勤務先情報などの必要事項を入力する。
6,審査が始まり通過するとメールが届き、入会完了後振込依頼で借入完了。
7,毎月指定した日に自動引き落としにて返済がスタート。

口座振替で返済するときの大事なポイント3つ

口座振替に使える銀行が決まっている

SMBCモビットでは、口座振替に指定できる銀行が決まっていて、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の3つの銀行だけが対応しています。ほかの銀行口座は対応していないので、この3つの銀行のいずれかの口座を持っていない場合は新規口座開設が必要です。

口座の残高不足は延滞になってしまう

口座振替で返済できることは、返済する立場で考えるととても便利な方法です。ある程度入金しておけば、誰にも知られずに手数料無料で確実な返済ができるため、コツコツ返済したい方にはベストでしょう。しかし、口座の残高が足りない場合は、引落しができないので延滞になってしまいます

1日でも遅れてしまうと遅延損害金が発生し、遅延損害金利率20%という高い損害金も支払わなければなりません。遅延日数が増えればその分だけ損害金が増えていくため、一刻も早く入金した方が良いでしょう。銀行ごとに入金が間に合う時間や、引落し時間の目安があるのでチェックしておいてください。

・三井住友銀行・・・18時まで入金すれば当日の引落しが可能です。23時59分、0時0分に引落しになります。
・三菱UFJ銀行・・・19時まで入金すれば当日の引落しが可能です。0時0分~19時0分までに引落しになります。
・ゆうちょ銀行・・・21時前の入金なら当日の引落しが可能です。9時0分、21時0分に引落しになります。

各銀行で引落しの目安となる時間を、公開または問い合わせによる回答を行っていますが、これらはあくまでも目安であり、前日までの入金と残高確認が基本となります。銀行は多くのユーザーが口座を持ち、口座引き落とし業務が膨大な数になることを考えると、滑り込みセーフよりも前日確認の方が安心できます。

支払い方法の変更は手続きが必要になる

基本の返済方法を銀行振込や提携ATMでの支払い方法に変更したい場合は、切り替え手続きが必要になります。WEB完結のカードレス契約をしていた場合は、カード発行手続きが必要になることもあります。

返済方法を口座振替にするメリットとデメリット

口座振替にするメリット

返済時の手数料が無料になり、自動で引落しになるので返済忘れがなくなります。また、返済のためにATMに行く手間が省けるほか、WEB完結ならカードレスのため、借入をしていることが誰にも知られずに利用できます。口座の管理をしっかりしておけば、約定返済金額(最低返済金額)のみの引落しになり、支払い日も5日、15日、25日、月末から選んで無理なく返済することができます

口座振替のデメリット

口座の残高が不足した場合、延滞となり遅延損害金が発生してしまいます。1日遅れただけでもSMBCモビットからの信用を低下させてしまうため注意が必要です。また毎月の返済金額は約定返済金額(最低返済金額)のみで、原則変更することができません。多く返済したいときは臨時返済でまとまった金額を返済しなければならず、毎月の支払い額を増額することはできないため注意が必要です。

SMBCモビットは口座振替での返済が最もお得

SMBCモビットの返済方法の中では、返済額、返済が確実にできる、返済手数料が無料、他人に知られずに利用できる点から考えても口座振替が最もおすすめです。口座の管理を怠らなければ問題なく返済できるため、信用を作ることにも役立つ支払い方法だといえます。

SMBCモビット
  • 郵便物なし!
  • WEB完結なら会社への電話連絡なし!
  • 契約からキャッシングまでウェブで完結
お急ぎの方も当日融資が可能なモビット。当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0〜18.0% 1万円~800万円 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります。
当日融資
※14:50迄の振込手続完了で
当日振込可。
審査結果により不可の場合有。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
ページの先頭へ