SMBCモビットで増額をしておまとめローンとして利用する方法を紹介。平均的な年収の人が実際借りられる金額がいくらなのか公開 - 人気コラム | ローン研究Lab

SMBCモビットで増額をしておまとめローンとして利用する方法を紹介。平均的な年収の人が実際借りられる金額がいくらなのか公開

目次

SMBCモビットをおまとめローンとして利用するための方法とは?

SMBCグループのSMBCモビット即日審査・即日融資が可能なスムーズにお金を借りられるカードローンです。金利が低くて、Web完結申込をすると職場への電話連絡などを無しにカードを発行できます。そんなSMBCモビットですが、おまとめローンとしての有効活用はできるのでしょうか。

金融機関名が入ります。
SMBCモビット
金融機関名が入ります。
アイフル
金融機関名が入ります。
アコム
分類 消費者金融 消費者金融 消費者金融
金利 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0%
限度額 800万円 800万円 800万円
郵送物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡無し ◯WEB申込のみ
増額

おまとめローンってなに?

おまとめローンとは、複数の会社からの借り入れを一つの借り入れ先にまとめるローンになります。このように借り入れ先をまとめるメリットは主に二つあります。

一つ目は、返済総額を削減できるということです。おまとめローンにより借り入れ先を一本化する場合、1社からの借り入れ額が大きくなるため、たいていの場合金利が下がります。そのため、支払う利息が減り、返済総額を減少させることができます。

二つ目は、返済を効率化できるということです。おまとめローンにより返済をまとめると、返済日や返済額も一つになります。複数社で返済日も各返済額も違うという状況でなくなり、返済の計画を立てやすくなります。

SMBCモビットにおまとめローンがない

SMBCモビットには、貸金業法に基づいた正式なおまとめ専用のローンはありません。従って、通常のキャッシングで多めの金額を借り入れして、他社の返済をまとめるという方法を取ることになります。なお、総量規制の対象になるので、消費者金融からの借り入れの合計が年収の3分の1を超えることはありません

公式サイトQ&Aより

SMBCモビットで借りられる金額はどれくらい? 年収と総量規制の関係を解説

他社からの借り入れを1つにまとめる役割のおまとめローンは、総量規制の対象外と定められていますので、年収に関係なく多額の金額を借り入れ可能です。SMBCモビットには、貸金業法に基づいたおまとめローンはありません

SMBCモビットでおまとめローンは不可能なのか。

結論から申しますと、不可能ではありません。借入れは原則、審査の時点で個人単位での限度額が決定します。人それぞれ借りられる金額がわかれるというのはご存知かと思いますが、この限度額の設定はどのように決まっているかは各社細かくルールが異なります。

おまとめローン審査の指標となる項目について

ルールの違いはあれど、一律して指標としている共通項目があります。
・年収
・勤続状況
・世帯有無

当たり前ですが、年収が高ければ高いほど借りられる金額のキャップが上がります。勤続状況は、勤務年数・月々の収入・役職・勤め先企業の規模等が関係されていると考えられています。世帯有無は、結婚しているか・持ち家なのか賃貸なのか貸家なのか・持ち家ならローンはあと何年残っているか、賃貸、貸家なら月々の家賃はいくらなのかこういった部分も加味されていると言われてます。

おまとめローン、または借り換えローンをしたい場合の方法。

おまとめローン、または借り換えを検討中の方がSMBCモビット経由で実行しようとした場合、一つ大きな壁があります。それは、「SMBCモビット多額融資を行おうとしても、限度額に限界がある」ということです。貸金業法で年収の3/1以下の借り入れしか適用されない総量規制というものがあります。これは、例えば年収が300万円の人が借りられる上限は100万円までということで、この方がいくら150万円を借り入れしたいと言っても、借りられる金額は100万円までなので実現負荷になります。これは現金での取引のお話で、例えばマイホームを購入したいとなった場合は住宅ローンを組むことになります。この場合、家等はその程度の金額で購入することは大抵の場合不可能なので、総量規制のルールは対象外となります。

現金での取引の場合でも、
・不動産を担保とする貸付
・緊急の医療費のための貸付け

このような場合等も総量規制の対象外となり、カードローンの限度額以上に借入れをすることも可能です。

SMBCモビットで多額融資を行いたい場合

SMBCモビット借り換えを検討したい方は、まずはご自身の年収ベースで考えることがベストです。もし、年収ベースで考えても借入れしたい金額が現実的なもの(年収の三分の一以内)であれば、まずは申込みをしてから、増額申請を狙うという手法があります。限度額をあえて低めに設定して申込みをし、借入れを数回繰り返します。そこで信用情報を上げてゆき、「返済日も返済金額もしっかり守ってくれる。この人ならもう少し多めに貸しても問題なし」といった信用を勝ち取ることが出来るので、その後に増額申請を行うことで限度額が引き上げることが可能です。

SMBCモビットの申し込み方法

カード申込の場合

  • 1. 公式ホームページにて申し込み時に「WEB申込」を選択する
  • 2. 申込内容を入力する
  • 3. 申込をして約15分後にコールセンターから申込確認の電話
  • 4. 審査
  • 5. メールか電話で審査結果を通知
  • 6. ローン契約機に行ってカードを受け取る
  • 7. 発行したカードを使ってキャッシングできるようになる

WEB申込

  • 1. 公式ホームページにて申し込み時に「WEB申込」を選択する
  • 2. 申込内容を入力する
  • 3. スマホで撮影して身分証をアップロードして提出
  • 4. 審査
  • 5. メールか電話で審査結果を通知
  • 6. パソコンで契約手続き
  • 7. 利用開始

以上が2つのやり方でSMBCモビットに申込をする手順です。なお、審査の結果によって住所確認が必要になったらば、郵送でカードが届くまで融資を受けることは不可能となります。

年収の三分の一を超える借り入れを検討したい場合、残念ながら実現するには相当にハードルが高いので別の業者を選ぶことをお勧めします。

他社のおまとめローン紹介

金融機関名が入ります。
アイフル
金融機関名が入ります。
アコム
金融機関名が入ります。
プロミス
分類 消費者金融 消費者金融 消費者金融
金利 年3.0%~17.5% 年7.7%~18.0% 年6.3%~17.8%
限度額 800万円 300万円 300万円
郵送物不要
WEBで申込完結
おまとめ商材 かりかえMAX・おまとめMAX 貸金業法に基づく借り換え専用ローン 貸金業法に基づくおまとめローン

アイフル

アイフル おまとめMAX
金融機関名が入ります。
金利 年3.0%~17.5%

アコム

アコム 借換え専用ローン
金融機関名が入ります。
金利 年7.7%~18.0%

プロミス

プロミス おまとめローン
金融機関名が入ります。
金利 年6.3%~17.8%

以上が他社のおまとめローンになります。また、他社のおまとめローンには、総量規制の対象になりませんが、年収に応じた返済能力に応じて借り入れ限度額が定められています。そのため、総量規制の対象外であっても、法外な金額を借り入れできるというわけではありません。おまとめローンでも、あくまで申込者の返済能力に応じた金額しか、借り入れできないというのが実態なのは覚えておきましょう。

SMBCモビットのキャッシングについて

SMBCモビットは消費者金融で、正式なおまとめローンもないので、借り入れのすべてが総量規制の対象になります。SMBCモビットのキャッシングをおまとめに用いる場合にも、総量規制内しか借り入れできませんので、結局は年収の3分の1以下が借り入れの上限になりますし、他社から借り入れしていたらもっと少なくなります。

他社からの借り入れでSMBCモビットからの借り入れが少なくなる例を紹介

年収500万の人が、他社数社合計で100万円を借り入れをしていた場合

この方が借りられる総額は500万÷3=167万円が上限となります。
これに他社からの借り入れ100万を引きます。
167万-100万=67万円
なので、借り入れできる上限は67万円となります。

SMBCモビットでの借り入れ限度額は最大でも67万になり、他社からの借り入れ100万円分をまとめることはできません。

年収1200万円の人が他社数社合計で100万円借りていた場合

この方が借りられる総額は1,200万円÷3=400万円が上限となります。
これに他社からの借り入れ100万円を引きます。
400万円-100万円=300万円

これならば、モビットでの借り入れ限度額は300万円になりますので、他社からの借り入れをまとめられます。

以上のことから、他社からのキャッシングを1つにまとめるおまとめローンを、SMBCモビットの借り入れで行う場合、年収が少ない人は難しくなります。少なくとも、借入額が年収の6分の1以下でなければ、借り入れをまとめることはできませんSMBCモビットのキャッシングを使って借入をまとめるには、年収ベースでの考え方を軸に検討しましょう。

SMBCモビットのキャッシングを使ったおまとめローンはあくまで年収が高い人向けというのを覚えておきましょう。

借入れの限度額を上げるのって案外難しいンダネ
うむ、商材としての「おまとめローン」または「借り換えローン」といったものがある業者なら、多額融資を想定している為このようなことはないのじゃが、商材として用意のない業者でおまとめしたいとなった場合、増額という方法以外には中々難しいのが現実で、実際に思い描いた希望額まで引き上げるのは大変なんじゃ。ただし、これは【借り換えを前提とした増額】だから、あくまで多額を想定したときの話としてあまり後ろ向きには考えないことじゃ。実際、増額というのはポピュラーで問題なく利用している方なら十万円単位で自動的に増えていくイメージでもある。カードローン会社の方から「増額できますよ?」と連絡があるくらいの話である。
じゃあ、「増額は可能。ただし、限度額によりけり!」って話ダネ
うむ、そういうことじゃ!

銀行カードローンのおまとめローンとSMBCモビットの違いは?

他社からの借り入れを1本におまとめする場合、金利の低い銀行カードローンをおまとめローンに利用するのは適しています。しかし、銀行カードローンをおまとめローンに使うのには、適している方と適していない方がいるのを把握する必要があります。

銀行カードローンの特徴

・審査に2週間から1ヶ月の時間がかかる
・本人確認の電話がかかってくる。
・契約後は書類が郵送される
・審査のハードルが高いので、審査に落ちる可能性が高い

銀行カードローンには以上の特徴があるので、家族に借り入れをバレたくない方は避けるのが得策です。また、消費者金融に比べて銀行カードローンは審査にかなり時間がかかります。そのため、急な借り入れが必要な方には不適切です。そして、銀行カードローンは審査基準を満たすのが厳しい傾向があります。審査に受かる可能性が薄いと思った方は、消費者金融をおまとめローンの利用先に選ぶのも有効です。

SMBCモビットは、銀行カードローンと比べてアプリの機能が充実していますし、返済方法や返済日も選ぶことができます。もしも、期日までに返済できない時も、返済日を延長したり、返済額を減額してくれるというように柔軟な対応をしてくれます。銀行カードローンよりも、SMBCモビット融通が利いて利用しやすいです。おまけに、SMBCグループの子会社ですので、銀行カードローンのような信頼性を持てるのが長所です。

SMBCモビットでのおまとめローンに向いている人の特徴

即日融資でおまとめしたい人

SMBCモビットのキャッシングを使ってのおまとめローンは、正式なおまとめローンではないので、即日審査・即日融資が可能です。申込をした当日に借り入れをして、ローンをまとめたい方に有効です。

他社の消費者金融の正式なおまとめローンは、貸金業法に基づいているので、審査が終わるのには最短でも1日かかってしまいます。SMBCモビットは、おまとめローン以外にも最短即日融資を受けられるのがメリットです。

家族にバレたくない人

SMBCモビットWeb完結申込ならば自宅への郵送物が一切届きませんので、おまとめローンをしたのがバレることはありません。

電話連絡が嫌な人

SMBCモビットWeb完結申込ならば、職場への電話連絡がありませんし、本人確認・申込確認の電話もありません。そのため、家族や職場にバレる危険性をなくすことができます。

ただし、Web完結申込は、申込者が返済能力を持っているか判断するための審査が少し厳しいというデメリットがあることは覚えておきましょう。

Web完結申込の条件とメリットを紹介

WEB申込に必要な条件

Web完結申込のメリット

Web完結申込は必要書類が一切発行されずに、会員専用WEBサービスなMyモビにて、すべて閲覧する仕組みとなります。必要書類と言った郵便物が一切届かないので、家族にバレる心配も少ないメリットがあります。

Web完結申込ならば、電話も郵送物もなしで他社からの借り入れを、SMBCモビットにおまとめローンできるような高額な借り入れができます。特に、銀行カードローンは郵送物が避けられないので、プライバシーの観点において、SMBCモビットは大きなアドバンテージを持っていると言えるでしょう。

SMBCモビットのおまとめローンは年収3分の1のラインに気をつけて利用する

SMBCモビットは即日審査・即日融資ができるので、他社からの借り入れをまとめたいという方に適しています

消費者金融カードローンのため、銀行カードローンよりも金利は高くなりますが、必要書類の郵送がなくて審査が通りやすいというメリットがあります。加えて、Web完結申込なら申込確認電話や職場への電話連絡もないので、家族や同僚にバレる危険も無くせます

一方で、SMBCモビットは消費者金融カードローンで、正式なおまとめローンがないことから、総量規制の範囲内でしか、借り入れのおまとめができません。そのため、他社からの借り入れも含めての年収の3分の1以上の借り入れは総量規制の対象になります。

従って、年収が低い方は借り入れ限度額が低くなるということに注意し、年収3分の1を目安に、SMBCモビットをおまとめローンに活用しましょう。

SMBCモビット
  • 郵便物なし!
  • WEB完結なら会社への電話連絡なし!
  • 契約からキャッシングまでウェブで完結
お急ぎの方も当日融資が可能なモビット。原則24時間最短3分でお振込可能。
※申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります。
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0〜18.0% 1万円~800万円 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります。
当日融資
※原則24時間最短3分でお振込可能
※申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります。

ページの先頭へ