楽天銀行カードローンを利用して車を購入することは可能?カーローンとの違いを個別具体的に解説 - 人気コラム | ローン研究Lab

楽天銀行カードローンを利用して車を購入することは可能?カーローンとの違いを個別具体的に解説

目次

楽天銀行カードローンで車を買うメリットを解説

楽天銀行カードローンは、金利が低く申込がしやすく、楽天ポイントが貯まることで人気のカードローンです。楽天銀行には、「学費用」「結婚資金用」「旅行用」などの目的別ローンがありますが、「自動車用」の目的別ローンはありません。それでも、通常の「楽天銀行カードローン」を車のローンとして使うことができ、メリットも多いです。

他社カードローンとの比較

楽天銀行
楽天銀行

アイフル
アコム
アコム
プロミス
プロミス
分類 ネット銀行 専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
金利 年1.9%~14.5% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8%
限度額 800万円 800万円 800万円 500万円
来店不要
口座開設不要
郵便物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡
無し

楽天銀行カードローンで車を買うメリット

どんな車にも利用しやすい

楽天銀行カードローンで車を買うメリットとしては、楽天銀行カードローンは使用目的が自由なので、新車だけではなく、中古車なども利用できることです。実際に車を楽天銀行カードローンで購入する時は、新車でも中古車でも金利は同じなのもメリットでしょう。カーローンで車を買う場合は、新車の金利は低く、中古車の金利は高くなるケースがあるので、新車でも中古車でも同じ金利の楽天銀行カードローンは安心して利用できるでしょう。

誰でも利用ができる

楽天銀行カードローンは、学生、パート、アルバイトでも申込ができて、通常のカーローンよりもハードルが低く、審査に通過する確立が高いのもメリットです。最近では、学生の方でも車を買うケースもかなりありますが、カーローンでは学生であるので申込ができない場合もあり困ることもあるでしょう。

いつでも申し込みができる

楽天銀行カードローンは、24時間いつでも申込が可能なので、自分の好きな時間に申込ができるのもメリットです。楽天銀行カードローンの申込は、スマートフォンからもできて、専用のアプリを利用して必要書類の提出ができるので利便性が高いです。楽天銀行カードローンでは、カーローンのようにディーラーに行く必要がないので便利です。

複雑な書類がいらない

楽天銀行カードローンで車を購入するメリットとして、カーローンに必要な自動車売買契約書や見積書などの書類がいらないことが挙げられます。

車以外にも利用できる

利用目的が自由である楽天銀行カードローンは、車の購入だけではなく、自動車免許取得費用、バイク購入費用、車検の費用のためにも使うことができるので利便性が高いでしょう。

 

楽天銀行カードローンと車用のカーローンの違いは?

 

楽天銀行カードローンのメリット

利息が高騰することがなく安心

楽天銀行カードローンは、利用残高によって金利がある程度決まっているので、利息が高騰することなく安心して利用できます。計画的に借入ができる楽天銀行カードローンは、利用者にとっては使いやすいでしょう。

また、利用限度額と借入利率は、審査の時に決定するので、審査結果が出たらより具体的に利用方法を自分なりに決めることができて良いでしょう。

返済後新たに借入することができる

楽天銀行カードローンは返済後、再び借り入れることができるので金銭的にきつい時には、返済しつつ新たに借入をすることができるのもメリットでしょう。再度借りる場合は利用限度額まで何度も借入ができるので良いでしょう。金銭的に困っている時に、柔軟に対応できる楽天銀行カードローンは利用価値が高いです。

ATMを利用してこまめに繰上返済が可能

楽天銀行カードローンは、ATMを使用してこまめに繰上返済ができます。自分のお金に余裕がある時に、繰上返済できることは早めに完済することにもなるので利用者にとってはありがたいです。また、総支払利息額も、繰上返済することで減るので、とても便利なシステムでしょう。

申込条件がゆるく、アルバイトやパート、主婦でも申込ができる

楽天銀行カードローンは、申込条件がゆるく、アルバイトやパート、主婦でも申込ができます。アルバイト、パート、専業主婦の方は、60歳以下である申込条件もあるので気をつけましょう。アルバイトでも安定した収入があれば、楽天銀行カードローンには申込めるのも魅力でしょう。

借入限度額ごとの借入利率

利用限度額 借入利率
800万円 年1.9%~4.5%
600万円以上800万未満< 年3.0%~7.8%
500万円以上600万未満 年4.5%~7.8%
350万円以上500万未満 年4.9%~8.9%
300万円以上350万未満 年4.9%~12.5%
200万円以上300万未満 年6.9%~14.5%
100万円以上200万未満 年9.6%~14.5%
100万未満 年14.5%

カーローンのメリット

通常のカードローンよりも、変動金利型のカーローンは、金利が低く設定されているのでお得

カードローンと比べると、変動金利型のカーローンは、金利が低く設定されているのでお得です。変動金利型とは、経済や市場の金利の動きによって、カーローンの金利が変わっていくタイプの金利を言います。特徴としては、不景気では金利が低くなり、負担が減るので利用者にとっては良いでしょう。

申込の手続きはディーラーでしてくれることが多く、申込の手間がかからない

カーローンは、申込の手続きをディーラーでしてくれることが多く、申込の手間がかからないメリットがあります。カードローンなどでは、申込の時に様々な書類を準備した上で申込する必要がありますが、カーローンでは必要な書類などを自分で準備すれば、こまかな申込の手続きをディーラーがしてくれるので助かります。

カーローンの申込にはいくつかの注意点やポイントがあるので、慣れているディーラーが代わりに申込してくれるのは安心でしょう。

楽天銀行カードローンの申し込み方法を解説 カーローンよりも簡単!

楽天銀行カードローンの申込は簡単にできるので便利です。車を購入する為に、楽天銀行カードローンに申込む場合でも、車の見積書などの書類は一切いらないので、身分証明書、50万以上借りたい場合は収入証明書、の2つがあれば良いでしょう。

■楽天銀行カードローンの申し込み手順

① 申込フォームに入力

楽天会員の方、楽天銀行の口座を持っている方、楽天のIDと楽天銀行口座の両方を持っていない方とで申込のフォームが違うので気をつけましょう。

② 受付メールが送られてくる(カード発行までの流れが説明されている)

③ ローン審査

審査結果はメールで届くシステムになっています。

④ 在籍確認

自分の勤務先に在籍確認の連絡が入ります。在籍確認の電話は、非通知設定で担当者個人名の電話がくるので安心です。

⑤ 直接本人に電話があり、契約内容の確認がある

⑥ 必要書類の提出(免許証など、アプリですぐに提出可能)

必要書類は、アプリで写真を撮って送れば簡単にできるので簡単でしょう。必要書類の主なものとしては、本人確認書類、所得証明書類です。所得証明書類については、審査の結果楽天銀行が必要だと判断した場合に提出を求められることがあります。個人事業者や法人経営者の場合、希望限度額に関係なく所得証明書類が求められ可能性があるので、事前に用意しておくと良いでしょう。

⑦ 郵送でローンカードが発行されてカードローンの利用可能

楽天銀行カードローンのカード到着まで1週間ほどかかることがあります。ローンカードの送付先としては、自宅か勤務先となっていて、返済についての預金口座振替依頼書も同封されているのでチェックしましょう。

⑧口座振替依頼書を返送する

■楽天銀行カードローンは楽天IDを持っているとお得

楽天銀行カードローンは、申込時に楽天IDを持っていると、楽天スーパーポイントをもらうことができるのでお得です。楽天IDは、楽天会員に登録すると発行されるIDなので、登録をおすすめします。楽天銀行カードローンの申込時にもらえる楽天スーパーポイントは、借入額が多いほどもらえるポイントも多くなるシステムとなっています。

車の購入金額などは100万円以上の借入になることが多いので、沢山楽天スーパーポイントをもらい、他の買い物に使うことができるメリットがあります。

カードローン入会時にもらえる楽天スーパーポイント

入会月の翌月末時点のご利用残高 もらえるポイント
20万円以上30万円未満 500ポイント
30万円以上50万円未満 1,000ポイント
50万円以上80万円未満 2,000ポイント
80万円以上100万円未満 3,000ポイント
100万円以上200万円未満 10,000ポイント
200万円以上300万円未満 12,000ポイント
300万円以上400万円未満 15,000ポイント
400万円以上500万円以下 30,000ポイント

楽天銀行カードローンとカーローンのデメリット比較

楽天銀行カードローンとカーローンのデメリットを比較してみると、どちらもデメリットがあるので良く考えてどちらを利用するか決めると良いでしょう。楽天銀行カードローンであるスーパーローンのデメリットとしては、インターネット申込に限定されている点があります。

これは、インターネットの利用に慣れていない方にとっては、デメリットとなるでしょう。カーローンのデメリットとしては、カーローンの種類が沢山ある為に、どのカーローンにして良いのか判断できないケースがあることでしょう。

ディーラーなどで車を購入する際に、ディーラーからすすめられるカーローンが本当に自分にとって良いカーローンであるかは、良く調べてみないとわからないことがあるので気をつけましょう。

楽天銀行カードローンのデメリット

カーローンよりも金利が高い場合がある

楽天銀行カードローンのデメリットとして、カーローンよりも金利が高くなるケースがあります。特に新車を買う時には、カーローンの方が低金利になる場合があるので事前に把握しておいた方が良いでしょう。

また、金利が低いカーローンでも「金利変動型」のものが多い為に市場の金利が上がってしまった場合は、逆にカーローンの方が不利になることもあります。

利用目的を申請しない為、審査状況によっては、希望額が全額借りられない場合もある。

楽天銀行カードローンは、利用目的の申請や見積などが一切必要ない為に、お金の支払い先が複数あっても対応できますが、自分で借入希望額を記載して申込んでも、審査の結果では希望の利用限度額を減額されることもあります。

カーローンのデメリット

変動金利型のカーローンは、市場金利が高騰した場合、利息も急に上がり返済額が多くなる場合がある

カーローンのデメリットとして、変動金利型がありますが、考え方を変えてカーローンの固定金利型を選択することもできます。固定金利型は市場の金利が上昇しても影響を受けないのは良いですが、変動金利型と比べると固定金利型は金利が高く設定されているので注意しましょう。

審査が比較的厳しく、通りにくい

カーローンの他のデメリットとしては、審査が比較的厳しく通りにくい点が挙げられます。自分でカーローンの手続きをする場合は、書類手続きなども面倒なこともあるので、ディーラーにカーローンの申込を手伝ってもらうケースも多いでしょう。

車体はA社、パーツやタイヤなどはB社といったように支払先が違う場合、すべてをカーローンで購入できない

カーローンでは、車体とパーツ、タイヤなどで支払い先が違うと、全てをカーローンで購入できないケースもあります。この点は、利用目的を記載しないで申込む楽天銀行カードローンとの大きな違いでしょう。

カーローンには見積が必須なので、車体を買うA社の分しかカーローンを借りることができません。また、提出した見積書よりも多くの金額を借りることはできないので気をつけましょう。

カーローンを考えている方は、楽天銀行カードローンがおすすめ!

楽天銀行カードローンを「カーローン」として利用すると、見積書が必要ないため、借りたい金額を自由に申請できる大きなメリットがあります。車を購入する際に、他のパーツなども含めると実際にどれ位の金額が必要なのか決められない場合などは、楽天銀行カードローンを利用すれば、少し多く借入することも可能です。

楽天銀行カードローンは繰上返済もしやすく、金銭的に苦しい時には、再度借入することも可能な為、ライフスタイルに合わせて負担なく返済していくことができます。計画的に借入をして、しっかりと返済することができれば楽天銀行カードローンを上手に使いこなせるでしょう。

利息も高騰することなく簡単な手続きで利用できる楽天銀行カードローンは、車の購入を考えている方にはおすすめです。

楽天銀行
  • 郵便物なし!
  • WEB完結OK!スマホだけで申し込み完了
  • 金利は年1.9%~14.5%
コンビニでのATM利用手数料0円。
楽天IDをお持ちの方はお申込みがさらにスムーズ
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
年1.9%〜14.5% 1万円~800万円 -
-
ページの先頭へ