楽天銀行カードローンで一括返済を行う3つの理由。まとめて返すメリットとデメリットをご紹介 - 人気コラム | ローン研究Lab

楽天銀行カードローンで一括返済を行う3つの理由。まとめて返すメリットとデメリットをご紹介

楽天カードローンで一括返済を行うメリットを解説

楽天カードローンで一括返済を行うメリットは、より支払い利息が少なくなるので利用者にとって利便性が高いことがあげられます。
楽天銀行カードローンは金利は年1.9%から14.5%となっていて、消費者金融と比べても低金利です。

楽天銀行カードローンの利用限度額と金利の関係は、利用限度額が800万円の場合、借入利率が年1.9%~4.5%となっています。利用限度額が一番低い100万円未満では借入利率が年14.5%となっているので利用する前から把握しておいた方が良いでしょう。

アイフル、アコム、プロミスでは、年金利が3.0%から18.0%となっているので、楽天銀行カードローンがお得なのかわかります。また、利用限度額では、楽天銀行カードローン、アイフル、アコムは800万円となっていて、プロミスは500万円です。楽天銀行カードローンは、楽天会員ランクに応じて審査が優遇されるので魅力的でしょう。

楽天会員ランクとは、最近の半年で獲得した楽天スーパーポイントの点数と獲得点数によって、ランクが決定するものです。

他社カードローンとの比較

楽天銀行
楽天銀行

アイフル
アコム
アコム
プロミス
プロミス
分類 ネット銀行 専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
金利 年1.9%~14.5% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8%
限度額 800万円 800万円 800万円 500万円
来店不要
口座開設不要
郵便物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡
無し

楽天銀行カードローンで一括返済を行うメリット

総支払利息額が少なくなる

楽天銀行カードローンで一括返済を行うメリットとしては、できるだけ短期間で返済することで、総支払利息額が少なくなることが挙げられます。長期にわたって返済していると、どうしても利息が気になるので、総支払利息額が少なくなる一括返済のメリットは大きいでしょう。

お金に余裕のある時に一括返済できれば、その後に経済的に厳しくなっても返済後なので問題ないでしょう。また、楽天銀行カードローンの借入を一括返済することで、他のローンの審査に通りやすくなることもメリットでしょう。

住宅ローンなどのローンの審査でも返済している最中のカードローンなどがあれば、その分審査も厳しく見られる可能性があります。カードローンは一般的に車などのローンと比べると金利が高めなので、楽天銀行カードローンの借入を一括返済することで気持ち的にも、借金をしているというストレスから開放されるので良いでしょう。

長期に渡って返済し続けることで。見えないプレッシャーを継続して受けていることになります。

借入金がゼロになる

楽天銀行カードローンで一括返済するメリットとして、一括返済後は「借金ゼロ」ということになるので、クレジットカードを作ったり、住宅ローン、カーローンを組みやすくなります。ローンなどでは、楽天銀行カードローンなどで借入している分だけ借入可能な限度額が減らされることもあります。

特に複数のローンを組んでいる方は、ローンの審査に不利に働く可能性があるので、一括返済をして少しでも有利に審査を申込めるようにすることもポイントでしょう。また、楽天銀行カードローンを一括返済することで、しっかりと返済した履歴が残るのでローンなどの審査で有利になることもあるでしょう。

一括返済することで借入できるキャッシングなどの上限が高くなることもあるので、この点も一括返済するメリットと言えるでしょう。できれば余裕のある時に楽天銀行カードローンの借入を一括返済することも視野に入れて利用するのがおすすめです。

楽天銀行カードローンの増額申請が通過しやすい

他の楽天銀行カードローンを一括返済するメリットとしては、楽天銀行カードローンの増額申請が通過しやすいことがあります。これは、完済してから、楽天銀行カードローンの増額申請をした場合、借金がないので審査結果が有利に進むことが多い為でしょう。

楽天銀行カードローンで一括返済すると、返済能力が高いと判断されることで増額申請にプラスに働くこともあります。増額申請については、楽天銀行カードローンを一括返済することで通過しやすくなる可能性があるだけで、必ず増額の審査に通過するというわけではないので気をつけましょう。

一括返済をする際は、楽天銀行提携のATMでの返済、インターネット返済は、入金手数料が無料なので前もって知っておくとよりお得に一括返済できます。他の銀行などのカードローンでは、一括返済時に手数料が必要なケースがあるので楽天銀行カードローンは利用者にとって便利なカードローンと言えます。

楽天銀行カードローンで一括返済を行う具体的方法

振込による方法

メンバーズデスクにログインして、完済金額を確認する

楽天銀行カードローンで一括返済を行う方法として、メンバーズデスクにログインして完済金額を確認して金融機関のインターネッバンキングを利用して振込する方法あります。手数料は無料となっているので利用者にとっては、便利なシステムでしょう。

一括返済を行う際に利用するメンバーズデスクは、楽天銀行スーパーローン会員の方専用の便利なオンラインサービスとなっています。登録無料で登録後にすぐに利用が可能、利用も無料、携帯電話からの利用もできるなどの特徴があります。

メンバーズデスクは融資の申込、インターネットでの返済、利用明細、各種照会、利用可能額の確認などをパソコン、携帯電話で利用できるので、簡単に完済金額を確認することができて一括返済をスムーズに行えるのがメリットでしょう。インターネットからの返済ができることは、普段忙しい方でも時間のある時に返済できるのも大きな利点です。

お客様専用振込口座をカードセンター(0120-730-115)に電話して聞き、そこへ振込む

楽天銀行カードローンでは、お客様専用振込口座をカードセンター(0120-730-115)に電話して確認して、そちらに振込をする方法があります。実際にカードセンターに電話で振込先を確認することで安心する方も多いので良いシステムでしょう。

こちらのサービスを利用して一括返済の振込をした場合は、振込手数料は自分で負担することになるので事前に知っておいた方が良いでしょう。楽天銀行のカードセンターは、受付時間9時から17時で携帯電話やPHSからでも利用できるようになっています。

また、海外からでフリーダイヤルを利用できない場合は、通話料が有料の03-6832-1358に電話することでカードセンターにつながります。こちらの受付時間も平日9時から17時となっているので、海外にいて急用でカードローンの返済について確認したい時に利用できます。

カードセンターに一括返済で利用する口座番号を確認する為に電話する時は、銀行などの口座番号をすぐに確認できるものを準備しておいた方が良いでしょう。

ATMによる方法

楽天銀行カードローンのメンバーズデスクでは、一括返済したい時にログインして完済金額を確認して、ATMで入金することができます。メンバーズデスクでは、24時間自分の都合の良い時間帯に各種照会ができます。残高照会は、いつでもカードローンの残高、利用総額を見ることができるので、一括返済をする際にも確認することが簡単にできます。

注意点としては、毎月の口座振替による返済については、数日残高照会に反映しないことがあるので、前もって知っておくと焦らずに済むでしょう。他の借入や返済についてもすぐに反映しない場合もあるので気をつけましょう。一括返済を提携ATMから行う場合は、ATM手数料は無料で、返済は千円単位でできるので手数料無料のATM利用をおすすめします。

銀行のATMによっては、入金の手数料が有料である場合があるので注意しましょう。一部の提携先店舗では1円単位での返済も可能となっています。カードローンの提携CD、ATMについては、全国で100,000台以上あり、楽天銀行カードローンのホームぺージで全国のCD、ATMを検索することができて便利です。

ATM利用料金

ローソン銀行 無料
コンビニATMイーネット 無料
セブン銀行 無料
イオン銀行 無料
三井住友銀行 無料
みずほ銀行 無料
三菱UFJ銀行 有料(1万円以下108円、1万円以上は216円)
りそな銀行 有料(1万円以下108円、1万円以上は216円)
しんきんバンク 有料(1万円以下108円、1万円以上は216円)

楽天カードローンでの臨時返済もおすすめ!

楽天銀行カードローンで一括返済をすると、総支払利息が抑えられるというメリットがありますが、まとまったお金がない場合でも、こまめに少しずつ臨時返済を利用すると良いでしょう。

楽天銀行カードローンの臨時返済は、提携ATMからの返済、インターネットからの返済、振込での返済があり自分で選ぶことができます。インターネットの臨時返済では、スーパーローンの会員サービスであるメンバーズデスクで金融機関のインターネットバンキングを利用することで、手数料無料で、1円単位で返済ができるので利便性がとても高いでしょう。

また、振込による臨時返済では、客専用のカードローン専用口座が用意されるので安心して振込ことができます。

臨時返済をすると、借入残高が減る、総支払期間が短くなるなどがありお得

楽天銀行カードローンでは、臨時返済すると借入残高が減ることや、総支払期間が短くなるなどのメリットがあるので、一括返済が難しい場合でも、臨時返済を積極的に行うと良いでしょう。その際、手数料無料のATMを利用するとよりお得に臨時返済できます。

手数料が無料のATMは、ローソン銀行、コンビニATMイーネット、セブン銀行などになりますが、手数料が有料となるのは、三菱UFJ銀行、りそな銀行、しんきんバンクとなっているので事前に知っておいた方が良いでしょう。

大手の銀行の三菱UFJ銀行やりそな銀行などの手数料は、臨時返済の金額が1万円以下であれば108円、1万円以上は216円
となっています。

楽天銀行カードローンで一括返済をするデメリットはある?

楽天銀行カードローンで一括返済するメリットは大きいが、デメリットもあります。

まとまったお金が必要になる

楽天銀行カードローンで一括返済するメリットは大きいですが、いくつかのデメリットもあります。一つ目としては、まとまったお金が必要になる点です。一括返済をする場合は、どうしても多くのお金をまとめて支払う為に、金銭的な負担は大きくなります。

特に、たくさん借りていた場合、一括返済すると貯蓄などが一気に減ることになるので、資金難にならないように気をつけながら、一括返済を検討すると良いでしょう。無理をして一括返済をしてしまえば、他にローンの契約をして生活することになることもあり得るので計画的な一括返済がポイントです。

手数料がかかる方法がある

一括返済を楽天銀行カードローンでする場合のデメリットとして、手数料がかかる方法があることでしょう。一括返済の方法には、ATMでの入金と振込での返済があります。振込の場合は振込代がかかるので事前に把握しておいた方が良いでしょう。

返済する金額多い時は、銀行によっては手数料が大きくなるので手数料無料の提携ATMから返済する方法がおすすめです。

また、インターネットを利用して一括返済することもできますが、インターネットでの返済には、楽天銀行スーパーローンのインターネット返済ができる金融機関で、インターネットバンキングまたはモバイルバンキングの登録が必要になります。

時間のある時にインターネットバンキングに登録すれば、一括返済ができるだけでなく手数料も無料なので便利なサービスでしょう。

楽天銀行カードローンの一括返済は、総支払利息が抑えられる

楽天銀行カードローンは金利が低く、利用しやすいことが人気の理由ですが、一括返済をした方が、総支払利息が抑えられるのでおすすめです。一括返済では、一度に多くのお金が必要となるケースもあるので、計画的に一括返済をするように注意することで、余裕をもって楽天銀行カードローンを利用できます。

一括返済をするお金がない場合は、少しでも繰上返済した方が、結果的に総支払利息が減るので自分に合わせて繰上返済するのも良いでしょう。繰上返済を利用する時は、提携ATMやインターネットを利用することで手数料が無料となるので、この点を意識して繰上返済を検討してみるのをもおすすめです。

楽天銀行
  • 郵便物なし!
  • WEB完結OK!スマホだけで申し込み完了
  • 金利は年1.9%~14.5%
コンビニでのATM利用手数料0円。
楽天IDをお持ちの方はお申込みがさらにスムーズ
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
年1.9%〜14.5% 1万円~800万円 - -
ページの先頭へ