個人事業主は楽天銀行カードローンに申込もう!楽天銀行カードローンに申込むメリットと注意点とは? - 人気コラム | ローン研究Lab

個人事業主は楽天銀行カードローンに申込もう!楽天銀行カードローンに申込むメリットと注意点とは?

目次

楽天銀行カードローンは個人事業主でも申込み可能! 詳しい申し込み条件は?

楽天銀行カードローンは、楽天市場でも知られる楽天グループの楽天銀行が提供しているカードローンです。楽天銀行カードローンは知名度が高いだけでなく消費者金融と比べると金利も低く個人事業主でも申込可能な魅力のあるカードローンです。

申込みの際は、スマートフォンで楽天銀行アプリを利用することで、申込書類への面倒な記入などを省けて書類提出することができます。

他社カードローンとの比較

楽天銀行
楽天銀行
アコム
アコム

アイフル
プロミス
プロミス
分類 ネット銀行 専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
金利 年1.9%~14.5% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8%
限度額 800万円 800万円 800万円 500万円
来店不要
口座開設不要
郵便物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡
無し

通常の申込条件をクリアすれば個人事業主でも申し込むことができることが魅力

カードローンによっては、個人事業主が申込みできないカードローンもありますが、楽天銀行カードローンは自営業者でも通常の申込条件を満たしていれば申込みが可能なので魅力のあるカードローンと言えます。

楽天銀行カードローンの申込条件は、年齢が満20歳以上62歳以下の方(パートやアルバイト、専業主婦の方は60歳以下)で日本国内に居住していて、勤めていて毎月安定した収入がある方または専業主婦の方で、楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方となっています。

楽天銀行カードローンの申込条件は下記のとおりです。

  • 満年齢20歳以上62歳以下の人
    (ただし、パートやアルバイト、専業主婦は60歳以下)
  • 日本国内に居住している方
  • 勤めており、毎月安定した収入がある方、または、専業主婦の方
  • 楽天カード株式会社または株式会社セディナの保証を受けることができる方

事業資金としてお金を借りることはNGでも「事業資金以外の、私的な資金目的」であれば問題なく申込みが可能

楽天銀行カードローンは事業資金としては借入することができないので、注意が必要です。借入した資金使途は、誰にもバレないから事業資金にしても問題ないと考えてしまいますが、楽天銀行カードローンの申込条件の中に「資金使途は原則自由ですが、事業性資金には利用できませんと」と記載があるのでしっかり申込条件を守りましょう。

事業資金以外の、私的な資金目的であれば問題なく申込ができるので、幅広い借入の需要に応えるサービスを提供しているのが楽天銀行カードローンです。

 

 

楽天銀行カードローンに個人事業主が申込むための手順を解説

楽天銀行カードローンの申込手順から融資までの流れを解説。

①スマホやパソコンから申込みフォームの記入を行う

楽天銀行カードローンの申込みでは、勤務先は必ず固定電話を記入すること。これは、楽天銀行カードローンが携帯電話での勤務先の在籍確認を行っていないためです。

②メール受信

インターネットでの申込後に配信される受付のメールでは、ローンカード発行までの流れが記載されているので、案内を把握して次の審査の手続きに入ります。

③審査開始

金融事故がないか、反社会的勢力でないか等を審査。審査結果はメールで連絡がきます。メール受信の設定をドメイン指定受信に設定している方は、設定解除か楽天銀行カードローンの指定ドメインを受信できる設定にする必要があります。

④在籍確認

審査に通過した場合、職場へ在籍確認が行われます。楽天銀行カードローンに在籍確認をする時間を指定したい時は、専用窓口(0120-730-115)に連絡して相談してみると良いでしょう。

⑤契約内容の連絡

在籍確認が終わると、契約内容(限度額や適用金利など)が電話で説明されます。この電話で、提出する書類の説明も行われるのでしっかりと把握しましょう。

⑥必要書類の提出

書類の提出は郵送でもできますが、楽天アプリを使って書類画像を送信するとスムーズです。個人事業主の場合は、本人確認書類と収入を証明する下記の書類を提出しましょう。

  • 確定申告書
  • 課税証明書
  • 税額通知書など

 

⑦手続き完了後、ローンカードが手元に届く

楽天銀行カードの手続きが完了した後は、ローンカードが届きますが、振込融資を選択した方は、ローンカードが手元に届く前に融資を受けることができるメリットがあります。急ぎで借入が必要な方は、振込融資を選択すれば審査に通ったら日から融資を受けることができるので便利でしょう。

⑧振替依頼書を郵送

最後の手続きとして、楽天銀行でない銀行を口座振替の銀行に指定するケースでは、口座振替依頼書を返送します。楽天銀行を口座振替の銀行に指定した場合は、口座振替依頼書を郵送しないでも良いので手間が省けます。

 

 

個人事業主が楽天銀行カードローンの審査に通過するためのポイント

個人事業主は、一般の会社員やパート、アルバイトよりも審査が厳しくなる傾向がある

楽天銀行カードローンでは、個人事業主で申込みをした場合、一般の会社員やパート、アルバイトよりも審査が厳しくなる傾向があります。理由としては、個人事業主は、会社員やパート、アルバイトと比べて「安定した収入がある」という点で、不利になるためです。

個人事業主は始めてからあまり年月が経っていない営業年数が3年未満の方は、返済能力に不安があると判断され審査に通らない可能性があります。一般的に会社員やパートと比較して個人事業主は、売上をコンスタントに上げることが難しい場合も多く、楽天銀行カードローンでも、個人事業主に対しては安定した収入が毎月あるかしっかりと確認します。

個人事業主が楽天銀行カードローンの審査に通過するためのポイント

 

個人事業主が楽天銀行カードローンの審査に通過するためのポイントはあるの?

 

①収入証明書類をしっかりと用意する

 

楽天銀行カードローンでは、一般の申込みの場合、収入証明書類が必要ないこともありますが、個人事業主の場合は、収入証明書類が必要なので気をつけましょう。収入証明書類は、申込後に3日以内に送信しなくてはいけないので、申込前に用意しておくのがおすすめです。

モビットやアイフルのような他のカードローンでは、所定の営業状況確認書を提出しなければならないケースもるので、これらと比較すると楽天銀行カードローンは営業状況確認書を用意する手間が少なく、申込みやすいカードローンでしょう。

 

②事業開始からある程度の時間が経過している

 

個人事業主は収入が安定していないことが原因で、審査に通りにくくなる場合もあります。特に、創業してから数年しか経っていない場合は、カードローン会社にまだ不安であると思われがちです。創業から時間が経っているほど、審査に通りやすくなることを覚えておくと良いでしょう。

個人事業主の場合は、収入を安定させることが難しいので、楽天銀行カードローンでも安定した収入があるかどうかを審査する際に、創業後どれくらいの期間が経過していて、どれ位の安定した収入があるか確認する必要があるでしょう。

 

③正確な情報を記入する

 

審査に通るためには、個人事業主の方は経営年数や年収などはウソをつかずに、正確に記入する必要があります。少しくらいならごまかせると思う方がいますが、もしもバレた場合必ず審査に落ちるので気をつけましょう。審査に通るかどうか不安であっても、正直に申告することがポイントです。

審査を行う時に参考にされるのが、収入証明書なので収入証明書の金額と申込で入力する年収とが違いがあると、イメージが良くないので注意が必要です。

 

④固定電話を必ず用意する

 

楽天銀行カードローンの在籍確認は個人事業主でも行われますが、オフィスが自宅の場合は自宅の固定電話に電話が掛かってきて、それに出ることで在籍確認が完了となるシステムです。自営業者で固定電話をもたずに携帯電話のみというところもありますが、楽天銀行カードローンの在籍確認は固定電話のみとなっているので事前に知っておきましょう。

もしもどうしても固定電話での在籍確認が難しい個人事業主の方は、アコムなどの他のカードローン会社に申込むことを検討するのも良いでしょう。アコムであれば、電話で在籍確認ではなくて、確定申告書などの収入を証明できる書類の提出で在籍確認してもらえる場合があります。

 

 

楽天カードローンは個人事業主におすすめと言える5つの理由

楽天銀行カードローンは個人事業主におすすめできるカードローンが、その理由を解説。

 

楽天銀行カードローンが個人事業主におすすめの理由はあるの?

 

①収入証明書類だけでOK

 

楽天銀行カードローンを個人事業主におすすめできる理由として、収入証明書以外の書類は必要ないことです。収入証明書は、確定申告書や所得証明書などの一般的な書類だけで問題ないです。個人事業の方の場合、収入証明書は課税証明書、収入や所得額の記載があるもの、確定申告書のどれかを提出するようになっています。

確定申告書は、自分が個人事業をしていることを証明する際に必要になるケースが多いので、しっかりと管理しておいて、楽天銀行カードローンの収入証明書のように提出する時は、すぐに提出できるようにしておくと良いでしょう。

 

②インターネットで簡単に申し込める

 

インターネットで簡単に申込みできる楽天銀行カードローンですが、スマートフォンやパソコンで手続きができるので忙しい時でも申込みやすくなっています。スマートフォンで必要書類の提出ができますが、使用するアプリの「楽天銀行」は、楽天銀行カードローンのホームページから簡単にダウンロードできます。

楽天銀行アプリでの書類提出をする時は、必要書類の原本を撮影することになっているので注意しましょう。もしも原本以外で提出した場合は、再提出となるので知っておいた方が良いです。

 

③低金利で融資限度額も大きい

 

消費者金融と比べると楽天銀行カードローンは、金利が年1.5%から14.5%と低く、限度額も800万円と高額なため、利用者の様々なニーズに対応できるのもおすすめの理由の一つです。個人事業主で利用限度額が800万円のネット銀行のカードローンを利用でき、急にお金が必要になった時に頼もしい存在なのが楽天銀行カードローンです。

 

④楽天銀行だと24時間365日振込融資可能

 

楽天銀行カードローンでは、楽天銀行の口座を登録すると、24時間365日振込融資可能になり利便性が高いです。また、楽天銀行と楽天銀行カードローンを一緒に利用することで、楽天銀行ハッピープログラムのランクが一つ上がるので、楽天銀行を利用している場合は、よりメリットが大きいです。

 

⑤楽天ポイントがもらえる

 

カードローンの入会では、特典が付くことがありますが楽天銀行カードローンでは、入会すると楽天ポイントがもらえます。入会と利用で最大31,000ポイントプレゼントされるのでお得でしょう。

注意点として過去6ヶ月以内に「楽天銀行スーパーローン」や「ワイマン」を申込みしている場合などは、楽天スーパーポイントがもらえないので事前に確認しましょう。

 

 

楽天銀行カードローンは利便性が高く、ポイントももらえるので個人事業主にもおすすめ!

楽天銀行カードローンでは事業性資金を借りられないが、私的な資金目的であれば個人事業主でも申込むことが可能

楽天銀行カードローンは事業性の資金で借りることはできませんが、私的な資金目的であれば個人事業主でも申込むことができるので良いでしょう。私的な資金とは、旅行や生活費なども含むので楽天銀行カードローンは様々な用途で利用できて個人事業主の生活を支えてくれるカードローンでメリットが多いです。

楽天銀行カードローンは金利が低くて利便性も高いだけでなく、楽天ポイントももらえるので、個人事業主にもおすすめ!

個人事業主でも申込める楽天銀行カードローンですが、審査のポイントを理解しておけば、審査に通る可能性も高まります。一つの審査のポイントとして収入証明書の提出がありますが、確定申告などの書類を事前にしっかり準備して審査を受けると良いでしょう。

楽天銀行カードは、楽天銀行の口座を利用すると24時間365日振込融資が可能で利便性が高いだけでなく、入会の特典としてポイントがもらえるので個人事業主の方にもおすすめです。

楽天銀行
  • 郵便物なし!
  • WEB完結OK!スマホだけで申し込み完了
  • 金利は年1.9%~14.5%
コンビニでのATM利用手数料0円。
楽天IDをお持ちの方はお申込みがさらにスムーズ
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
年1.9%〜14.5% 1万円~800万円 - -
ページの先頭へ