楽天銀行カードローンで利息を減らす! 金利を下げる3つの方法と利息を減らすキャンペーンを紹介! - 人気コラム | ローン研究Lab

楽天銀行カードローンで利息を減らす! 金利を下げる3つの方法と利息を減らすキャンペーンを紹介!

楽天銀行のカードローンは低金利で利息が少なく最短翌日融資が魅力!

楽天銀行にはネット銀行ならではの低金利と、最短翌日融資可能などの利便性の高いメリットの多さで人気のカードローンがあります。楽天銀行カードローンの魅力は、楽天グループなので誰でも安心して利用できることです。

他社カードローンとの比較

楽天銀行
楽天銀行

アイフル
アコム
アコム
プロミス
プロミス
分類 ネット銀行 専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
金利 年1.9%~14.5% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8%
限度額 800万円 800万円 800万円 500万円
来店不要
口座開設不要
郵便物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡
無し

楽天銀行カードローンの年1.9%~14.5%の金利は、消費者金融と比較すると低く設定されています。金利の低さで人気の銀行カードローンの中でも楽天銀行の金利は低く、特に最低金利が低いのが特長です。

消費者金融・銀行カードローンとの金利比較

楽天銀行カードローン 年1.9%~14.5%
プロミス 年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%
アコム 年3.0%~18.0%
モビット 年3.0%~18.0%
レイクALSA 年4.5%~18.0%
みずほ銀行カードローン 年2.0%~14.0%
三井住友銀行カードローン 年4.0%~14.5%
三菱UFJ銀行バンクイック 年1.8%~14.6%
りそな銀行カードローン 年3.5%~13.5%

楽天銀行カードローンはスピーディーな審査など融資を受けるまでが速く、最短で翌日融資も可能なことが特長です。楽天銀行カードローンで可能な限り速く融資を受けるために押さえておきたい3つのポイントがあります。

 

 

楽天銀行カードローンで速く融資を受けるための3つのポイント

 

楽天銀行カードローンで可能な限り速く融資を受けるためにどんな事をしたら良いの?

 

①週前半の平日午前中に申し込む

 

土・日、祝日を挟むと審査に時間がかかります。早く融資を受けるには審査を速くしてもらうことがポイントなので、平日の早いうちに申し込めば、速く審査が行われる確率が上がります。

 

②必要書類は楽天銀行アプリから提出する

 

本人確認書類や収入証明書類といった必要書類は郵送での提出も可能ですが、楽天銀行アプリを利用して提出すれば、申し込み完了までの時間を短縮できます。スムーズにアプリから提出するために、アプリを使って提出する際の手順と注意点を確認しておきましょう。

〈楽天銀行アプリを使った書類の提出方法〉

  • 1)楽天銀行アプリをダウンロード
  • 2)アプリ起動後、「書類を送る」を選択
    ※必要書類提出の際は、ログイン手続きやログインは不要です。
  • 3)「スーパーローン申込」を選択
  • 4)生年月日と、審査開始後に楽天銀行から届く書類送付お手続きのお願いメールに記載の7桁の受付番号を入力
  • 5)生年月日と受付番号の認証後に表示される送付する書類の選択画面で提出する書類を選択
  • 6)書類を選択したら「次へ」をタップ
  • 7)書類を撮影し終えて提出完了

※書類は原本を撮影してください。
※ぼやけている、画像が暗いなど、画像が鮮明でない場合は再提出になる場合があります。文字を判読でき、必要情報が全て記載されていることを確認して提出しましょう。
※白黒以外の背景でケースなどから出した状態で書類を撮影してください。
※提出書類などで疑問点がある場合、「楽天銀行株式会社カードセンターローン専用ダイヤル0120-988-411」(受付時間は平日9:00~20:30、土・日、祝日10:00~17:30)へ問い合わせましょう。

 

③振り込み融資で借り入れする

 

楽天銀行カードローンはパソコンやスマートフォンからの簡単な手続きで登録口座へ振り込み融資してもらえるので、いつでもどこでも借り入れできます。楽天銀行の口座であれば、システム処理やメンテナンスの時間を除き24時間365日即時融資に対応しています。

楽天銀行以外の口座の場合、平日0:10~14:45までの受け付けで当日9:00~15:00頃、平日14:45~23:50までと金融機関休業日0:10~23:50までの受け付けで翌金融機関営業日の9:00~15:00頃に登録口座へ振り込まれます。

楽天銀行カードローンは他の銀行カードローン同様、消費者金融よりも金利が低いです。銀行カードローンの強みである低金利に加えて、融資を受けるまでがスピーディーな点で魅力です。

その他の楽天銀行カードローンの特長は、パソコン・スマートフォンからいつでも申し込み可能(楽天IDを利用して申し込むと申し込みに必要な情報の入力事項を少なくできてさらに簡単に申し込み可能)、楽天銀行口座がなくても利用できるのですぐに融資を受けたい時にも便利、パート・アルバイトの方も申し込みできるなどです。

パートやアルバイトの方も申し込みできるので、アルバイトをしている学生の方も申し込み可能です。ただし、パート・アルバイトで申し込めるのは60歳以下の方です。(楽天銀行カードローンは通常、毎月安定した継続収入があれば満20歳以上62歳以下の方に申し込み資格があります。

 

 

楽天銀行カードローンではどの金利が適用される? 借入額と金利の関係

カードローンの上限金利は、上限を超えた金利を無効とする利息制限法に基づき、借り入れ額に応じて15~20%と定められています。

利息制限法による上限金利

借入額 上限金利
10万円未満 年20%
10万円~100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

利息制限法では100万円以上の借り入れの上限金利は15%まで設定可能ですが、楽天銀行カードローンでは0.5%低い14.5%に設定されています。100万円以上の借り入れに対して楽天銀行カードローンは金利幅を細かく設定しているので、借り入れ希望額に対する金利の目安を知ることができます。

楽天銀行カードローン借り入れ利率

ご利用限度額 お借入利率
800万円 年1.9%~4.5%
600万円以上800万未満 年3.0%~7.8%
500万円以上600万未満 年4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 年4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 年4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 年6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 年9.6%~14.5%
100万円未満 年14.5%

借り入れ額の適用金利幅の間から審査に応じて金利が決まります。

 

 

楽天銀行カードローンで金利や利息を減らす方法を紹介

カードローンをお得に利用するには、可能な限り金利や利息を減らすことが大切なので、金利や利息を減らすコツを押さえましょう。

 

金利を低くする2つの方法とは?

 

①金利引き下げの交渉をする

 

楽天銀行カードローンに新規で申し込んだばかりの時は返済実績がないので難しい場合が多いですが、ある程度楽天銀行カードローンを利用し、延滞なく返済してきた実績が作られていれば、交渉が成功する可能性が高いです。新規申し込みでも、借り入れ条件が決定した際にもう少し金利を下げられないか交渉してみる価値はあります。

 

②増額申請する

 

楽天銀行カードローンは利用限度額が高いほど金利が下がるので、希望借り入れ額を高くすることは金利を下げる方法として有効です。新規申し込みでは希望借り入れ額が安い方が高いよりも審査に通りやすいので、楽天銀行カードローンに初めて申し込む方は必要最低限の希望額にし、半年程利用してから増額申請すると良いでしょう。

楽天銀行カードローンは、100万円未満の借り入れでは借り入れ金額にかかわらず金利は14.5%ですが、100万円以上200万円未満の借り入れでは借り入れ金額によっては9.6%まで金利を抑えることが可能です。

増額申請は楽天銀行カードローン会員専用サイト「メンバーズデスク」から行えます。ただし、審査の結果、増額できない場合があります。メンバーズデスクでは融資の申し込みや返済、残高照会なども行えます。

 

総支払利息を少なくする方法はあるの?

 

繰り上げ返済で総支払額を減らすことが効果的

 

利息とは金利に基づいてカードローン会社に支払うお金のことで、金利が低ければ支払う金額も抑えられます。金利の引き下げ交渉や限度額の増額などで金利自体が下がれば利息も安くなりますが、繰り上げ返済で総支払額を減らすことも効果的です。

100万円を金利14%で借り、返済までに30日間と60日間かかった場合の利息を比較すると
30日間で完済すれば利息は100万×14%÷365日×30日=11,506円
60日間で完済すれば利息は100万×14%÷365日×60日=23,013円

となることから、返済期間が長いほど利息が高くなることが分かります。繰り上げ返済は返済期間を短くすることにつながるので、総支払利息を減らすことになります。

繰り上げ返済は提携ATM、インターネット、振り込みで行えます。一部の提携先を除き、ATMからは1,000円単位で、ATM入出金手数料無料で返済できます。利用できる時間帯は提携ATM、提携ATMを設置している店舗によって異なります。

インターネットからはメンバーズデスクからインターネットバンキングを利用して、1円単位、手数料無料で返済できます。インターネットで返済する場合、事前にインターネット返済可能な金融機関でインターネットバンキングの登録が必要です。

インターネットバンキングで振り込み額などの限度額を設定している場合、限度額以上の振り込みはできないので注意しましょう。

インターネットからの返済は原則24時間可能ですが、金融機関のメンテナンス中は利用できません。また、23:30~0:00、6月・9月・12月の第三日曜日の0:45~5:30、毎月第二火曜日の2:00~6:00、1月1日~3日、5月3日~5日も利用できません。

カードローン返済口座への振り込みでも繰り上げ返済可能です。ただし、振り込み手数料を負担する必要があります。口座番号は「楽天銀行カードセンター0120-730-115(受け付け時間平日9:00~17:00)」へ、フリーダイヤルを利用できない場合は03-6832-1358へ問い合わせてください。

提携ATMから、または、指定口座への振り込みによる一括返済にも対応しているので、一括返済できそうな場合には一括返済で利息を減らすことも可能です。

金利が最高でも14.5%と低金利が魅力の楽天銀行カードローンですが、返済に遅れると残高に対して19.9%と高い金利で計算される遅延損害金を支払わなくてはなりません。遅延損害金を支払うことになると、金利を下げる、繰り上げ返済などで利息を少なくした意味がなくなってしまうので、遅延しないことは利息を最小限にするのに欠かせません。

クレジットカードなど複数の引き落としがあると引き落とし日を管理しにくく、口座の残高不足で遅延してしまう可能性が高くなります。返済日を指定できる口座を返済口座に指定している場合、返済日の変更が可能なので、返済日を管理しやすい日に変更するのも遅延対策に良いでしょう。

返済日の変更には変更届が必要なので、メンバーズデスクか楽天銀行カードセンターで請求してください。

 

 

30日間利息が無料になる楽天銀行カードローンのキャンペーンとは?

楽天銀行では借り入れした日から30日間利息が無料となるキャンペーンを実施しています。楽天銀行以外でも無利息キャンペーンを実施するカードローンはありますが、多くのキャンペーンの無利息期間は契約した日から30日間なので、契約から借り入れまでの日数が空くと無利息期間が短くなります。

しかし、楽天銀行カードローンの無利息期間は初めて借り入れした日から30日間なので、利用者にとってメリットが大きいのが特長です。

ただし、30日間無利息が適用されるには、楽天銀行カードローンに初めて申し込むと同時に楽天銀行口座を開設し、返済口座を楽天銀行口座に指定するという条件を満たす必要があります。

既に楽天銀行口座を開設している方がカードローンに申し込む、楽天銀行カードローンに入会している方が楽天銀行口座を開設するというケースはキャンペーンの対象外です。

30日経過後に借り入れ残高があれば指定された金利に基づく利息が発生しますが、30日以内に完済すれば利息0円で借り入れできます。キャンペーン期間中は追加借り入れも可能で、無利息期間内に完済できれば追加借り入れ分の利息も発生しません。

 

 

返済シミュレーションを活用して楽天銀行カードローンをお得に利用する

楽天銀行のカードローン返済シミュレーションでは、利用限度額、借り入れ希望額、返済日を入力すると総支払額や支払い回数を知ることができるので、カードローン利用中に利息を減らせる返済プランを立てるのに役立ちます。

また、メンバーズデスクでは返済予定日を入力するだけで一括返済シミュレーションも行えます。一括返済額の入金日によっては、自動引き落とし日に毎月の支払い額が引き落とされる場合があるので、返済に関して不明点があれば楽天銀行カードセンターへ問い合わせましょう。

カードローンの返済日は1日、12日、20日、27日から選択できますが、27日を選択できるのは楽天銀行口座のみで、金融機関によっては指定できない返済日があるか、返済日を指定できません。

カードローンの利用を検討しているなら楽天銀行がおすすめ

楽天銀行カードローンは銀行カードローンなので消費者金融と比較すると金利が低く、他の銀行カードローンと比較しても引けを取らない金利の低さが特長です。

ネット銀行の楽天銀行はカードローンの金利が低い方ではありますが、借り入れ限度額が低いと金利は高くなります。カードローンを利用して6ヶ月以降に増額申請をして限度額を増額できると、限度額によっては金利を下げることが可能です。

利用実績を積むか、新規申し込みで借り入れ条件が決まった際に金利の引き下げ交渉を行うことで金利を下げてもらえることもあります。金利が低くても返済期日が長くなるほど利息が高くなるので、繰り上げ返済や一括返済で返済期間を短くして利息を減らすことで、総支払額も少なくなります。

楽天銀行カードローンは金利を下げる、利息を少なくすることに加え、返済の遅延をしないことでお得に利用できます。最短翌日融資も可能などメリットも多いので、申し込んでからすぐに利用したい方には低金利の楽天銀行カードローンがおすすめです。

楽天銀行
  • 郵便物なし!
  • WEB完結OK!スマホだけで申し込み完了
  • 金利は年1.9%~14.5%
コンビニでのATM利用手数料0円。
楽天IDをお持ちの方はお申込みがさらにスムーズ
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
年1.9%〜14.5% 1万円~800万円 - -
ページの先頭へ