低金利でフリーローン申し込み。金利を抑え、かつ最短で使用用途を選べる借入手段をご紹介 - 人気コラム | ローン研究Lab

低金利でフリーローン申し込み。金利を抑え、かつ最短で使用用途を選べる借入手段をご紹介

目次

銀行フリーローンは本当におすすめできる? カードローンの方がメリットが大きい理由

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも低金利で、銀行が提供しているという安心感から人気があります。中でも、楽天銀行カードローンは利便性の高さから多くの方に支持されています。

楽天銀行と消費者金融カードローンの比較

楽天銀行
楽天銀行

アイフル
アコム
アコム
プロミス
プロミス
分類 ネット銀行 専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
専業
(消費者金融)
金利 年1.9%~14.5% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年4.5%~17.8%
限度額 800万円 800万円 800万円 500万円
来店不要
口座開設不要
郵便物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡
無し

銀行フリーローンよりも銀行カードローンがおすすめの4つの理由

楽天銀行にはフリーローンはありませんが、フリーローンも提供している銀行は多いです。しかし、カードローンの方がフリーローンよりも利用しやすくてメリットが多いので、迷ったらカードローンがおすすめです。

借りたお金の使い道を申告する必要がない

フリーローンもカードローンも、教育ローンなどのように資金使途が定められていないため、借りたお金を自由に使えることができる点では共通しています。しかし、フリーローンでは見積書や売買契約書を提示するなど、借入金の使用目的を申告しなければなりませんが、カードローンは申告する必要はないという点で異なります。

何度でも借入できる

フリーローンは借入金の返済が終わるまで追加融資を受けることができませんが、カードローンは利用限度額内であれば何度でも借入できます。

繰り上げ返済が簡単にできる

フリーローンは繰り上げ返済する際には、コールセンターに連絡するなど手間がかかることに加え、手数料もかかります。手数料は5,000円以上と高額に設定されていることも多いです。一方、カードローンはATMからいつでも返済可能で、連絡などは必要なく、手数料無料の提携ATMを利用すれば、手数料をかけずに繰り上げ返済できます。

金利が固定されている

フリーローンは変動金利のものが多く、市場金利が上がるとフリーローンの金利も連動して上がるので、返済額が高くなってしまいます。しかし、カードローンは借入額に応じて金利が固定されているので、突然申し込み時より返済額が高くなることはありません。

楽天銀行カードローンを利用するメリットを紹介

銀行カードローンには様々な種類がありますが、楽天銀行カードローンは利用者にとって多くのメリットがあるので特におすすめです。

楽天銀行カードローン7つのメリット

銀行カードローンなので安心

楽天銀行カードローンは楽天銀行が提供するカードローンです。消費者金融カードローンと比較すると、銀行によるカードローンとなるので安心感は高いでしょう。

金利が低い

楽天銀行カードローンの金利は年1.9~14.5%です。消費者金融は約年18%なので、消費者金融よりも利息がかかりません。消費者金融よりも金利が低いのは銀行カードローンの特長ですが、楽天銀行は他のカードローンと比較しても同等か条件によっては低い金利での借入も可能です。

他社銀行カードローンとの金利比較
カードローン名 100万円まで 200万円まで 300万円まで
楽天銀行 年14.5% 年9.6%~
14.5%
年6.9%~
14.5%
三菱UFJ銀行 年13.6%~
14.6%
年10.6%~
13.6%
年7.6%~
10.6%
三井住友銀行 年12.0%~
14.5%
年10.0%~
12.0%
年8.0%~
10.0%
みずほ銀行 年14.0% 年12.0% 年9.0%

スマホアプリを使って申し込みできる

楽天銀行カードローンは必要書類の提出も含め、アプリで簡単に申し込みできます。移動中や仕事の合間や夜間など、場所や時間を問わず手軽に申し込めるのが魅力です。

コンビニATMの利用手数料が無料

ほとんどのコンビニATMを利用できて、「借入手数料」「返済手数料」が無料です。連絡や手続き不要でATMから1,000円単位で繰り上げ返済もできます。ただし、一部利用できない時間帯や手数料がかかるATMがあります。

24時間振込融資を申し込める

楽天銀行カードローン会員専用のオンラインサービス「メンバーズデスク」に登録すると、インターネットから手数料無料で24時間融資を申し込むことができます。ただし、振込時間は登録した口座の金融機関によって異なります。

利用限度額の増額の申し込みやインターネットバンキングを利用した返済、登録情報の変更や残高照会などもメンバーズデスクから行えます。システムメンテナンスなど楽天銀行が定めた時間帯には利用できないサービスがあること、メンバーズデスクにログインできなくなる点には注意しましょう。

パートやアルバイトや学生でも申し込める

楽天銀行カードローンの申込条件は満20歳以上62歳以下ですが、60歳以下の方ならパートやアルバイトでも申し込み可能です。毎月安定した定期収入があれば申し込めるので、アルバイトをしている学生の方も申し込むことができます。

楽天スーパーポイントを貰える

楽天銀行カードローンは楽天銀行の口座がなくても申し込み可能ですが、楽天銀行を返済口座に指定しておくと楽天スーパーポイントが貯まります。

楽天銀行口座を返済口座に登録すると、楽天銀行の優遇プログラム「ハッピープログラム」の会員ステージが1つ上がり、1ヶ月のATM利用手数料や他行振込手数料の無料回数が増えたり、楽天スーパーポイントの獲得倍率が増えるといったメリットもあります。

初めて楽天銀行カードローンに申し込むと、入会特典として1,000ポイント、利用特典として入会月の翌月末時点の利用残高に応じて500~30,000ポイントプレゼントされます(2019年7月時点)。

入会と利用特典を受けるには、楽天銀行HPのカードローンのページから申し込み、楽天会員情報を引き継いで申し込むか楽天スーパーポイント口座を登録する必要があります。

2019年7月時点の利用特典で貰える楽天スーパーポイント数は下記になります。

カードローン入会時にもらえる楽天スーパーポイント

入会月の翌月末時点のご利用残高 もらえるポイント
20万円以上30万円未満 500ポイント
30万円以上50万円未満 1,000ポイント
50万円以上80万円未満 2,000ポイント
80万円以上100万円未満 3,000ポイント
100万円以上200万円未満 10,000ポイント
200万円以上300万円未満 12,000ポイント
300万円以上400万円未満 15,000ポイント
400万円以上500万円以下 30,000ポイント

※2019年7月時点の利用残高別ポイント数

楽天銀行カードローンをできるだけ低金利で借りるコツは?

楽天銀行カードローンでは楽天ポイントクラブの会員ランクに応じて審査を優遇する制度があります。楽天ポイントクラブの会員であれば必ず審査が優遇されるとは限りませんが、審査が通りやすくなったり、低い金利で借入できるといったメリットがあります。

楽天会員ランクとは

楽天会員ランクとは楽天スーパーポイントを持っている楽天会員の方を対象としたサービスで、「レギュラー」「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」「ダイヤモンド」の5つのランクが設定されています。会員ランクの条件や特典をチェックしていきましょう。

①レギュラーランク
レギュラーランクは、ポイント対象の楽天サービスを利用してポイントを獲得することが条件です。

②シルバーランク
シルバーランクは、過去6ヶ月で200ポイント以上を獲得し、2回以上ポイントを獲得していることが条件です。お誕生月には100ポイントプレゼントされます。

③ゴールドランク
ゴールドランクは、過去6ヶ月で700ポイント以上を獲得し、7回以上ポイントを獲得していることが条件です。お誕生月には300ポイントプレゼントされます。

④プラチナランク
プラチナランクは、過去6ヶ月で2,000ポイント以上を獲得し、15回以上ポイントを獲得していることが条件です。お誕生月には500ポイントプレゼントされます。さらに、プラチナ・ダイヤモンド会員限定のメルマガ配信サービスがあります。メルマガ限定の優待セールや優先販売、お得なイベントへの招待などをお知らせしてもらえます。

⑤ダイヤモンドランク
ダイヤモンドランクは、過去6ヶ月で4,000ポイント以上を獲得し、30回以上ポイントを獲得していることに加え、楽天カードを保有していることが条件です。お誕生月には700ポイントがプレゼントされ、優待セールやイベントなどをお知らせするメルマガ配信サービスがあります。

さらに、楽天グループのサービスに利用できるクーポンが毎月配布されたり、ダイヤモンド会員を1年間キープすると、抽選で当たるプレゼントやポイントなどの特典も用意されています。

楽天会員ランクをアップさせるメリットとコツ

楽天会員ランクが高いと有利な条件で借入できる可能性が高くなるので、カードローンに申し込む前に会員ランクを上げておくことをおすすめします。6ヶ月の間に楽天グループのサービスをこまめに利用しながら、大量のポイントを獲得していく必要があります。

楽天市場などでの買い物だけでなく、楽天Edyの使用や楽天カードからのチャージ、楽天証券の口座開設や取引などでもポイントを獲得できます。

楽天銀行カードローンの申し込み方法を紹介。できるだけ早く融資をしてもらう方法は?

低金利なだけではなく、申し込み方法が簡単なのも楽天銀行カードローンの魅力です。簡単な楽天銀行カードローンの申し込みの流れや注意点、早く融資してもらう方法を確認しておきましょう。

楽天銀行カードローンの申し込み方法

①インターネットやアプリから必要事項を入力
②カード発行までの流れが書かれた受付完了メールが楽天銀行から届く
③ローン審査開始
④在籍確認
⑤契約内容の確認や提出する必要のある書類に関する電話連絡
⑥必要書類を提出
⑦手続き完了後、ローンカード発行
⑧口座振替用紙を返送

※④と⑤は順番が前後する場合があります。
※必要書類は郵送による提出も可能ですが、アプリからの提出の方がスムーズなのでおすすめです。

アプリからの必要書類の提出方法と注意点は以下の通りです。

〈アプリを使った必要書類の提出方法〉
①楽天銀行アプリをダウンロードしていない場合はダウンロード
②アプリ起動後「本人確認書類などを送る」を選択
③「スーパーローン申込」を選択
④7桁の受付番号と生年月日を入力※受付番号は審査開始後に届く「書類送付お手続きのお願い」メールに記載
⑤受付番号と生年月日の認証完了後に送付する書類を選択する画面が表示されるので、提出する書類を選択して「次へ」をタップ
⑥書類を撮影したら提出完了

※画像が画面に対して大きすぎる・小さすぎる場合、画像が暗い・ぼやけているなど、内容を確認できない場合は再提出となることがあるので、画像が鮮明なことを確認した上で提出しましょう。書類は白黒以外の背景で、ケースから出して撮影してください。

〈必要書類〉
・名前、生年月日、住所の分かる本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
・申告した収入を証明できる書類(最新の源泉徴収票、確定申告書、市県民税特別徴収税通知書、所得・課税証明書など)

※収入を証明する書類は不要の場合があります。契約を確認する電話の際に提出書類の説明がありますが、万一不明なことがある場合は楽天銀行株式会社カードローン専用ダイヤル(0120-988受付時間平日9:00~20:30、土日、祝日10:00~17:30)にお問い合わせください。

楽天銀行カードローンでできるだけ早く融資してもらう方法

楽天銀行は他の銀行カードローンと比較すると審査はスムーズな傾向にありますが、審査は最短でも翌営業日まで、土・日、祝日の申し込みや申し込み内容に不備がある場合や申し込み状況によっては数日かかる場合があるので、消費者金融のような申し込み当日に融資は期待できません。

当日中に融資を受けることができないのはどの銀行カードローンにも当てはまりますが、いくつかポイントを押さえれば、早めに融資を受けることは可能です。

早めに融資を受けるポイント

コールセンターに連絡する

インターネットやアプリから申し込んで受付完了メールが届いたら、急いでいるので審査を早くしてほしいことをコールセンターに連絡しましょう。

楽天会員ランクを上げておく

楽天会員ランクが高いということは、楽天グループのサービスの利用頻度が高いお得意様ということになるので、審査を優先してもらえる可能性が高いです。

楽天銀行の口座を作っておく

楽天銀行以外の口座でも利用できる楽天銀行カードローンですが、楽天銀行の口座であれば24時間365日振込融資を受け付けていて即時に振り込まれるので、審査が終わった日から融資を受けられます。他銀行は平日14:45過ぎや金融機関休業日には翌営業日の振込となるので、楽天銀行の口座があるだけでも融資開始までがスピーディーです。

ただし、審査完了からカードが自宅に届くまでには約1週間かかるので、振込融資でない場合は融資に時間がかかる可能性が高いでしょう。

フリーローンのように使える楽天銀行が便利!

楽天銀行カードローンは金利が低く、楽天銀行の口座を持っていれば24時間振込融資可能なので、審査が終わった日から融資を受けられます。消費者金融よりも安心して利用できたり、楽天スーパーポイントが貯まるなど、利用者にとってメリットが多くあります。

フリーローンのように借りたお金を自由に使えますが、借入金の使い道を報告する必要がないのが魅力のカードローンの中でも、利便性の高い楽天銀行カードローンは特におすすめです。

楽天銀行
  • 郵便物なし!
  • WEB完結OK!スマホだけで申し込み完了
  • 金利は年1.9%~14.5%
コンビニでのATM利用手数料0円。
楽天IDをお持ちの方はお申込みがさらにスムーズ
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
年1.9%〜14.5% 1万円~800万円 - -
ページの先頭へ