SMBCモビットの無人契約機で最短でカード発行してATMで即日融資を受ける方法! 無人契約機・ATMの営業時間や手続きの流れは? | 人気コラム | ローン研究Lab

SMBCモビットの無人契約機で最短でカード発行してATMで即日融資を受ける方法! 無人契約機・ATMの営業時間や手続きの流れは?

SMBCモビットは無人契約機で申請すると即日借り入れが可能

数ある消費者金融系カードローンの中でも近年、頭角を現してきた人気カードローンがSMBCモビットです。SMBCモビットの親会社はプロミスと同じ三井住友銀行ですが、プロミスとの違いは、借り入れ限度額や年率もありますが、審査のスピードです。

10秒簡易審査はその名の通り最短10秒で終わる仮審査でありながら、審査を通過するとカードを発行する資格を得られます。そのことからもSMBCモビットは自らの審査の精度に高い自信を持っているのが伝わります。

そんなSMBCモビットでの無人契約機にてモビットカードを最短で発行するにはどうすればいいのでしょうか。またその後のATMで即日融資を利用するについても確認していきましょう。

SMBCモビットはどんなカードローンなのか

SMBCモビットの借り入れ限度額は最大800万円で年率は3.0%から18.0%となります。契約申請にはPC・スマホ・郵送などがありますが、職場への在籍確認電話や郵送のやり取りもない「Web完結型」の契約申請もあります。

「WEB完結」を選んだ場合、最短30分で本審査が終わり、インターネット経由での振込キャッシングを利用できます。しかし、「Web完結型」ではモビットカードが発行されないので、ATMからの借り入れ申請などは原則としてできません。

SMBCモビットは他の消費者金融系カードローンと違って専用のATMを持っていません。利用手数料0円なATMは親会社の三井住友銀行ATMのみとなっているので気をつけましょう。提携コンビニATMはセブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMがあります。

 

提携コンビニATMは提携銀行ATMとは違い、全国に展開しているという強みがありますが、提携コンビニATMの利用手数料は1万円を超える借り入れと返済で216円かかるのには注意しましょう。

支払い方法には「ATM返済型」以外にも「口座振替型」もあり、「口座振替型」なら支払日を5日・15日・25日・末日から選んで、その日に口座から自動引落されます。追加返済をしたい場合は「ATM返済型」でもできますし、SMBCモビット公式スマホアプリにて返済指示ができます。

最短で借り入れをしたいなら無人契約機でモビットカードを発行しよう

カードローンの契約申請にはカードを発行しない「Web完結型」やPC・スマホなどを使ってのカード発行申請があります。

SMBCモビットは無人契約機を使ってのモビットカード発行申請をするとカード受け取りと借り入れスタートを申請即日に行うことができます。

 

その場合、ネット申込みを事前にしておくことで、契約機の滞在時間を短くスムーズな流れで利用することができます。

無人契約機でモビットカード当日発行する手順

1 無人契約機の画面に表示された案内に従って情報を入力

2 本人確認書類を提示

3 最短5分で終わる簡易審査結果を受け取ってモビットカードを受け取る

4 本審査を受けるにあたって収入証明書を提示

5 最短30分で終わる審査の結果を電話連絡で受け取る

6 電話で審査結果を確認

7 モビットカードの利用が可能

 

無人契約機はおおむね21:00まで営業

SMBCモビット無人契約機は場所によって営業時間が微妙に違ったりしますが、概ね土日祝日含めて8:00から21:00までとなっています。中には営業開始時間が9:00からの場合もありますので注意しましょう。発行申請受付は365日無休なのは、大きなメリットです。

 

まず最短5分で終わった簡易審査結果を受け取ったらば自動契約機にてモビットカードを発行できます。そして本審査が30分で終わって、審査結果を電話連絡して受け取ったらばモビットカードによる借り入れが可能となります。

ネット申込みをしておくことで1~6の作業を自宅などで済ますことができるので便利です。

三井住友銀行ATMは21:00までの営業で提携コンビニATMは24時間

モビットカードにて借り入れができるATMは三井住友銀行ATM、コンビニATMのセブン銀行ATM・ローソンATM・イーネットATMとあります。三井住友銀行は手数料が0円ですが、営業時間が7:00から24:00となっています。コンビニATMは24時間利用できますが、利用金額が1万円以下なら手数料108円で1万円を超えるなら手数料が216円かかるのを忘れないようにしましょう。

モビットカードに加えてスマホアプリを利用するとさらに便利

モビットカードによって全国の提携ATMにて借り入れと返済をすることができるようになりますが、さらに利便性を高めたいという時はSMBCモビット公式スマホアプリをスマホにインストールしましょう。

SMBCモビット公式スマホアプリにて24時間いつでもどこでも指定口座への振込キャッシングを申請できて振込返済もできます。他にも借り入れ限度額の増枠申請や支払日の変更設定もスマホアプリによって可能となります。

セブン銀行ATMからしか現金の出金ができないという欠点を持っていますが、モビットカードと併用することで飛躍的に使い勝手が良くなります。

 

SMBCモビットでモビットカードの無人契約機なら当日発行と借り入れ可能で三井住友銀行ATMでは24:00まで借り入れできる

SMBCモビットは無人契約機でのカードローン契約申請は場所によって違いますが、21:00まで受付しているのが通常です。無人契約でカードローン借り入れ申請をするならば本人確認書類などを持っていって、画面の案内に従って手続きをします。

 

無人契約での大きな利点は最短5分で終わる簡易審査を受けて、審査が通ったらその時点でモビットカードが発行されます。それから最短30分後に本審査が終わったらATMの借り入れができます。最短約30分でATMからの借り入れが可能になるのが無人契約機でのカードローン契約が強みです。

そして三井住友銀行ATMでの利用手数料は無料で、営業時間はATMによって変わりますが、24:00まで営業しているATMが多くあります。提携コンビニATMは24時間365日いつでも利用できますし、ここにスマホに入れるアプリのSMBCモビット公式スマホアプリを使えばインターネットで振込キャッシング申請が可能となります。

 

無人契約機でのモビットカード発行とATMの借り入れ可能は最低でも21;00までに申請に行くのを基準にしましょう。すぐに借り入れできますし、SMBCモビット公式スマホアプリと一緒に使うと24時間いつでも借り入れができるようになります。

 

SMBCモビットはスマホと連動することで、時間のムダなく利用することができるので、カードローンを利便性良く使っていきたいという方におすすめです。

関連コラム

ページの先頭へ