SMBCモビットとは? 審査時間を短縮して即日融資するためのweb完結申込みからSMBCモビットカード発行までの手順を紹介 | 人気コラム | ローン研究Lab

SMBCモビットとは? 審査時間を短縮して即日融資するためのweb完結申込みからSMBCモビットカード発行までの手順を紹介

SMBCモビットとは? 人気の消費者金融である理由を解説

三井住友銀行グループのSMBCは日本顧客満足度ランキングにてノンバンクカードローン部門で1位を獲得したことがある人気のカードローンです。

カードローンのSMBCモビットはWeb完結で申込をすると電話連絡なしで申込をすることができます。電話連絡なしの申込をする方法があるのはSMBCモビットだけです。

SMBCモビット アイフル アコム
分類 銀行系消費者金融 専業(消費者金融) 専業(消費者金融)
金利 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0% 年3.0%~18.0%
限度額 800万円 800万円 800万円
郵送物不要
WEBで申込完結
無利息期間
電話連絡無し 〇WEB申込のみ
審査時間
融資速度

SMBCモビットが人気の理由を紹介

  1. Web完結申込は在籍確認の電話もなく、書類の郵送もないので家族や会社にばれにくい(申込確認の電話もないのが特徴)
  2. 簡易審査は10秒、本審査も最短30分と早い
  3. 下限金利が3%となっており、銀行カードローンと同じくらい低金利
  4. 提携ATMが多くて使いやすいSMBCモビットは提携ATMにて出金・返済を行うと、利用明細書がその場で発行されます。提携ATMにて利用明細書が発行されれば、自宅に利用明細書が郵送されてくることはありませんので家族に利用がバレません。提携ATMは三井住友銀行・プロミス・三菱東京UFJ銀行・セゾンカード・セブン銀行・第三銀行・イオン銀行・福岡銀行・親和銀行・熊本銀行・コンビニE-netとあります。
      1. スマホATM取引を利用すればモビットカードを保有する必要がない

 

スマホATM取引を利用すれば財布にカードローン会社のカードを入れることに抵抗がある方もカード無しで借り入れできます。スマホさえあればカードローン利用が可能ですので、周囲にバレる必要もなく安心です。

SMBCモビットのWEB完結の申し込みからカード発行までを解説

カード申込(カードを発行する場合はこちらの方法)

  1. 公式ホームページにて申込時に「カード申込」を選択
  2. 申込内容を入力
  3. 審査
  4. メールか電話で審査結果を通知される
  5. ローン契約機に行き、カードを受け取る
  6. そのカードでキャッシング利用が可能になる
  7. 後日、入会申込書が届く
  8. 必要事項を記入して返送
  9. 入会完了

審査の結果によって住所確認が必要になることがあります。その場合は郵送でカードが届くまで融資を受けることができないので注意が必要です。SMBCモビットは入会申込書が届く前にカードを受け取って利用可能になるという特徴があります。しかし、入会申込書を返送するのが遅れると利用を制限されるので気をつけましょう。

Web完結申込(カードが発行されない)

  1. 公式ホームページで「WEB申込」を選択
  2. 申し込み内容を入力(申込確認電話はない)
  3. 身分証などの必要書類を提出(スマホで撮影してアップロード)
  4. 審査開始
  5. メールか電話で審査結果を通知
  6. パソコンで契約手続き
  7. 利用開始

Web完結申込の条件、審査をスムーズにすすめるコツは?

SMBCモビットの契約申込をするには必要書類がたくさん必要という注意点が必要です。必要書類をしっかり準備してから申込を行えば、審査をスムーズに受けられます。また、急ぎの場合はコールセンターに電話をして審査を急いでほしい旨を伝えるのも効果的です。

WEB完結に申し込むための条件

  1. 三井住友銀行、東京三菱UFJ、ゆうちょ銀行に口座があり、それを銀行振込融資先に使える

三井住友銀行に口座があれば口座振替返済が可能となるので便利です。加えて、三井住友銀行ATMは利用手数料が無料などのメリットも備わっています。

  1. 本人確認書類

本人確認書類は運転免許証やパスポートが必要です。

  1. 収入証明の写し

収入証明の写しは源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、給与明細2か月分、確定申告書が必要です。加えて、賞与がある方は賞与明細も必要なので用意しましょう。

  1. 勤め先確認書類
    勤務先確認書類は社会保険証か組合保険証などが必要となります。勤務先名が記載されている健康保険証、給与明細直近1ヶ月分も用意しないといけません。加えて、個人事業主の方は「営業状況確認のお願い」という用紙に回答しないといけません

申込をする上での必要書類とは

  • 本人確認書類:運転免許証やパスポート
  • 収入証明の書類:源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、給与明細2ヶ月分、確定申告書
  • 勤め先確認書類:社会保険証か組合保険証など、勤務先名が記載されている健康保険証、給与明細直近1ヶ月分

SMBCモビットの審査に通過するポイントは?

①総量規制以上の借り入れをしない

消費者金融の借り入れは年収の3分の1以上はできないという総量規制という法があります。融資希望額は他社借り入れも合わせて年収の3分の1に届かないように抑えましょう。総量規制ギリギリの借り入れ希望額も審査に落ちる可能性があるので注意が必要です。

②他社借り入れを減らす

借り入れ先が多いほど審査落ちしやすくなっています。総量規制は関係なく、他社借り入れはなるべく抑えるのが有効です。審査に落ちると信用情報にマイナス評価が半年残ってしまいます。

万全を期すなら借り入れ先を完済して借り入れ先を減らしてからSMBCモビットに申込をしましょう。

③信用情報に事故情報がない

信用情報に事故情報があると借り入れすることができなくなります。事故情報は2~3ヶ月以上支払いが滞っていると認定される長期延滞、自己破産や任務整理などで合法的に借金を整理した債務整理、長期延滞や契約違反行為をしたことで強制的に契約を解除させられた強制解約、利用者本人の返済が滞ったことで保証会社が立て替え返済をした代位弁済があります

長期延滞は1~5年、債務整理は5~10年、強制解約や代位弁済は5年間に渡って記録が残ってしまいます。つまりはどれもおおよそ5年間、信用情報に事故情報が残って借り入れができなくなりますので、気付けないといけません。

④虚偽記載をしたり申告に誤りがあった

申込をした際に間違った情報を入力してしまうと、故意でなかったとしても「故意に虚偽情報を記載した」と見なされて、審査に落ちてしまいます。個人情報を入力する時には間違いがないか何度も見直すことが大切です。

プライバシー重視なら電話連絡も郵送物もないSMBCモビットのWeb完結申込

SMBCモビットはノンバンク部門で常に高い評価を獲得している利用者受けが良い人気のカードローンです。契約申込をして、融資開始までの審査が早く、Web完結申込ならば電話での職場への在籍確認も含めて、確認連絡もありません。

 

Web完結はカードを発行しないという欠点もありますが、Web完結ならば電話も郵送物もない個人のプライバシーを重視した契約申込ができます。準備する書類は多いですが、事前に書類を用意しておけば審査もスムーズに行われます。

 

Web完結はカードが発行されませんが、スマホアプリとセブン銀行があれば銀行振込を自在に行なえるので欠点もカバー可能です。

 

カードローンを初めて利用する方で「他の人に知られるのではないか」と不安な方はSMBCモビットのWeb完結の申込をしましょう。カードローン利用に踏み切れない方は、まずSMBCモビットのWEB完結を試してみるのがおすすめです。

関連コラム

ページの先頭へ