答えて応えて!FP

第116回 女性専用のカードローンって何かお得なの?(2012年06月16日)

Q.女性専用のカードローンの広告をよくみかけますが、普通のローンとどう違うのでしょうか?

A.女性でも利用されやすいように配慮されています。

女性専用のカードローンやキャッシングの商品を広告等でよく見かけますね。他のローンとどのように違うのか調べてみましょう。
 基本的にレディスローンや女性専用となると、女性でも利用されやすいよう配慮されています。女性が全て手続きに対応してくれたりと、カードローンは怖いというイメージを払しょくしてくれるよう配慮がなされています。女性は男性と比べると収入が少ないこともあり、不安度が高いのは当然ですので、優しく対応してくれたほうが安心はすることでしょう。

★女性用カードローン・キャッシング★

  実質年利 融資限度額 特記事項
プロミスレディスキャッシング
6.3〜17.8%
1〜300万円
新生銀行カードローン レディースレイク
4.5〜18.0%
1〜500万円
初回30日無利息


☆普通のカードローン☆

  実質年利 融資限度額
オリックス銀行カードローン
3.0〜17.8%
最高800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン
4.6〜14.6%
10〜500万円



 上記を見てみると、初めての利用の場合30日無利息という場合、金利が高くなっていますね。二度目が無ければそれに越したことはありませんが、無利息サービスだけではなく、金利の比較もすることが大事です。又、あまり金額も高くなく1万円から300万円を融資するということで、普通のカードローンとすると最低金利も高く設定されてるのが特徴といえます。

 総合すると女性専用カードローン・キャッシングといっても金利面などでは特別にメリットがあるとは感じられません。様々な業界で女子会セットや女性限定等のサービスや商品が売られているように、カード業界も女性向けということで顧客を増やすためのひとつの商品を設定したのでしょう。  女性専用カードローン・キャッシング等の商品が無い場合でも、女性専用もコールセンターがある場合があります。不安や恐怖がある場合はそちらに電話してみることもひとつの手段ですね。

 パートやアルバイトでも一定の収入があれば利用可としている場合が多いのですが、専業主婦の場合は収入がありませんので、夫の年収に応じてしか借入れはできません。これは2010年10月に施行された総量規制によるもので、多重債務を減らすために支払い能力を超えたカードの利用を制限し、年収に応じた適正な利用限度額を設定しようというもので、年収の3分の1までしか借入はできないという規制があります。従って夫の同意も必要になりますので夫婦でしっかり話し合いをしたうえで利用するようにしましょう。

 また借入の理由ですが、エステや習い事などの場合、借金してまで必要なのか?しっかり考えてみてくださいね。ギャンブルは負けると勝つまでしたい心理が働きますし、生活費は毎月のことなので継続して借金をしてしまうケースが多くなります。ご自身でしっかりとルールを決めることが大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事担当のFP

二宮 清子 にのみや きよこ

日本FP協会会員 ファイナンシャルプランナー(AFP)
家計の見直し・節約・貯蓄の重要さ、更に運用の必要性を伝え、
強い家計にできるようにサポート、また住宅ローンアドバイザーの資格も取得し、
住宅購入をきっかけにお客様のライフプランのアドバイスを行っている。


二宮 清子 人気記事

FP記事紹介

他の方法でローンを探す

ページの先頭へ