人気コラム | ローン研究Lab |

人気コラム

ローン研究Labでは、専門用語を使った
難しい内容ではなく、少し見方を変えた詳細と内容でキャッシング、ローンを紹介しています。

キャッシングの基礎知識を学びながら、
自分にぴったりの借入先を見つけることができます。

カードローンとは? 目的ローンとフリーローンの違い

クレジットは商品が先で後払いという買い物特化的なところがあり、クレジットカードのキャッシングはクレジット利用限度額内になるため年率が高く、大口の借り入れはできません。

その点、『カードローン』は審査期間を通れば大口の借り入れを利用できるため、クレジットカードのキャッシングよりはカードローンの方をメインに利用するという方も多いです。

カードローンとは原則として担保を必要としない借り入れのことを指しており、これまでの信用情報が非常に重要な役割となります。

このことから、無収入な方はカードローンで借り入れができませんが、大手消費者金融会社のカードローンなら正社員以外にもアルバイトやパートで収入があるなら、借り入れができるようになっています。

カードローンの種類は大きく分けて2つ

目的ローン

① 目的がハッキリしているものに対して融資する金額の利用先が決まっているローン



フリーローン

① フリーローンはブランド物のバッグを買ったり、旅行やレジャーといった趣味や娯楽に使える
② 1度借り入れをしても利用限度額以内ならば何度でも借り入れをすることができる
③ 返済を滞納しない限りは利用限度額内から永続的に借り入れできます。


銀行系カードローンは年率が低くて限度額が高いが審査基準が厳しく
消費者金融会社のカードローンは年率が高くても審査基準を満たしやすいと言えます。


カードローンは借り入れにて目的ローンとフリーローンの二種類がありますが、借り入れ先においても銀行を利用するカードローンと消費者金融を利用するカードローンに分かれてもいます。

銀行と消費者金融会社のカードローンは多くの違いがありますが、大雑把に表現するとさまざまな点において審査が難しいか易しいかと、利用枠が大きいか中くらいかという点でわかれることになります。

カードローンの系統の違い

銀行系カードローンは…

① 利用限度額が1,000万円以上も利用できるものもある
② 年率も消費者金融会社のカードローンと比べると低く設定されてる
③ 借り入れ申請をした際の審査期間が消費者金融会社のカードローンと比べて長い
④ 審査基準を満たすのも消費者金融会社のカードローン審査よりも満たすのが難しい
⑤ 年収面にて継続的であり、なおかつ安定があるかどうかを見られる

消費者金融会社系カードローンは…

① 審査期間が銀行系カードローンよりも短い
② 提携ATMがコンビニにも設置されていることから全国で利用できるアクセスのしやすさ
③ 利用限度額が銀行系カードローンよりも低いことが多い
④ 年率も平均的に銀行系カードローンよりも高額に設定されていることが多い
⑤ アルバイトやパートなどで少しでも収入がある方ならば審査基準を満たせる

当サイトイチオシのカードローン

SMBCモビット
  • 郵便物なし!
  • WEB完結なら会社への電話連絡なし!
  • 契約からキャッシングまでウェブで完結
お急ぎの方も当日融資が可能なモビット。当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0〜18.0% 1万円~800万円 最短30分
※申込の曜日、時間帯によっては
翌日以降の取扱となる場合があります。
当日融資
※14:50迄の振込手続完了で
当日振込可。
審査結果により不可の場合有。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
アコム
  • 最短30分の審査時間!お急ぎの方にオススメ
  • 土日祝日でも即日キャッシングが可能
  • 初めての方には嬉しい実質年率0円サービス
30日間 金利 0 円サービス!
土日祝日でも、即日キャッシングが可能です。 パート、アルバイト、派遣社員の方も一定の収入があればお申込みができます。 大手消費者金融なので安心してキャッシング!
利用可能なコンビニ
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0〜18.0% 1万円~800万円 最短30分 最短1時間
※20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能
ページの先頭へ