プロミスのWeb完結でも対応可能を利用する3つのメリットと申込前の3つの注意点

プロミスを選ぶ3つの利点

以前は電話、書類郵送、店舗へ行く、無人契約機に入っての契約が普通だったカードローンは、今やパソコン、スマホからインターネットを使って、契約⇒利用が可能になりました。

「ネット申込みならどれも同じ…」
「ネット申込みができるWeb完結でも対応可能型はどれがいいだろう」


と考えて検討中なら【 プロミス】がおすすめです。

Web完結も対応可能な、おすすめカードローン

初回時 30日間無利息サービスありで、申込みはweb完結でも対応可能!
※メールアドレス登録とWeb明細登録が必要です。 審査に不安の方は申し込み前に3秒お試し審査で確認。
提携ATMが多く、コンビニATMでも利用できる便利さも◎

プロミス






  プロミスはWeb完結も対応OK!、3つのメリット

@ パルセンターという振込名義を選択することが可能。
A 利用者が多いので安心、にも関わらず対応がとにかく早い。
B 30日間無利息。

プロミスはその中でも、利用者の多くが共通した要望として、 ある一点の好評項目があります。

【周りに極力バレない対応】

これはキャッシングをする立場として、非常に気になるところです。 プロミスであればWeb完結でも対応可能、回答が早い、振込名義が選べると気遣いがされています。

親、配偶者(恋人)友人など、周囲にバレてしまうタイミングを確認して、きっちりと対策を練っておきましょう。

  借り入れがバレてしまう 4つのタイミング

@ カード、通帳、明細書 財布にあるキャッシングカードや振込まれた形跡が残る『通帳記入』に注意しましょう。
A 電話連絡 自宅や職場への電話で自分が出れない場合があるので、事前に相談しましょう。
B 郵便物 自宅への郵送物は家族の目に触れやすいため、Web明細を選択しましょう。
C PC・スマホの履歴 共有PCの入力フォームやパスワードの履歴が残らないように注意しましょう。

こういった事例を避けるためにも、 Web完結でも対応可能というのは都合が良いです。


ではバレないためにWeb完結でも対応可能の場合は、そもそもどうやってお金を受け取るのでしょうか。 それは申込みの際に入力した 『銀行への振込み』になります。


つまりキャッシングをする場合、ATMへ行きカードローンの名前が書いてあるカードを使っての引き出しではなく、 ネットから振込を依頼するということになります。


しかし、表にもあるように、 振り込まれるというのはバレる原因の1つです。

でも、 プロミスなら、自分のみが扱う口座を登録することで振込名も選べるので安心です。




絶対にバレずに証拠もなくなる完璧な3つの秘訣

バレずに借入をする際、注意するべき点はいくつかあるのですが、【証拠を残さない】ことが重要です。


親や恋人、配偶者、友人にバレないキャッシングとして、 【プロミス】のWeb完結でも対応可能というのは『完璧なメリットが3つ』あります。 

@Web完結も対応OK

証拠になりえる紙ベースのもの(申込書・郵送物等)を必要としない、申込み方法として『Web完結』を選択できます。


Aカードレスも対応可能

プロミスの場合、カードレスも対応可能(=カードを持たない)といった方法を選択できるので、バレる証拠を携帯する必要がありません。

※カードレスも対応可能を希望する方法
・申し込みフォーム入力後、審査連絡がご希望の方法【メール・電話】で通達。審査に通った場合は返済方法を選択。その時点でカードレス希望を選択します。
※プロミスはカードありか、カードなしかを選べます。

B瞬フリ

瞬時に振込みをしてくれるプロミスのサービス『瞬フリ』は、【振込みに時間がかかり、バレてしまう】といったことがなくなります。
振り込み名義人をパルセンターにして『瞬フリ』をすればリスク軽減になります。

振込先が、 三井住友銀行またはジャパンネット銀行口座の場合、深夜でも土日祝日でも24時間最短10秒でのお振込みが可能です。手数料は無料! ※一部時間帯を除く




プロミスのWeb完結でも対応可能という、この3つのサービスで対応しているからこそ、慎重な方にも選ばれているのです。


Webサービスのある消費者金融3社

 

プロミス


SMBCモビット


アコム
金利 4.5%〜17.8% 3.0%〜18.0% 3.0%〜18.0%
郵送物 なし
(Web完結でも対応可能時)
あり
(Web完結でも対応可能の場合は、なし)
あり
(来店契約でその場でカード受取時はなし)
サービス
利用条件
三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座があれば『瞬フリ』を利用可

一定所得があれば申込み可能(主婦・学生可)
三井住友銀行、三菱UFJ銀行の普通預金口座があると便利(なくても可) 

一定所得があれば申込み可能
一定所得があれば申込み可能


プロミスであれば、三井住友銀行の口座があれば、『瞬フリ』『ATM』が利用できるので、用意しておけば非常に便利です。


あとは申し込むだけ? その前に… 重大な3つの要素


ここまで徹底的にばれにくいカードローンの【プロミス】でもやはり欠点はありますから、それらをしっかりと確認しておきましょう。

消費者金融3社と銀行のメリット・デメリット比較

  在籍確認の対応度 おまとめ傾向


プロミス
向かない


SMBCモビット

向かない


アコム
おまとめローンあり
(ただし借入れは年収の3分の1以下)
銀行全般
おまとめローンあり


プロミスは借り換え、おまとめを検討中の方には少しメリットが薄く、金利も決して安いとはいいがたいです。


ただ、金利に関しては最低金利で返済出来る可能性は低く、 最高金利での返済が一般的なので上限を見て決めた方が得策です。


<欠点まとめ>
  • 金利は安くはない。
  • おまとめ、借り換えには不向き。

  • 借入先も多く、審査に自信がない方は【SMBCモビット】といったカードローンがおすすめです。
    ※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

    しかし、誰にもバレたくはない!というのであれば【 プロミス】が対策を練ってあり、使いやすいでしょう。


    バレない一択、プロミスカードローンで解決

    とてもコアな街金等ではバレないで借りられる場所もあるのかもしれません。

    そういった場所ほど顧客によって対応基準がバラバラだったり、高金利の貸付だったりしますので、不安かもしれません。


    また大手金融ということではないので、簡単に借りられるという点からも 高金利、返済額が大きい、取り立てがあるなど注意しなければいけないことがたくさんありますから、気を付けましょう。



    安心できて、バレない借入れに重点を置くのであれば
    やはり【 プロミス】に絞って、申込みをする方法が一番良い方法です。


    バレずに借りれるメリットは大きく、お金を持っていることを回りは知り得ないので、自分自身の用途に自由に使えます。


    本当に困っているときは勿論、使用用途まで内緒にしたいときは借入れから内密に遂行できることはメリットでしかありません。


    バレないためのWebサービス比較3社

     

    プロミス


    SMBCモビット


    アコム
    バレないサービス ・カードレスも対応可能
    ・瞬フリ
    ・振込名義をパルセンターに変更可
    MCセンター名義で対応可 ACサービスセンター名義で対応可
    郵送物 なし
    (Web完結でも対応可能時)
    あり
    (Web完結でも対応可能の場合は、なし)
    あり
    (来店契約でカード受取時はなし)
    連絡方法 メール可、電話の場合必ず携帯に連絡がくる。自宅には連絡なし。 - 申込み時、携帯に連絡を頼めば対応可能
    書類提出方法 ・アップロード
    ・メール
    ・アプリ
    ・郵送
    ・FAX
    ・アップロード
    ・郵送
    ・FAX
    ・郵送
    ・FAX
    バレない書面の受取方法 パソコンまたは携帯電話より、プロミスのHPにて書面(web明細)を確認 MCセンター名義での郵送 ACサービスセンター名義での郵送



    Web完結でも対応OKでサービス充実のカードローンはこちら!

    プロミスは、

    初回時30日間無利息!
    ※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    50万円まで収入証明不要

    審査は最短30分。
    最短1時間融資も可能!


    審査に不安の方は申し込み前にお試し審査で確認。 

    提携ATMが全国各地に数多くあるので、借り入れ、返済にとても便利です。

    お申込み
    実質年率 限度額 審査時間
    4.5~17.8% 1~500万円 最短30分
    融資スピード 来店 必要書類

    最短1時間

    不要 本人確認書類

    人気コラム
    不動の人気 定番ローン 低金利で注目度NO.1 銀行系カードローン
    簡単手続きが好評 消費者金融 キャンペーンを狙うなら 一定期間無利息
    金利を低くしたい方 担保不要で選ぶなら 無担保ローン
    今すぐに答えてくれる 即日融資 大口融資を希望するなら 大口ローン
    ページの先頭へ