答えて応えて!FP

第003回 銀行のカードローンは何が魅力?(2011年07月03日)

銀行のカードローンは、カードローン機能が付いたカードを使用して、利用限度額以内で銀行からお金を借りるローンになります。

銀行が発行するカードには2種類あります。1つは金融機関のキャッシュカードにローン機能を付け加えたもの、もう1つはカードローン専用につくるカードです。
一般的に、キャッシュカードにカードローン機能を付帯するほうが手続きは早いといえます。

それでは銀行のカードローンは何が魅力的といえるのでしょうか?
そもそも、カードローンには銀行系以外にも消費者金融系、信販系などがあります。
その中で、銀行系のカードローンの特長としては、下記@〜Cなどが挙げられます。
@消費者金融系と比べて金利が低い
A融資限度額が他のカードローンと比較して多い
B総量規制の対象外
C提携ATMが豊富なこと(借入時などに便利)

@およびAは、銀行系カードローンの最大の魅力ともいえるのではないでしょうか。
通常は消費者金融系などでお金を借りるよりも返済においてメリットが大きいといえます。
なお、銀行系カードローンの場合、審査によって借入限度額や金利も異なります。
つまり、銀行が返済能力が高いと判断した人の場合には、借入限度額が大きくなり、金利も低くなることがあるということです。

Bの総量規制とは、原則として個人の借入可能額は年収等の3分の1までに制限されることをさします。つまり、年収の3分の1までしかお金を借りることができないということです。
これにより、専業主婦やアルバイトの方が借入れを行うことは難しくなりました。
しかしながら、総量規制は貸金業者(消費者金融等)からの借入れを対象としていることから、銀行のカードローンの場合は規制の対象外となっているため、場合によっては主婦の方やアルバイトの方でも申し込める可能性があります。

Cは借入時などに利便性が高いといえます。コンビニのATMなど提携先のATMであれば気軽に借り入れを行うことができるともいえます。

このような魅力がある半面、銀行系カードローンでは、銀行指定の保証会社の保証を受けることが融資の条件ともいえ、そのため消費者金融に比べ審査が厳しいといえます。
銀行によっても異なりますが主に年齢や年収などが審査対象となります。

『銀行のカードローン例』

  三菱東京UFJ銀行
カードローン
みずほ銀行
カードローン
りそなプレミアム
カードローン
楽天銀行
スーパーローン
借入
可能額
10〜500万円 10〜500万円 100〜500万円 10〜500万円
借入
場所
三菱東京UFJ銀行のATM、セブン銀行ATM、ローソンATMなど みずほ銀行、セブン銀行ATM、ローソンATMなど りそばグループATM、セブン銀行ATM、ゆうちょ銀行など 全国8万台のCD/ATM
年利 5.1〜14.6% 5.0〜14.0% 4.9〜11.5% 4.9〜14.5%
融資の基準 20歳以上65歳未満保証会社の保証を受けられること 20歳以上61歳未満の方で安定収入があり、保証会社の保証を受けられること 20歳以上60歳未満の方、前年度税込年収400万円以上で継続安定した収入があること、保証会社の保証が受けられること 20歳以上60歳以下の方、毎月安定した定期収入のある方で保証会社の保証が受けられること
必要書類(※) 本人確認法に基づく本人確認資料(学生の場合にはその他に学生証も必要)100万円超の利用の場合、収入証明書類  本人確認ができる資料のコピー、本人の年収を確認できる資料のコピー(極度額100万円以上の利用の場合) 本人確認ができる資料所得証明資料  楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書(インターネット申込みの場合不要)本人確認書類収入証明書
審査
時間
最短即日 最短即日 最短即日 最短即日

※通常100万円以上の利用限度額を希望される場合には、源泉徴収票や住民税決定通知書、納税証明書等収入を証明する書類が必要となります


したがって、銀行系のカードローンの審査が通った場合には、低金利部分をうまく活用し出費を抑えることが可能となりますので、銀行系のカードローンを1枚持つことも検討されるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事担当のFP

伊藤 亮太 いとう りょうた

2007年11月 スキラージャパン株式会社設立。取締役に就任。
東京スクールオブビジネス非常勤講師(ファイナンシャルプランニング)
ファイナンシャルプランナーとして活動中


伊藤 亮太 人気記事

FP記事紹介

他の方法でローンを探す

ページの先頭へ