答えて応えて!FP

第053回 自分に合った、安心できるローンを選ぼう(2011年11月19日)

ローンには、使い道が自由な「カードローン」と、使い道が限定された「証書ローン」があります。
小額の借り入れならカードローン、高額を借りて計画的に返していくなら証書ローンというのが一般的なローンの選び方です。しかし、利用者のタイプによっては、必ずしもこの借り方が正しいわけではありません。
ローンを選ぶ際には、使途目的や金額に合わせて、自分の性格やタイプも考え、
安心して利用できるローンを選ぶようにしましょう。

ここで、「カードローン」と「証書ローン」の違いを比較してみてみましょう。

種類

カードローン

証書ローン
利便性

いつでもどこでも借りる事ができる

一度借りるごとに契約書を作成
使途

何でも良い

使途明記
金額

融資限度額の範囲内

契約書に記入された金額
追加融資 カードで繰り返し借り入れできる 追加で借入できない
返済 多くがリボルビング支払い(毎月一定額の返済) 契約書どおり、毎月一定額の返済



カードローン

カードローンは、いつでもどこでも手軽に借り入れができる点が特徴的です。
返済方法も、毎月負担を感じない範囲で返済する「リボルビング方式」を採用する会社が多いので、あまり抵抗なく利用される方が多いでしょう。また、臨時返済といって、お金が用意できた時に多めに返済をすることができます。

ただ、注意しなければいけないのが「追加借り入れ」です。手軽さからカードローンの利用が増え、借入残高が膨らんでも、毎月の返済額は無理がない程度なので、実感があまりないという方が多く見受けられます。気が付けば返済期間が延びていき、いつまでたっても完済できないということもありえます。定期的に借入残高と返済期間を確認し、完済できるように返済スケジュールを自己管理する必要があります。


証書ローン

証書ローンは、まとまった金額を借り入れし、長期間返済するローンです
例えば住宅ローン自動車ローン、教育ローン、おまとめローンのことを言います。
カードローンと違い、追加借り入れが出来ないので、返済額も返済期間も決まっているのが特徴です。

ローンの種類にもよりますが、カードローンに比べて証書ローンは必要書類が多く、時間も手間もかかります。
利便性はありませんが、手続きに手間がかかり、追加借り入れが出来ない分、使い過ぎを防ぐことが出来ます。
「カードローンの手軽さからつい借り過ぎてしまい自己管理できない」という方は、証書ローンの方が安心して利用できるでしょう。今までのカードローンがたまっている方は、おまとめローンにすることで証書ローンにすることができます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事担当のFP

松沢 茉莉子 まつざわ まりこ

日本FP協会会員 ファイナンシャルプランナー(AFP)
証券会社にて、ライフプランの見直し、資産運用のアドバイスを経験。
在職中にAFP、証券外務員一種取得。個人向けにライフプランの見直しのアドバイスを行う。
株式、債券、投資信託、生命保険など、資産運用の提案に強い。


松沢 茉莉子 人気記事

執筆記事 50〜41 40〜31 30〜21 20〜11 10〜01

FP記事紹介

他の方法でローンを探す

ページの先頭へ