答えて応えて!FP

第072回 無理のない返済計画とは(2012年01月07日)

よく「無理のない返済を」と言いますが、具体的にどのような返済計画を立てればよいのでしょうか。
キャッシングを利用する前に、自分にとって無理のない返済計画を立てる方法をご紹介します。


返済計画の立て方
無理の返済計画を立てるために、現在の収入と支出を見直しましょう。
以下は全て一ヶ月単位で計算し、一ヶ月の返済可能額を出して下さい。

収入―(住宅費以外の出費+住宅費+教育費+貯蓄)=一ヶ月の返済可能額



収入=一ヶ月の手取りの給与額です。給与明細を見てきちんと確認しましょう。
残業代で給与額が変わる場合は、最低限の給与で計算します。ボーネスは換算しません。
住宅費以外の支出=光熱費、通信費、食費、新聞代、小遣いや生命保険料など、
生活する上で最低限必要になる支出を合計します。

住宅費=賃貸なら家賃や駐車場代。
マンションなら、住宅ローン、管理費、修繕積立金など、住宅に関わる金額を合計します。
教育費=教育費には、塾代など習い事も組み入れます。

貯蓄=老後に向けた貯蓄をしている場合はそれも組み入れましょう。

※この他にも、冠婚葬祭、旅行、車検など、不定期にまとまった出費は必ずあります。また入院などの予定外の出費もありえます。これらにはボーナスで対応し、ボーナスで不足するようならば、毎月の貯蓄額にプラスしましょう。返済は長期に渡る可能性があるので、本年だけでなく、2〜3年後も考えて計画を立てることが重要です。

返済額の決め方と注意点
多くのキャッシングの返済方法は、借入残高によって毎月の返済額(元金+利息)が変動する方式をとっています。
返済計画と照らし合わせて、借入額を決めましょう。返済可能額からギリギリで返済額を決めるのではなく、
少し余裕を持って計画して下さい。

注意したいのは、追加借り入れです。カードローンは、限度額内なら繰り返し借り入れができます。
返済途中に追加で借り入れをすれば、返済金額が増えたり、返済期間が伸びることがありますので、
追加で借り入れる際には十分に気をつけましょう。

お金に余裕ができたら
毎月の返済とは別に、お金に余裕があると時に返済できるのが、「繰り上げ返済」や「臨時返済」です。
繰上げで返済を行う場合には、返済額は全て元金に充当されます。
借り入れ元金を返済するので、総返済額が減るだけでなく、次回以降の元金に上乗せされた金利も安くなります。
コンビニや金融機関のATMでいつでも返済できるカードもありますので、
借り入れる前に繰り上げ返済について調べておきましょう。

繰り上げ返済を行う場合も、手元の資金をギリギリにして返済するのではなく、
先のことを見据えて、無理のない程度で行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事担当のFP

松沢 茉莉子 まつざわ まりこ

日本FP協会会員 ファイナンシャルプランナー(AFP)
証券会社にて、ライフプランの見直し、資産運用のアドバイスを経験。
在職中にAFP、証券外務員一種取得。個人向けにライフプランの見直しのアドバイスを行う。
株式、債券、投資信託、生命保険など、資産運用の提案に強い。


松沢 茉莉子 人気記事

執筆記事 50〜41 40〜31 30〜21 20〜11 10〜01

FP記事紹介

他の方法でローンを探す

ページの先頭へ