審査のセーフゾーンを見極めて即日融資を可能にする方法

お試し審査から分かる申込しやすいセーフゾーンのカードローン

審査が不安でなかなかカードローンに申込みできないときは、申込先で用意されている「お試し審査(診断)」でセーフゾーンとなる「申込み可能です」というフレーズを見てから申込をしてみましょう。

お試し審査(診断)ありで申込やすいカードローン


オリックス銀行

新生銀行カードローンレイク

レイクの借入れ診断!

14時までにネット申込み&契約完了でその日に融資可能です。
5万円まで180日間無利息融資、30日間無利息サービスもお勧め。
アイフル

プロミス

借入診断で即回答!

初めての借入なら30日間無利息で借入可能。
平日14時までにご契約が完了すれば、来店不要で即日融資。 審査回答も最短30分なので、待つことがありません。※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

お試し審査やお試し診断はあくまで「お試し」の「審査」と思っている方も多いですが…
実は結構、本審査に直結したところもあるので、侮らないようにしておきましょう!

「申込み可能です」というフレーズが出たカードローンは、絶対に検討すべき1社です!

カードローンのお試し審査のメリットとデメリット

お試し審査を見て、 「こんな簡単な審査で融資がOKか分かるはずない」
と思う方も多いのではないでしょうか。

またお試し審査を利用することで、 「申込み履歴や情報が残ってしまうのではないか」 と審査が不安なのに、さらに不安になってしまうこともあるでしょう。

でも実は、審査が不安なときほど、 お試し審査を試さずにいきなり申込むのは、 審査が通る見込みがあるのかないのか分からないまま申込むということになり、 対戦相手の情報を知らぬまま、試合に臨むぐらい危ないことなのです。

情報を知らぬまま、申込をして落ちて、また申込んでの繰り返しでは、 申込み履歴が残ってしまい、本審査になかなか通らなくなってきてしまいます。

どうせ同じ申込なら、確率の高い融資先に申込んだ方が効率は良いので、 不安なときほど、お試し審査は受けるようにしておきましょう。
お試し審査は借入の可能性の低いところを事前に避けることができる機能なのです。

お試し審査のメリット

メリット
  1. 年齢、就業形態、借入総額など偽りなく記入すれば、自分がそのカードローン会社で申込んだ場合に、セーフゾーンにいるのかがわかる
  2. セーフゾーンが1秒から3秒で分かる
  3. お試し診断は名前や住所などを記入しないため、申込み履歴や情報は残らない

お試し審査を受けるということは、自分が診断を受けたカードローン会社に申込み、 審査回答をもらう合否のラインが事前に分かるということになります。

それは、お試し審査がカードローン会社側の融資OKラインを入力して行なわれているため。

つまりは詳しい個人情報ではなく、 年齢や借入状況から簡単な自動審査を行っているということだからです。

例え細かな個人情報を入れて、申込んだとしても、 お試し審査がNGのときは、 自分はその会社のアウトゾーンにいて、 アウトの返事の確率は高いと予測されますので、 融資を望むときは、「融資可能です」という 自分がセーフゾーンにいるかどうかの診断の結果を見てから、 カードローンに申込んでおきましょう。

お試し審査のデメリット

デメリット
  1. お試し審査通過でも本審査が必ず○になるわけではない
  2. A社お試し審査で融資可能という診断を受けて、 B社のカードローンに申込んでも決まらないこともある

まず、お試しはあくまでお試しであり、 本審査ではないということは肝に銘じておきましょう。

そして、A社のお試し審査の結果が良かったため、自分はどこでも申し込めるんだ
と思い込み、こっちのカードローンに申込んでみるというのも良くない例です。


例えば、アコムのお試し審査の診断が良かったから、バンクイックに申込もうとしてしまうのは、審査落ちをしてしまうかもしれないリスクがありますので気をつけましょう。


これは各カードローン会社により基準が違っているために起こるリスクです。
あくまで、お試し審査を受けたカードローン会社に申込むことが大切です。

お試し審査で分かる2つの結果

お試し審査は、自分が申込をしようとしているカードローン会社の審査の確率が
高いのか、低いのかを判断できる機能です。

例えば、アコムを例にお試し審査を試してみましょう。


ここで分かること@

他社からの借り入れが少ない方には○の結果が出やすいです。
またバンクイックのような銀行系カードローンでは、 消費者金融系のアコムよりも、より詳しい情報を入れることになっています。



バンクイックのお試し診断


ここで分かることA

銀行系カードローンは総量規制対象外で
消費者金融系よりも大きな融資が期待できる分、お試し審査もより詳しくが基本のようです。

もし大きな融資を望まずに借入をしたいのであれば、消費者金融のアコム、 大きな融資を望むのであれば、銀行系カードローンのお試し審査を事前に受けて、 セーフラインかを確認しておきましょう。

お試し審査○で申込審査×の理由

お試し審査を受けて良い結果が出たのに、本審査がダメだった…
という場合があります。

そんなときはもう一度、自分の“借入総額”を確認してみることをおすすめします。
お試しだからと、軽いノリで「これぐらいかな?」と記入するのは、失敗を呼ぶ例になります。

実際の借入額よりも多く記入し、診断結果が良ければいいですが、 借入額を少なく記入してしまっての診断結果では本審査でも失敗していまいます。

カードローン会社は申込者の個人情報により、審査を行っていますので、 あなたがどれぐらい借入があるのか、はっきりと分かっていますから、 気をつけておきましょう。
もちろん、就業形態や年収を偽って記入するのも悪い例になります。
お試し審査は本審査の確率が高いのか、低いのかを確認できる機能ですから、 偽りなく利用してみましょう。

返答率を上げるカードローンの選び方

審査の結果を良きものにするために、
カードローンは「お試し審査」を用意しているところから選んでいきましょう!

注意するポイントは、 偽った情報を記入しないことと、 お試し審査で良い診断結果をもらったところ以外には申込まないということです。

就業形態や勤務年数などで審査が不安の場合は、アコムのように
パート、アルバイトでも申し込めるカードローンを選んでおきましょう。

借入が多く、月々の支払いも大変になってきた、またはもう支払日が迫っているなどの 支払いに悩まれている方はみずほ銀行カードローンといった 銀行系カードローンに申込んでみましょう。



審査に通るためのポイントまとめ

お試し審査があり、「融資可能」の診断結果を
もらったところに申込み
してみましょう。

  金融機関名が入ります。

アコム
金融機関名が入ります。
みずほ銀行
カードローン
金融機関名が入ります。

プロミス
お試し
審査
あり
なし
あり
金利
3.0〜18.0%
年3.0%〜7.0%
4.5%〜17.8%
限度額
800万円
最大1,000万円
500万円
審査
時間
1時間
最短即日
最短即日
保証人
不要
不要
不要
来店
不要
不要(一部必要な場合もあり)
不要
 

人気コラム
不動の人気 定番ローン 選ぶなら銀行系 総量規制対象外
低金利で注目度NO.1 銀行系カードローン キャンペーンを狙うなら 一定期間無利息
複数者の返済をひとまとめ おまとめローン 担保不要で選ぶなら 無担保ローン
今すぐに答えてくれる 即日融資 大口融資を希望するなら 大口ローン
簡単手続きが好評 消費者金融 事業の投資やつなぎ融資に ビジネスローン
ページの先頭へ