銀行カードローンとは? | 人気コラム | ローン研究Lab

銀行カードローンとは?

地方銀行より大手銀行のカードローンをおすすめする3つの理由

銀行系カードローンとは、その名のとおり銀行が取り扱うカードローンのことです。
ひとくちに銀行と言っても、誰もが知っている大手から、特定の地域でしか営業していない地方銀行までさまざまです。

旅行先でお金をおろそうと思ったら、知らない銀行のATMしかなくて泣く泣く手数料を払ったなんて経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

そんな地域密着型の銀行でも、実はカードローンを取り扱っています。
金利や限度額は、大手銀行にくらべてほとんど引けを取りません。
でもトータルに見れば、やはり大手銀行に軍配が上がります。

その理由をご紹介していきます。

理由1:申し込みの間口が広い

【日本全国どこからでも申し込める】

地方銀行とは、地元の中小企業や個人をメインの顧客として、エリアを限定して営業している銀行です。

自分の居住地ではまったく知られていなくても、特定の地域では多くの住民がメインバンクにしているというケースもよくあります。

地域密着型の銀行なので、カードローンも申込み対象者を絞っています。
「銀行の営業区域内に自宅か勤務先があること」が条件であることがほとんどです。

だから、もし金利や限度額が自分にぴったりだったとしても、自宅や勤務先の住所だけで審査対象外となってしまうのです。

一方大手銀行の場合、対象エリアは日本全国。 「いいな」とピンとくるカードローンがあれば、どこに住んでいても申し込むことができます。

預金口座の開設不要

地方銀行の場合、その銀行の預金口座を持っていること、もしくは新規開設することを条件としていることが多くあります。

これにはメリットもあり、たとえば給与振込にその銀行を利用していれば、審査に有利になることもあります。
でも預金口座を持っていなかったら、わざわざ新規開設するのは面倒だと感じてしまいます。

その点大手銀行は預金口座を持っていなくても申し込めるから、いろんな大手銀行のカードローンの中から、自分に合った商品を選ぶことができます。
もし預金口座を持っていたら、口座引き落としで返済ができたり、申し込みがスムーズになったりすることもあります。
「カードローンがたくさんありすぎて選べない」という方は、すでに口座を持っている銀行のカードローンを検討するのもひとつの方法です。

定期的な収入があれば原則OK

地方銀行も大手銀行も、申し込み時や契約時の年齢を定めているのは共通していますが、地方銀行の場合は収入や勤続年数などの条件がプラスされることもあります。
規模が小さくカードローンにさける人手も限られているため、高めのハードルをクリアした顧客のみをターゲットにしたいからです。

大手銀行はあらゆる顧客層を取り込みたいため、定期的な収入があれば、基本的に勤続年数や雇用形態は不問としています。
もちろん審査はありますが、気軽に申し込めるのは大手銀行ならではのメリットと言えます。

銀行によって差はありますが、地方銀行のほうは申し込み条件が多いのが一般的です。
カードローンごとに申し込み条件を調べる手間を考えたら、最初から大手銀行に申し込んだほうが時間を賢く使えます。

理由2:ウェブ上で契約までできる

大手銀行でも地方銀行でも、ウェブ申し込みができます。
ところが、地方銀行でウェブ契約までできるところはまだ少数派です。

大手銀行なら契約までウェブでサクサクできるのに、地方銀行だと平日に窓口に行ったり、契約書が郵送されるのを待って手書きで記入して返送して…… と時間も手間もかかってしまいます。
地方銀行は規模が小さく、大手銀行ほどカードローンのシステムに投資をしていないため、アナログな部分が色濃く残っています。
せっかくウェブから申し込むのなら、契約まで完結できたほうが手間も時間もセーブできます。

理由3:借りやすく返しやすい

カードローンを選ぶとき、金利と金額に目が行きがちですが、借りやすさと返しやすさも重要なポイントです。
使えるATMが近くになくて肝心なときに借りられなかったり、返済が遅れて追加の利息を払うことになるのは避けたいものです。

大手銀行も地方銀行も自社ATMは手数料無料で使えますが、提携ATMとなると違います。
地方銀行の場合、手数料が発生することが多いのです。

借り入れや返済のたびに、利息以外のお金を支払うのは、なんだか損した気分になってしまいます。
その点でも大手銀行のほうが使い勝手が優れているといえるでしょう。

関連コラム

ページの先頭へ