答えて応えて!FP

第005回 急にお金が必要になった時のカードローン選び(2011年07月03日)

どうしてもすぐにお金が必要・・・こんな場合にはどのように対応したらよいでしょうか。
親族から借りられる場合はよいですが、そうはいかない場合もありますよね。その時に活用したいのが、来店不要のカードローンになります。

店舗で契約する場合には、時間のかかることもあります。それに対して、来店不要の場合には、インターネットの申し込みで1時間もしないうちに申し込みが完了するものもあります。インターネットの場合、自宅からも申し込め、大変便利といえます。

こうした来店不要で申し込みができるカードローンは数多く存在します。主なものを下記に記載します。

○三菱東京UFJ銀行カードローン
○じぶん銀行カードローン
○みずほ銀行カードローン
○オリックスVIPカードローン など

銀行系が低金利で使い勝手はよいといえます。こうしたカードローンを比較検討しながら申し込みをされるとよいといえます。

それでは、他の視点からも急にお金が必要になった場合のカードローンの選び方を考えてみましょう。例えば、女性の場合で、ローンの相談をしたい場合などはどうすればよいでしょうか。

女性の場合、なかなかカードローンを利用するのには抵抗があるかもしれません。また、来店の場合、躊躇されることもあるかと思います。男性には相談したくないなんていうこともあると思います。このような場合に活用できるのが女性専用といったカードローンになります。

女性専用のカードローンとしては、主に下記のようなものがあります。

○新生銀行カードローン レディースレイク
○レディース フタバ
○ノーローン レディース
○プロミス レディース など

女性専用の場合、基本的にどのカードローンにおいても女性スタッフが対応、パートやアルバイト、派遣社員でも申込みOKなため、女性にとっては頼もしい味方となってくれることでしょう。

それでは次に、どうしても急にお金が必要になった場合で、賢い返済方法についても見ておきましょう。

まず、短期での借り入れで済む場合には、一定期間無利息のカードローンを活用することを考えてみてはいかがでしょうか。給料日になれば返せるがそれまでの数日間だけ借りたい…そんな場合には一定期間(7日間、10日間など)の間に返済すれば利息がかからないカードローンもあります。こうした無利息期間中に返済をするのであれば、利息に対して心配することもなくなりますよね。

例えば、年利10%で10万円を10日間借りたとすると、10日間の利息は、10万円×0.1×10÷365=273円となります。
たかが273円と思われるかもしれませんが、無利息期間に返済できればこの金額分利息を支払う必要がありません。急なお金の借入れにも賢く対応できる方法といえますね。

ただし、無制限に利用できるわけではありません。無利息キャンペーン期間中であったり、申込み初回限定といった場合が通常ですから、くれぐれも無利息だから借りるといった行動ではなく、どうしてもお金が必要な場合に賢く返済する手段として知っておきましょう。

なお、急にお金が必要になることがある程度予想される場合には、あらかじめ必要となる書類(本人確認書類)などは準備しておくこと、無利息ローンなどはある程度検討しておくといざという時にスムーズに手続きに入れるといえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事担当のFP

伊藤 亮太 いとう りょうた

2007年11月 スキラージャパン株式会社設立。取締役に就任。
東京スクールオブビジネス非常勤講師(ファイナンシャルプランニング)
ファイナンシャルプランナーとして活動中


伊藤 亮太 人気記事

FP記事紹介

他の方法でローンを探す

ページの先頭へ